アイキャッチ画像

ドローン検定協会のシステムが国土交通省航空局が管理するドローン情報基盤システム(DIPS)と連携し許認可情報を総合的に管理できるサービスの提供を開始

ドローン検定協会は、国土交通省航空局が管理するドローン情報基盤システム(略称DIPS)と連携し、ドローン検定協会メンバーサイト登録者がドローン情報基盤システムから許可承認情報を取得管理できるサービスを開始しましたのでお知らせいたします。

ドローン検定協会株式会社(本社:佐賀県鳥栖市 代表:山下壱平)は、国土交通省航空局が管理するドローン情報基盤システム(略称DIPS)と連携し、ドローン検定協会メンバーサイト登録者がドローン情報基盤システムから許可承認情報を取得できるサービスを開始しましたのでお知らせいたします。

 

 

 

ドローン情報基盤システム(DIPS)とは

ドローン情報基盤システム(DIPS)とは、インターネットを利用して、航空法に基づく無人航空機(ドローン等)の飛行に関する許可承認申請や各種報告等を行うことができるシステムの総称のことです。

国土交通省航空局が管理運営しています。

 

許認可情報連携の概要

これまで国土交通省(国)が発行した無人航空機(ドローン等)に関する許可承認情報(以下、許可承認情報)は、DIPS上でのみ管理されていました。この許可承認情報を広く活用するため、航空局が整備したシステム連携APIを活用して、DIPSとドローン検定協会データセンターを、暗号化された安全な通信回線で接続し、許認可情報を取得管理します。DIPSと共有された許認可情報を利用し、様々な(民間)サービスを提供します。

 

データ連携のメリット

DIPSより取得された許可承認情報は、ドローン検定協会メンバーサイト内にてその有効期限と共に一覧表示されるため、管理を容易に行うことができるようになります。また、3か月ごとに必要な飛行報告時期や有効期限が近くなった日にメールにてお知らせを行うため、更新備忘機能としても活用いただけます。

 

今後のサービス展開

現在、ドローン検定協会では、既に無人航空機の飛行履歴(ログ)管理サービスを提供していますが、登録された許可承認情報と飛行履歴情報を紐づけし、国土交通省へ3か月ごとに行わなければならない飛行報告を容易に行えるサービスの提供を開始予定です。

また、自動的にQRコードを発行し、それを読み込むことで、所有している航空局の許可承認一覧や無線従事者免許・無線局免許情報を一覧として第三者に提示できるサービスも今年度中に開始を予定しています。

 

本サービスについて

本サービスの利用は無料です。ただし、ドローン検定協会メンバーサイトへの登録が必要です。

 

無人航空従事者試験(ドローン検定)について

無人航空従事者試験は、年に6回試験が開催されています。試験は年間を通じて全都道府県にて行われています。また、「ドローン教習所」(ドローン検定協会の登録商標)においても講習を受講することで取得が可能です。

 

ドローン教習所についてはこちら

https://drone-kentei.com/rps/

 

 

 

ドローン検定協会ホームページ

https://drone-kentei.com/



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 ドローン検定協会
代表者名 田中克之
業種 その他サービス

コラム

    ドローン検定協会の
    関連プレスリリース

    ドローン検定協会の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域