アイキャッチ画像

MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)市場、2027年までに520億米ドルを超える収益になる見通し

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「MaaS (Mobility as a Service) - ビジネスモデル、ベンダー戦略、市場予測:2020年~2027年」(Juniper Research発行)の販売を4月22日より開始いたしました。

【MaaSイニシアチブは2021年に各都市が輸送戦略を再評価するにつれて急速に回復する見通し】

 

さまざまな輸送サービス(バス、タクシー、鉄道、地下鉄など)を単一のアプリに統合するMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)プラットフォームの使用により生み出される収益は、2020年の4億500万米ドルから2027年までに520億米ドルを超える見通しです。 Juniper Researchが発行する最新の市場調査レポート「MaaS (Mobility as a Service) - ビジネスモデル、ベンダー戦略、市場予測:2020年~2027年」では、コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより2020年は交通量が大幅に削減されますが、2021年以降には劇的な成長が実現すると予測しています。

 

MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)は、都市環境において、よりよい移動手段の提案、道路混雑の軽減を通じて、市民の移動時間を大幅に節約することを可能にします。2027年までには、MaaSによりユーザー1人あたりの通勤時間を年間2.7日節約できるようになるでしょう。生活の質(QOL)の向上は、市当局がMaaS戦略をいつ実行するかを決定する上での主要な要素でなければなりません。

 

パンデミックの影響により2020年のMaaSプラットフォームの成長は抑制される予測ですが、2021年に都市が輸送戦略を再評価するとMaaSイニシアチブは急速に回復する見通しです。2021年に先立ち、将来の成長を確実にするため、MaaSプラットフォームプロバイダーが交通当局と協力関係を構築することを推奨しています。特に、中立的なプレーヤーとしてライセンスプラットフォームに焦点を当てることが有効であるというのがJuniperの見解となっています。

 

MaaS (Mobility as a Service)市場に大きく貢献している主要ベンダーとして、Citymapper、CTS、Fluidtime、GoTo、HERE Mobility、Karhoo、MaaS Global、Masabi、Moovit、Moovel、Ridecell、Siemens Mobility、Skedgo、Trafi、Ubigoなどが挙げられます。

 

【当レポートの詳細目次】

https://www.gii.co.jp/report/jp931174-mobility-service-maas-business-models-vendor.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野 悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域