ペプチド医薬品、その薬理学的価値と安全性から需要高まる 今後10年、受託製造は専門プロバイダーへの依存傾向が続く見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ペプチド治療薬:API (医薬品原薬) 受託製造の市場 (2020~2030年)」 (ROOTS ANALYSIS) の販売を6月30日より開始いたしました。

1920年代初頭にインスリンの治療の妥当性が確立されて以来、ペプチド治療薬は長い道のりを歩んできました。現在、60以上のペプチドベースの薬剤が市場で利用可能です。特に、これらの製品は、生物学的製剤の最も初期のクラスの一つであり、これまでのところ、様々な代謝性疾患および癌性疾患の治療において重要な可能性を示しています。市販されている人気のある治療用ペプチドの例としては、Victoza®、LUPRON DEPOT®、Zoladex®、Sandostatin®、Somatuline®などがあります。さらに、専門家によると、ペプチドに基づく600以上の薬理学的リード化合物が、現在、様々な開発段階を経て研究されています。ペプチド医薬品は、その薬理学的価値と安全性により、需要が高まっています。その結果、臨床および基礎研究の両方のアプリケーションのために、長い高分子構造の複雑な操作、化学修飾、徹底的な精製を必要とすることが多く、そのような分子を大量に製造するためのソリューションへの関心が高まっています。

 

ペプチド合成と精製方法の改善に関しては多くのことが達成されていますが、特定の課題、特に大規模な製造能力に関連する課題があり、この領域の医薬品開発者を悩ませ続けています。さらに、複雑な長鎖高分子の合成に関連した技術的な複雑さがあり、製品の収量と純度の両方を損なうことが知られています。生産プロセスと関連費用を最適化し、優れた専門知識とインフラを活用し、市場投入までの時間を短縮するために、多くのイノベーター企業は専門サービスプロバイダーとの連携を優先しています。現在、ペプチドの設計、製造、精製に焦点を当てたサービスの精巧なポートフォリオを提供する多くの製造受託機関(CMO)および開発・製造受託機関(CDMO)があります。ペプチド合成・精製サービスに対する需要の歴史的・一般的な傾向を踏まえ、いくつかのCMO/CDMOは、安定した供給を確保するために積極的に能力と許容量を拡大しています。スポンサー企業が今後10年間、受託製造サービスプロバイダーに依存し続ける可能性が高いと、私たちは考えています。

 

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/root929148-peptide-therapeutics-contract-api-manufacturing.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域