アイキャッチ画像

2019年のフェムテック市場規模、8億2060万米ドルと推定、2030年までにCAGR 12.65%で成長予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「フェムテック (Femtech) の世界市場 - 分析と予測:2019-2030年」 (BIS Research Inc.) の販売を7月31日より開始いたしました。

フェムテック業界は、巨大な可能性を秘めているにもかかわらず、ヘルスケアに流入する資本総額はわずか1.4%にとどまり、未だに資金不足に陥っています。また、多くのヘルスケアベンチャーキャピタリストがまだこの分野に投資していません。実際、フェムテック業界の投資額は増加傾向にありますが、市場の可能性を考えると驚くほど遅いペースです。

 

しかし、今後の成長の兆しもはっきりと見えています。5年前、この業界が受けた資金調達額は、かろうじて1億米ドルに達していました。フェムテック業界では、2019年までに5億米ドル以上の資金調達が目撃されています。女性中心のスタートアップ企業の数は、ここ数年で大幅に増加しています。この急増は、主に2013年にPayPalの共同創業者Max Levchin氏が不妊治療アプリを立ち上げたことに起因しています。このアプリはまた、Andreessen HorowitzやFounders Fundなど、注目度の高いVC(ベンチャーキャピタル)からの資金調達が報告されています。

 

今日では、不妊治療アプリだけでなく、卵子凍結や不妊治療、女性中心の臨床ケア、さらにはサブスクリプションベースのタンポンに焦点を当てたものなど、多くのスタートアップ企業が不妊治療アプリを提供する市場で見られるようになっています。一流のVCもこの分野に参入しています。例えば、Kleiner PerkinsはProgynyという不妊治療プラットフォームを4900万米ドルの資金提供で支援しており、NEAはNuelleというセクシャルウェルネスのスタートアップを2300万米ドルの資金提供で支援しています。

 

2019年現在、世界のフェムテック市場は8億2060万米ドルと推定され、12.65%のCAGRで成長すると予測されています。市場を牽引する主な要因は、女性の間で感染症や慢性疾患の発症率が増加しており、効果的で個別化された治療への需要が急増していることです。さらに、女性の健康意識は近年著しく高まっています。たとえば、2004年まで、心血管疾患は医学的に女性の健康への脅威と考えられていませんでした。しかし、米国心臓協会のGo Red for WomenキャンペーンやNHLBIのHeart Truthプログラムなどのキャンペーンにより、CVDなどの生命を脅かす病気に関する意識が大幅に高まりを見せています。

 

市場の成長を後押ししているもう一つの理由は、低・中所得国の女性の間で、不衛生な環境のために感染症が蔓延していることです。例えば、2013年には、25歳未満の若年層の新規HIV感染の60%が女児や若い女性に発生しています。また、低・中所得国では、未治療の梅毒により毎年20万人以上が死亡しています。

 

しかし、市場の成長を抑制する主要な課題は、特に農村地域における女性の意識改革、投資コミュニティにおける男性と女性の不均衡、そして投資家による女性の健康問題の理解の欠如です。

 

フェムテック市場は世界で200社以上のスタートアップ企業があり、そのうち92%は女性が中心となって設立されています。この分野の大手企業は、吸収性のある生理用下着「フレックスディスク」や「シンクス」、不妊・排卵トラッカー「グロー」など、まったく新しいソリューションを開発しています。他の企業は、技術プラットフォームやサブスクリプションサービスの構築に力を入れており、避妊薬や生理用品などの既存製品をより簡単に利用できるようにしています。

 

フェムテック企業の大半はミレニアル世代に焦点を当てていますが、あらゆる年齢層の女性を対象とした企業もあります。例えば、更年期を迎える女性を支援することを目的としたオンラインクリニックのGenneveをはじめ、MadorraやMenoGeniなどの他の企業は、更年期症状の治療を支援する装置や医薬品の代替品を開発しています。企業は競争に打ち勝つために、新しい女性の健康分野に幅広く参入しています。新興の女性の健康分野には、骨粗鬆症、乳がん、自己免疫疾患、脳卒中、甲状腺疾患、慢性疲労、不安、うつ病などがあります。

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/bis941003-global-female-technology-femtech-market-analysis.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域