2021年3月期第1四半期の連結業績は、前年同期比で売上高32.2%増、営業利益39.1%増と増収増益

2021年3月期第1四半期の連結業績は、前年同期比で売上高32.2%増、営業利益39.1%増と増収増益 ~ 大型新作の投入およびデジタル販売の伸長により、売上高および全ての利益項目で過去最高を更新 ~

2020年8月3日

 

報道関係者各位 

 

会社名  株式会社カプコン

代表者名 代表取締役社長 辻本春弘

(コード番号:9697 東証第1部)

連絡先  広報IR室

電話番号 (06)6920-3623

 

 

 株式会社カプコンの2021年3月期第1四半期連結業績(2020年4月1日~2020年6月30日)は、売上高237億22百万円(前年同期比32.2%増)、営業利益107億11百万円(前年同期比39.1%増)、経常利益106億19百万円(前年同期比37.9%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は78億15百万円(前年同期比44.2%増)となりました。

 

 当第1四半期は、新型コロナウイルスの感染拡大下、アミューズメント施設事業では、店舗の休業等により苦戦を余儀なくされました。一方、当社の主力事業であるデジタルコンテンツ事業においては、近年、積極的に推進してきたデジタル販売の強化が奏功し、大型新作タイトルとリピートタイトルのダウンロード販売の拡充により、業績向上のけん引役を果たしました。この結果、第1四半期決算として、売上高および全ての利益項目で過去最高を達成しました。

 

 なお、2021年3月期の業績予想につきましては、2020年5月8日決算発表時の業績予想を変更していません。

 

 

1. 2021年3月期第1四半期 連結業績

 

売上高

営業利益

経常利益

親会社株主に帰属

する四半期純利益

1株当たり

四半期純利益

 

百万円

百万円

百万円

百万円

円  銭

2021年3月期

第1四半期

23,722

10,711

10,619

7,815

73 21

2020年3月期

第1四半期

17,938

  7,703

  7,699

5,420

50 78

 

 

2. 2021年3月期 連結業績予想

 

売上高

営業利益

経常利益

親会社株主に帰属する

当期純利益

1株当たり

当期純利益

 

百万円

百万円

百万円

百万円

円  銭

2021年3月期

85,000

25,500

25,500

18,000

168 62

(注)直近に公表されている業績予想からの修正の有無: 無

 

 

3. 2021年3月期第1四半期 各事業セグメントの概況

(1) デジタルコンテンツ事業(百万円)

 

前第1四半期

当第1四半期

増減率

売上高

13,977

21,476

53.7%

営業利益

  7,733

11,804

52.6%

営業利益率

     55.3%   

 55.0%

 

①当事業におきましては、シリーズ累計販売本数が1億本を突破した「バイオハザード」    シリーズの新作タイトル『バイオハザードRE:3』(プレイステーション4、Xbox           One、パソコン用)が堅調に推移するとともに、前期に発売した『モンスターハンター    ワールド:アイスボーン』(プレイステーション4、Xbox One、パソコン用)や、前々    期に発売した『バイオハザードRE:2』(プレイステーション4、Xbox One、パソコン      用)が続伸するなど、採算性の高いリピートタイトルが引き続き顧客基盤の拡大に貢献    し、利益を押し上げました。    

 

②この結果、売上高は214億76百万円(前年同期比53.7%増)、営業利益は118億4百万円   (前年同期比52.6%増)となりました。    

 

 

(2) アミューズメント施設事業(百万円)

 

前第1四半期

当第1四半期

増減率

売上高

2,710

 1,184

△56.3%

営業利益

   299

△554

営業利益率

11.0%

    ‐    

  

①当事業におきましては、新型コロナウイルス感染症の影響により、店舗休業を余儀なく    され、その後営業を再開しましたものの、平時の水準を回復するには至らず、大幅な減    収減益となりました。

 

②当該期間の出退店はありませんでしたので、施設数は前期末と同じく40店舗となって      おります。

 

③この結果、売上高は11億84百万円(前年同期比56.3%減)、営業損失は5億54百万円       (前年同期は営業利益2億99百万円)となりました。

 

 

(3) アミューズメント機器事業(百万円)

 

前第1四半期

当第1四半期

増減率

売上高

    225 

 181

△19.4%

営業利益

    133 

   71

△46.7%

営業利益率

59.1%

39.2%

 

  当事業におきましては、新型コロナウイルス禍に伴うホールオペレーターの休業等によ   り需要が伸び悩む環境のもと、新機種の投入はありませんでしたがライセンス収入の計   上により、売上高は1億81百万円(前年同期比19.4%減)、営業利益は71百万円(前年     同期比46.7%減)となりました。

 

 

(4) その他事業(百万円)

 

前第1四半期

当第1四半期

増減率

売上高

1,025

879

  △14.2%

営業利益

     640  

511

  △20.2%

営業利益率

62.4%

58.1%

 

①その他事業につきましては、グローバルでの当社タイトルのブランド価値向上に向け、     主力IPを活用したキャラクターグッズ等の販売拡大や映像化に注力しました。また、e     スポーツにおいては、6月から全世界でオンライン大会「CAPCOM Pro Tour Online         2020」を開始するなど、ユーザー層拡大とビジネスチャンス創出に向けた中期施策の       安定的な継続を図りました。

 

②この結果、売上高は8億79百万円(前年同期比14.2%減)、営業利益5億11百万円(前       年同期比20.2%減)となりました。

 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社 カプコン
代表者名 辻本 春弘
業種 エンタテインメント・音楽関連

コラム

    株式会社 カプコンの
    関連プレスリリース

    株式会社 カプコンの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域