アイキャッチ画像

オンライン開催:【コロナ禍で人と企業のはたらき方はどう変わったのか】Withコロナのメンタルヘルスマネジメント ~アンケート調査結果と事例紹介~

「コロナだからうまくいかない」ではなく「コロナ禍で会社が変わって社員が働きやすくなった」と言えるような組織づくりのヒントをご紹介します。 モデレーターに、働き方・ダイバーシティに関する記事や情報を数多く執筆・配信されている、エッセイスト・タレントで東京大学大学院情報学環客員研究員の小島慶子氏を迎え、当社ワーキングベターラボ所長・臨床心理士の渋谷英雄との対談形式で解説します。

【Withコロナのメンタルヘルスマネジメント】
当社によるアンケート調査結果と具体的な事例に関して、よりよい組織にするためのヒントをエッセイスト・タレントの小島慶子氏と当社ワーキングベターラボ所長・臨床心理士の渋谷英雄が対談形式でご紹介します!

「在宅勤務によって、部下との意思の疎通が難しく感じるようになった」
「リモート環境でどのようにチームをまとめればいいのかがわからない」
「在宅勤務でモチベーションを保ち続けるためにはどうしたらよいのか」
「入社後すぐにリモートワークとなった社員への対応に苦慮している」
「在宅下でONとOFFが切り替えられず、業務がはかどらないように感じる」
「コロナ禍における復職者の現場復帰対応方法がわからない」
「リモートワークへの適応が年齢層によって様々で、対処方法に困っている」
「気持ちが落ちこむ日も多く、夜なかなか寝付けない・・・」

日本におけるEAP(従業員支援プログラム)サービスのパイオニア企業として、「人と組織の問題解決」を20年以上支援してきた当社にも、コロナ関連のご相談が数多く寄せられています。
新型コロナウイルスの流行は、私たちの生活、そして働き方に急激かつ大きな変化をもたらしました。これらの変化は社員の働き方、モチベーション、心身の健康、パフォーマンスに影響を及ぼしています。
企業が現在の危機的な状況を乗り越え、新たな働き方を機能させていくためには、社員のウェルビーイング(※)向上は重要な要素になるでしょう。

当セミナーでは、当社が行った、コロナ禍及び新しい働き方での働く人のウェルビーイング(※)の状態に与える影響についての調査結果をご紹介するとともに、それらに関連する相談事例、解決法をご紹介します。
「職場環境にどんな変化が起きており、社員にどんな影響があるのか」「今後新たな働き方を機能させていくために必要なセルフケアや社員への支援のポイントは何か」を解説し、「コロナだからうまくいかなくなった」ではなく、「コロナがあったからこそ、組織にとってよい改革につながった」と言えるような、よりよい組織づくりのヒントをご紹介します。
モデレーターに、働き方・ダイバーシティに関する記事や情報を数多く執筆・配信されている、エッセイスト・タレントで東京大学大学院情報学環客員研究員の小島慶子氏を迎え、臨床心理士との対談形式で解説します。質疑応答の時間もございますので、この機会に聞いてみたいメンタルヘルスケアやマネジメントにおけるお悩みについてぜひ質問してみてください。
 
※ ウェルビーイング:心身、さらに社会的にも健康で満足した生活をおくること

【ウェビナー受講対象者】
経営者、人事・総務・ダイバーシティ・メンタルヘルス対策担当者/責任者、管理職、新しい働き方に関心の高い会社員の方
たとえば・・・
● 在宅勤務が、社員の心身の健康、モチベーションに与える影響が知りたい。
● 自社でも在宅勤務の影響を可視化したいが、何を確認すればよいのかわからない。
● 在宅勤務に対して不満の声が聞かれるが、どういった対策を打てばいいのかわからない。
● 在宅勤務を継続して活用したいので、在宅勤務が機能するポイントを知りたい。

