スマートアパートメントの市場規模、COVID-19後、減少するも、その後回復、2023年にはCAGR推定10.45%で24億7000万米ドルに達する IoT技術

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「スマートアパートメントの世界市場:Covid 19パンデミック下での成長と変化:2020年~2030年」 (The Business Research Company) の販売を7月31日より開始いたしました。

スマートアパートメント市場は、アパートメントの販売と関連サービスで構成されています。スマートアパートメントは、スマートライト、スマートロック、アパート内でのホームクリーニングなどの統合サービスといった、スマートアメニティとの接続性を備えています。スマートアパートメントは、スマートロック、スマートサーモスタット、スマートライト、スマートテレビ、ブラインド、カメラ、キッチン家電などのスマートデバイスで構成されています。また、入居者のリース契約に基づいて頻繁にプログラムを変更できる技術が使用されています。

 

スマートアパートメントの市場規模は、2019年の20億9000万米ドルから2020年には18億4000万米ドルに減少し、CAGR-12.26%になると予想されています。減少の主な原因は、COVID-19の影響によるものです。その後、市場は回復し、CAGR10.45%で拡大し、2023年には24億7000万米ドルに達すると予想されています。

 

市場は、製品別に、ビル管理システム(BMS)、暖房・換気・空調(HVAC)、照明制御、セキュリティ・入退室制御、緊急警報・避難システム、音響・視覚効果に分類されています。

 

スマートアパートメント市場は、日常生活のあらゆる面でIoT(モノのインターネット)デバイスの使用を増加させることによって推進されています。IoTには、センサー、家電製品、メーター、その他のデバイスのネットワークによるデータの送受信が含まれます。IoT対応のセンサーやデバイスは、スマートアパートの電化製品の効率を高めるために使用され、持続可能性とともに安全性を向上させるのに役立ちます。例えば、いくつかのIoT対応センサーは、部屋で人の存在を感知した後に自動的にライトを点灯させることができるため、独自の特徴を追加することができます。このように、IoT技術の採用は、スマートアパートメント市場の成長を後押ししています。例えば、市場全体のIoTに対する世界の支出は、2016年には7000億米ドル以上で、2020年には1兆米ドル以上になると推定されています。このように、ライフスタイルを快適にするIoTデバイスの需要の増加が、スマートアパートメント市場の成長を後押ししています。

 

一方で、プライバシーの侵害につながる潜在的なサイバー攻撃のリスクが、市場の成長を制限しています。スマートアパートメントは、換気システム、暖房システム、照明、水、ビデオ監視システム、アラーム、および他の重要な機能のため、センサーとコントローラを使用しており、各コンポーネントはインターネットに接続された複雑なネットワークを経由して制御されています。このような状況下で、サイバー攻撃によって引き起こされるセキュリティ侵害は、スマートビルの温度、システム性能、およびその他の遠隔監視に影響を与え、居住者のプライバシーを侵害します。

 

スマートマンションのサイバーセキュリティの脅威としては、リモートアクセスの特質を悪用して施設にアクセスされる可能性があります。例えば、2019年には、アメリカのアマゾンが所有するホームセキュリティとスマートホームのプロバイダーであるRing社を相手に訴訟が起こされました。原告はRing社のスマートビデオドアベルが外部からのハッカーによってハッキングされたと主張しています。ハッカーは、原告の家族のプライバシーに侵入するためにドアベルを使用しました。この事件は、スマート住宅に設置されたスマート家電の安全性に関する問題を提起しています。スマートアパートメント市場の成長は、サイバー攻撃によるプライバシー侵害のリスクによって制限されています。

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/tbrc945337-smart-apartments-global-market-report-30-covid-19.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域