アイキャッチ画像

ミニLEDのサプライチェーン、Appleの新型12.9インチiPad Proの1Q21リリースに恩恵を受ける

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ミニLED次世代ディスプレイ技術およびサプライチェーン分析:2020年」 (TrendForce) の販売を8月4日より開始いたしました。

AppleによるミニLEDバックライト搭載製品の発売が、ミニLEDの需要を押し上げています。これに伴い、Appleは、サプライチェーン関係者にミニLEDの生産増強を促しています。TrendForceのLEDinside研究部門が実施した最新調査によると、Appleは2021年第1四半期に12.9インチのミニLEDバックライト搭載iPad Proを発売するだけでなく、14インチと16インチのMacBookの契約入札を開始すると予想されています。Appleは現在、ミニLEDバックライトの供給先にディスプレイ関連部品の台湾メーカーを選んでいますが、これは台湾のサプライヤーの製品が安定性や技術的成熟度に優れており、新製品開発に有利であるためです。上流および下流の製造者は、両者ともミニLED のサプライ チェーンに参入すると見込まれています。LED チップの製造業者Epistar、テストおよびソーティングプロバイダーのFitTechとSaultech、SMT の製造者TSMT、および PCB のバックプレーンの製造業者Zhen Ding Techなどは、新しいミニLEDのバックライト表示の開発で重要な役割を果たしています。

 

ミニLEDバックライトディスプレイは、現在の主流ディスプレイの10,000:1のコントラスト比と比較して、1,000,000:1以上に達することができる高輝度と高コントラスト比を有しています。さらに、60度から-10度までの過酷な環境下でも安定した明るさを維持し、正常な機能を維持できるため、信頼性も高いと言われています。これらの強みがミニLED技術をブランドメーカーにとってより一層魅力的なものにしています。そのため、Appleは今後の新ディスプレイ製品の企画プロセスにおいて、ミニLEDバックライトを重点分野の一つとして取り入れています。現在、LEDのサプライチェーンの上流と下流では、中国メーカーが莫大な生産能力とコスト面での優位性を持っていますが、Appleは米中貿易戦争の影響を避けるため、より安定したサプライチェーンを形成する台湾メーカーとの協力関係を選択しました。また、台湾は中国よりもかなり早くLEDの研究開発に投資しており、技術の成熟度と特許の両方の面でリードしています。これらの利点は、原材料や部品の調達が容易であることと相まって、台湾のサプライヤーは新技術の開発においてより効率的です。

 

Appleの12.9インチiPad Pro、LEDサプライチェーン需要の波に拍車をかける

 

Appleの12.9インチiPadProは、1万384個のミニLEDチップを搭載し、局所的な調光により高コントラスト比と高彩度の実現が期待されています。したがって、サプライチェーンにおけるメーカーが直面する最大の課題は、依然として低コストと高い歩留まり率の要求です。LEDチップの観点からは、製品の高い一貫性と優れたコストパフォーマンス、特許の保護などの点から、EpistarがAppleの第一候補であることに変わりはないとしています。また、ミニLEDバックライト技術では、波長や仕様に応じたLEDチップのテストや選別が非常に厳しく、FitTech社とSaultech社は、コスト面での優位性もあり、Epistar社の主要パートナーとなり得るでしょう。

 

一方、SMTサプライヤーであるTSMTは、Appleが指定したようにK&Sと提携しており、彼らの特定の高速SMTプロセスを通じて大量生産のボトルネックを克服しようとしています。PCBバックプレーンについては、Appleは韓国のメーカーYP Electronicsと台湾に拠点を置くZhen Ding Techとの提携を選択しました。最後に、Appleは韓国のメーカーであるHeesung ElectronicsとLG Displayと提携し、バックライトモジュールとパネルを供給しています。Appleの新モデルの発売に伴い、GIS、Radiant、シャープ、BOEなどのサプライヤーがAppleのサプライチェーンの一部になることが予想されています。

 

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/tdf938784-mini-led-next-generation-display.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

 

この内容はTrendForce社主催のウェビナーでも取り上げられる予定です。

 

「Micro LED Forum 2020」

○      会期 10月末まで(随時聴講可能)

○      場所 オンライン

○      言語 英語/中国語(選択可能)

○      費用 USD $220

○      講演 TrendForce、Oxford Instruments、HCP Technology,、SiTan Technology,、ALLOS,、iBeam,、KIMM、Veeco、VerLASE、VueReal

 

講演詳細、参加申込はこちらから

https://seminar.trendforce.com/LEDforum/2020-pay/US/index/



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域