アイキャッチ画像

テレラジオロジーの市場規模、2019年の12億米ドルから2024年には20億米ドルを突破

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「テレラジオロジー(遠隔放射線診断)の世界市場(2020年)」 (Signify Research) の販売を9月1日より開始いたしました。

テレラジオロジーの市場規模は、2019年の12億米ドルから2024年には20億米ドルを突破する見込みです。

 

テレラジオロジーは、読み取りを行った機関から診断を行う別の機関へ、患者の放射線画像を電子送信することにより、診断の解釈と報告を行うもの、と定義づけられています。

 

院内、放射線科グループ、およびテレラジオロジー読影サービスプロバイダーの利用を含めると、2024年までに、世界で推定55億件の画像診断検査が実施される見込みです。そのうちテレラジオロジー読影は、これら画像診断の2%を占めることになります

 

今後5年間、テレラジオロジー市場で普及率、売上高、読影数を大幅に増やすためには、克服すべき課題があります。

 

特定の国・地域における放射線科医の不足

 

画像診断市場は、多くの国において、複雑なスキャン画像をより専門的に読影できる放射線科医が不足しています。公的医療サービス提供者の財政的な制約により、研修医への投資が制限されています。放射線科医の採用と雇用の維持は、この業界にとって大きな課題となっています。さらに、画像診断の需要が放射線技師の供給を上回るスピードで増加しているため、放射線科グループ、画像診断センター、病院は、診断報告業務をアウトソーシングに依存する傾向にあります。

 

CT・MRIなど専門化されたモダリティに対する需要

 

2019年、X線は最も人気のあるモダリティであり、世界の画像診断ボリュームのほぼ3分の2を占めています。超音波、CT、MRIを含む他のモダリティは、高い成長率で推移していますが、X線の需要も2024年まで着実に増加し続けると予測されています。これは、軟部組織、がん、腫瘍の検出や可視性の向上など、専門的なモダリティを使用することの利点によるものです。小規模な病院など、院内でサブスペシャリティの専門知識へのアクセスが制限されている場合には、放射線技師の専門知識が潜在的な解決策となります。

 

専門化されたモダリティの長い読み取り時間

 

診断検査の複雑さと読影時間の長さには明確な関係があります。レントゲンの平均読影時間は2分であるのに対し、CTとMRIの平均読影時間はそれぞれ15分、20分と大幅に長くなります。2019年に実施された画像診断検査のほとんどをX線が占めていましたが、1スキャンあたりの読影時間が速いため、X線の読影時間は、放射線科医全体の20%未満であったと推定されています。

 

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/sig940399-teleradiology-world.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域