アイキャッチ画像

不凍液・クーラントの市場規模、2025年には59億米ドル到達見込み 地域別ではAPACが最大シェア

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「不凍液/冷却水の世界市場 (~2025年):自動車用・工業用」 (MarketsandMarkets) の販売を8月14日より開始いたしました。

不凍液・クーラントの市場規模は2020年の54億米ドルから2025年には59億米ドルに達し、CAGR 1.8%で成長すると予測されています。市場は、世界中で稼働している自動車の増加に牽引されています。さらに、HVAC(冷暖房空調装置)システムと建設機械業界の成長もまた、市場の成長要因です。

 

自動車部門が市場をリード

 

用途別に見ると、自動車部門が最大市場になると予測されています。世界レベルで稼働している自動車の台数は、市場を牽引する要因の1つです。この成長は、人口の増加、社会経済状況の改善、新興国経済の進展、電子商取引産業の拡大、インフラの改善、車両保有台数の増加などに起因していると考えられます。自動車のエンジンクーラント市場の成長は、エンジン冷却システムで必須の役割を果たすため、年間の稼働台数と総走行距離の増加に直接関係しています。

 

エチレングリコール部門は、市場全体をリードすると予測

 

基剤ベースでは、エチレングリコール部門が市場の最大部門になると予測されています。不凍液・クーラントのベース液としてのエチレングリコールの成長は、その費用対効果と、あらゆる気候条件で使用できることに起因しています。エチレングリコールは、自動車エンジン冷却用の不凍液として使用されており、多くの産業用冷却用途にも使用されています。蒸留、逆浸透、イオン交換などのプロセスからのリサイクルも、エンジン冷却剤としての利用で注目を集める要因となっています。

 

OAT部門が圧倒的な市場シェアを占める

 

技術別では、OAT(有機酸技術)部門が市場で最大になると予想されています。OAT技術は2025年までに大きな成長機会があると予測されています。同技術は、主に炭素系分子、一般的には有機酸をベースにしており、冷却システムのコンポーネントを保護します。この技術の寿命は、自動車用途の場合、約5年または25万kmです。この技術は、アルミエンジンとゴム部品の両方に有効です。

 

地域別ではAPACが最も高いシェアを占めると推定

 

2019年の市場ではAPAC(アジア太平洋)地域が最大のシェアを占めています。自動車および製造業部門の成長は、APAC地域の不凍液・クーラント市場を常に進化させ、有利な市場機会を提供しています。所得水準の上昇、交通インフラの発展、自家用車所有への需要、モビリティの向上、零細・中小企業からの物品運搬業者への需要の増加が、APAC地域の市場の需要を高めています。

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/mama943895-antifreeze-coolant-market-by-application.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域