アイキャッチ画像

新型コロナウイルスから日本人の命と医療を守りたい!「みんながヒーロープロジェクト」コロナウイルスについてお家で楽しく学べる”ぬりえ”でGWを過ごそう!!

慶應義塾大学SFC研究所 健康情報コンソーシアム(所在地:神奈川県藤沢市、代表:中澤 仁、以下SFC研究所)は“予防できる新型コロナウイルスから日本人の命と医療を守りたい”という願いのもと「みんながヒーロープロジェクト」を2020年4月22日に結成いたしました。 本プロジェクトでは、SFC研究所 健康情報コンソーシアムが中心となり、有志の研究者・専門家・クリエーター・学生らと協働で、新型コロナウイルス感染症予防・感染拡大防止のためのデジタルコンテンツを制作し、予防策に対する正しい情報を若者や中高年世代に届けます。プロジェクト第一弾として、有志専門家メンバーである小児科医の工藤紀子先生より、小学生以下の親子の皆様が、コロナウイルスについてお家で楽しく学べる”ぬりえ”をご提供いただき、本日よりコンソーシアムHPからもダウンロードできるようになりましたので、お知らせさせていただきます。

貢献するSDGs

1. 「みんながヒーロープロジェクト」の目的

 

新型コロナウイルス感染症は、若者世代では、重症化のリスクは高くありませんが、無症状又は症状が軽い方が、本人は気づかずに感染を広めてしまう事例が多いことが報告されていることから、50代以下の若い世代全ての人々が、自分と大切な家族、多くの友達の命を守るために「うつらない・うつさない」行動を、しっかりやっていくことが大切です。

 

「みんながヒーロープロジェクト」は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために、“いま”みんなが「ONE TEAM」でしっかり取り組まなければいけない感染予防に関する正しい情報を、オンラインを通じて、わかりやすく発信していきます。発信する情報は、医学・環境情報学など、多分野の有志の研究者・専門家・クリエーター・学生らが、ひとつとなり、アイディアを出し合い、協働で制作するデジタルコンテンツです。本プロジェクトを通じて、若者や中高年世代の新型コロナウイルス感染症に関する情報発信強化活動に取り組み、SDGs(持続可能な開発目標)の達成にも貢献し、持続可能な社会の実現を目指します。

 

2. 小児科医ママ作「コロナウイルスをやっつけろ」”ぬりえ”ダウンロード開始

 

新型コロナウイルスについて、親子で理解を深めることが、感染予防・感染拡大防止には不可欠です。緊急事態宣言が発令され、外出自粛中のゴールデンウイーク(GW)に、親子で楽しく新型コロナウイルスについて学び・遊べる”ぬりえ”「コロナウイルスをやっつけろ」(8ページ)を有志専門家メンバーである小児科医の工藤紀子先生よりご提供いただき、慶應義塾大学SFC研究所 健康情報コンソーシアムのホームページからもダウンロードできるようになりましたので、お知らせさせていただきます。

 

<「コロナウイルスをやっつけろ」”ぬりえ”ダウンロードはこちらから↓>

https://hip.sfc.keio.ac.jp/2020/04/27/covid19-hi_5/?utm_source=press&utm_medium=hp&utm_campaign=nurie

図1 ぬりえ (色塗り:桐朋女子高等学校学生)
図2ぬりえ(色塗り:桐朋女子高等学校)
図3ぬりえ(色塗り:桐朋女子高等学校)

3. 「みんながヒーロー」プロジェクト専門家有志メンバー(ぬりえ作)小児科医 工藤紀子先生からのメッセージ

 

いまこの地球上の 誰もが 大人も子供も、どの地域の人も、どの職業の人も、どの人種の人も コロナウイルスと戦っています。 子どもたちも小さな立派な戦士です 小さなコロナファイターと、大きなコロナファイターと みんなで頑張っていきましょう!!! 1日も早くコロナウイルスが収束しますように・・・ 今日もどこかで頑張ってる貴方へ 心から感謝の気持ちを込めて ありがとうございます。

 

工藤紀子先生 プロフィール

小児科専門医・医学博士。順天堂大学医学部卒業、同大学大学院小児科思春期科博士課程修了。栄養と子どもの発達に関連する研究で博士号を取得。日本小児科学会認定小児科専門医/日本医師会認定産業医/日本医師会認定健康スポーツ医/こころ新橋保育園嘱託医/東京インターナショナルスクール中目黒キンダーガーデン嘱託医。 夫の仕事でアメリカに渡り子育てを経験する。現在2児の母。都内クリニックにて、年間のべ1万人の子どもを診察しながら子育て中の家族に向けて育児のアドバイスを行っている。

 

<「工藤紀子先生」情報配信公式メディア>

■Instagram:https://www.instagram.com/pediatriciankudo/

 

4. 今後の展開とスケジュール

 

「みんながヒーロー プロジェクト」は、医学・環境情報学など、有志の研究者・専門家・クリエーター・学生らと協働で、新型コロナウイルス感染症予防・感染拡大防止のためのデジタルコンテンツを制作し、オンラインを通じて世代別・段階的に情報発信していきます。

 

プロジェクトの【第一弾】としては、小学生以下の親子向けに有志専門家メンバー小児科医作のぬりえの連携配信、【第二弾】は健康情報×映画とのコラボで新型コロナウイルスオンライン座談会を予定しております。さらに10〜20代の若者世代向けた新型コロナウイルス感染症予防・感染拡大防止のためのデジタルコンテンツ制作と情報発信 も行う予定です。

 

【第一弾】 「コロナウイルスをやっつけろ」ぬりえ連携配信(小学生以下親子向け)

【第二弾】 映画とのコラボ決定(全世代向け)

【第三弾】 Redfish(Isomoto Akari)さんとのコラボ決定(10〜30代世代向け)

【第四弾】 アニメーションとのコラボレーション決定(40〜70代世代向け)

【第五弾】 絵本とのコラボ検討中(8歳以上の子ども・8歳未満の子を持つ親子向け)

 

※「みんながヒーロープロジェクト」にご賛同いただきました有志メンバーや組織は【第三弾】でのプレスリリースにて発表させていただきます。

 

<「みんながヒーロープロジェクト」情報配信公式メディア>

■Facebook    https://www.facebook.com/KeioSFC.hi/

■Twitter    https://twitter.com/KeioSFC_HIC

 

<協力>

有志組織メンバー:桐朋女子高等学校

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 慶應義塾大学 SFC 健康情報コンソーシアム
代表者名 中澤仁
業種 教育

コラム

    慶應義塾大学 SFC 健康情報コンソーシアムの
    関連プレスリリース

    慶應義塾大学 SFC 健康情報コンソーシアムの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域