UVカットコーティングおよびブルーライトカットコーティングの市場、光学産業、自動車産業などに潜在性 製品の耐久性維持には必要不可欠

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「UVカットコーティングおよびブルーライトカットコーティングの世界市場:2019~2025年」 (BIS Research Inc.) の販売を8月6日より開始いたしました。

UVカットコーティングおよびブルーライトカットコーティングの市場規模は、今後数年間で一定の成長を示すと期待されています。青色光と紫外線遮断コーティングは、デジタルアイストレスの進行中の問題に対処し、光学産業、自動車産業などさまざまなエンドユーザー産業の動作原理に多くの革命をもたらす機会を秘めています。革新的なコーティングの使用は、製品の耐久性を維持するために必要不可欠となっており、市場メーカーは、競争の激しい業界で製品を差別化するために、さまざまな機能性コーティングを使用し、製品に新たな特性を付加するようになりました。

 

ブルーライトと紫外線は、高エネルギー可視光線(HEV)の一部です。これらの放射は私たちの目に有害であり、ストレス関連の問題を引き起こします。ブルーライトは、天然と人工の両方のソースから放射される可能性があります。自然界に存在するブルーライトは、メラトニンのレベルを維持し、それによって人体の生産性を確保するために必要です。一方、テレビ画面やスマートフォンの画面などの人工的な光源から発生するブルーライトは有害であり、体内のメラトニンレベルのバランスを崩し、睡眠サイクルと体内の概日リズムを乱します。また、デジタルアイストレスの原因となり、生産性の低下、疲労、頭痛、その他の健康上の問題を引き起こします。紫外線の過剰な照射は、ガンの原因となります。角膜を劣化させ、人間の目の視認性を低下させるため有害です。また、紫外線は原子結合を変性させる能力を持っているため、人間が制作したものの貨幣価値を無意味にしてしまう可能性があります。このような問題から、現代社会では紫外線からの保護が不可欠となっています。

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/bis946838-global-uv-blue-light-blocking-coatings-market.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域