アイキャッチ画像

バイオマテリアルの市場規模、2019年に1065億米ドルに達し、2020年から2027年はCAGR15.9%で成長予想

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「世界のバイオマテリアル市場規模、シェア、動向分析」 (Grand View Research, Inc.) の販売を8月24日より開始いたしました。

バイオマテリアルの市場規模は、2019年に1065億米ドルに達し、2020年から2027年までのCAGRは15.9%で成長すると予想されています。筋骨格系疾患や慢性的な骨格疾患の有病率の上昇は、バイオマテリアルベースのインプラントの需要を押し上げ、市場の成長を後押しすると予想されます。また、変形性関節症、骨粗鬆症、高齢者人口の増加により、整形外科用インプラントの需要も増加しています。

 

技術の進歩により、バイオマテリアルはより汎用性の高いものとなり、バイオエンジニアリングや組織工学などのヘルスケアの様々な分野での実用性が高まっています。生物活性分子の輸送から人工機能組織の細胞機能まで、生物医学的用途のために生物学的システムと相互作用するスマートバイオマテリアルの出現により、この市場の収益創出が促進されます。

 

企業は、薬物の放出制御のための新規薬物送達アプローチの継続的な開発を受け入れており、市場の成長を加速しています。例えば、2019年1月、DSM BiomedicalはProMed Pharmaと提携し、ProMedのマイクロ成形および押出成形能力を備えたバイオメディカル生体材料を活用して、新規の放出制御型薬物インプラントおよびコンビネーションデバイスを作成しました。

 

近年、多孔性コーティングおよび完全または部分的に多孔性の整形外科用インプラントが非常に人気を博しています。これは、多孔質構造が弾性率を低下させ、インプラント周囲の骨の成長を促進するためです。粉末冶金、3-D印刷、積層造形は、多孔質の金属およびセラミックインプラントを製造するための潜在的な技術の一部です。

 

正確な生理学的機能のために、生体組織と同様の生体電気信号を生成および転送するスマートバイオマテリアルの需要の増大は、市場の成長を加速させると予想されます。圧電足場は、組織工学で重要な役割を果たすスマートな材料です。それらはシグナル伝達経路を刺激し、その結果、障害部位の組織再生を改善します。

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/grvi785950-biomaterials-market-size-share-trends-analysis.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域