・・・など

【プログラム】
1.はじめに
       ピースマインド株式会社ご紹介、メンタルヘルスの重要性について
       代表取締役社長 荻原 英人より
2.新型コロナウィルス流行に伴う変化
3.新型コロナによる心理面への影響についての調査結果(事例紹介)
4.働き方の変化への対応方法のご紹介
5.質疑応答

モデレーター:小島 慶子(エッセイスト・タレント)
「2」以降の説明:渋谷 英雄(ピースマインド株式会社 ワーキングベターラボ所長)
 
※セミナー内容は一部変更となる場合がございますので予めご了承ください。

【講師ご紹介】
小島 慶子(コジマ ケイコ)
エッセイスト/タレント/東京大学大学院情報学環客員研究員/昭和女子大学現代ビジネス研究所特別研究員
1972年オーストラリア生まれ。95年学習院大学卒業後、TBS入社。
アナウンサーとしてテレビ、ラジオに出演。99年、第36回ギャラクシーDJパーソナリティ賞受賞。2010年に独立後は各メディア出演、講演、執筆など幅広く活動。14年、オーストラリア・パースに教育移住。連載、著書多数。
最新刊は『仕事と子育てが大変すぎてリアルに泣いているママたちへ!』(日経BP)
詳しくは公式サイト https://www.applecross.jp/(アップルクロス)


渋谷 英雄(シブタニ ヒデオ)
ピースマインド株式会社 ワーキングベターラボ所長
公認心理師、臨床心理士、国際EAP協会認定 国際EAPコンサルタント(CEAP)、日本スポーツ協会「公認スポーツ指導者」コーチ2
法政大学、東洋大学大学院、東京大学大学院を経て臨床心理士。沖縄県慶良間空港長を務めた後、大学院に進み、高校スクールカウンセラー、東京大学心理教育相談室等を経て、現在はピースマインド株式会社勤務。日々のカウンセリング活動、職場のメンタルヘルス研修講師の他、大学にて行動観察・臨床心理学を指導する。
EAPコンサルタント普及協会資格委員長、日本EAP協会研修委員、日本オンラインカウンセリング協会(JOCA)理事、東洋大学総合情報学部客員教授等を務める。


荻原 英人(オギワラ ヒデト)
ピースマインド株式会社 代表取締役社長
国際EAP協会認定 国際EAPコンサルタント(CEAP)、産業カウンセラー
国際基督教大学卒。大学在学中の1998年に、メンタルヘルスサービスのピースマインド創業。2018年より現職。日本・アジアにおけるEAP(従業員支援プログラム)サービスのパイオニアとして約1000社の国内外の企業をサポート。「はたらくをよくする®」事業を通じて、人と組織の成長を支援している。
Forbes JAPANが選ぶ「日本のインパクト・アントレプレナー35」選出。
著書『レジリエンス ビルディング――「変化に強い」人と組織のつくり方』他
 

【詳細情報】
日時:2020/08/31(月)16:00~17:00(受付15:50~)
会場:WEBセミナー(オンライン)
受講費:無料
お申込:セミナー参加をご希望の方は、以下申込フォームからお申込みをお願いいたします。
https://www2.peacemind.co.jp/l/479062/2020-08-11/95c5x1
 
【セミナーお問合せ先】
ピースマインド株式会社 セミナー事務局
TEL:03-3541-8656
メール:pme-seminar_entry@peacemind.co.jp
セミナー事務局 担当:林

 

【関連情報】

コロナ禍における「はたらく人」のウェルビーイング調査レポートを公開 

~「抑うつ感」「活気」の悪化やストレス度とパフォーマンス低下の影響が明らかに~

https://www.peacemind.co.jp/newsrelease/archives/250

コロナ禍における心理的ストレス度調査レポート.pdf



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 ピースマインド株式会社
代表者名 荻原 英人
業種 ビジネス・人事サービス

コラム

    ピースマインド株式会社の
    関連プレスリリース

    ピースマインド株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域