アイキャッチ画像

【南相馬市】子どもたちが宿題を持って集まるカフェ 「宿題カフェ」小高区にオープンします

「宿題カフェ」は、小学生を対象に放課後宿題ができる場所を提供する事業です。 公共施設や店舗、飲食店の空き時間などのスペースを活用して、地域コミュニティの中に子どもの居場所をつくり、学習支援を通じて子どもたちとその家族へのサポートをします。宿題を頑張った子にはジュースを 1 杯サービス。参加した小学生からは、いつもとちがう環境で宿題がスイスイ進むと好評です。NPO 法人トイボックスではこの事業を、関西を中心に 2016 年 1 月から始めました。今回、NPO 法人トイボックスと一般社団法人オムスビのコラボレーションが実現し、南相馬市小高区にある「Odaka Micro Stand Bar」で、この「宿題カフェ」をスタートします。

今回、NPO 法人トイボックスと一般社団法人オムスビのコラボレーションが実現し、南相馬市小高区にある「Odaka Micro Stand Bar」で、この「宿題カフェ」をスタートします。

 

■『宿題カフェ』とは?

「宿題カフェ」は、小学生を対象に放課後宿題ができる場所を提供する事業です。

 

公共施設や店舗、飲食店の空き時間などのスペースを活用して、地域コミュニティの中に子どもの居場所をつくり、学習支援を通じて子どもたちとその家族へのサポートをします。宿題を頑張った子にはジュースを 1 杯サービス。参加した小学生からは、いつもとちがう環境で宿題がスイスイ進むと好評です。

NPO 法人トイボックスではこの事業を、関西を中心に 2016 年 1 月から始めました。

 

■トイボックスが目指す「宿題カフェ」

1. 子どもの学習習慣を支える環境を提供、塾や図書館とは違う第三の居場所

2. 子どもが自由意志で通え、年齢を超えた交友が生まれるなどの、多様性を育む

3. 親同士、地域のつながりなどの関係性にかかわらず、誰でも集えるカフェ

4. 子育て世代の負担軽減、家族の団らんの時間などのゆとりをもたらす

 

■一般社団法人オムスビの目的

1.小学生・中学生を取り巻く学びの環境を改善することで、小高区を学びとチャレンジのしやすい魅力的な地域にしていく

2.オムスビを中心とし、地域にかかわる組織・人を増やしていくことで、小高区全体の課題解決能力を高めていく

 

<事業詳細>

開催日時 : 2020(令和 2)年 3 月 10 日(火)15:30-17:30 以降毎週火曜実施。

会 場 : Odaka Micro Stand Bar(福島県南相馬市小高区東町1丁目67)

参加費 : 無料

対 象 : 小学生

内 容 : 「宿題カフェ」は、小学生を対象に放課後宿題ができる場所を提供します。

宿題を頑張った子にはジュースを 1 杯サービス。

クレジット :  

運営:一般社団法人オムスビ  

企画:NPO 法人トイボックス

URL : 宿題カフェについて https://lobby.npotoybox.jp/#sec-homework-cafe

お問合せ :

一般社団法人オムスビ(福島県南相馬市小高区東町1丁目67)

TEL. 0244-32-0914

E-Mail:omsb.handmade@gmail.com 担当:森山

http://bit.ly/2TDXZwA



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 NPO法人トイボックス
代表者名 栗田 拓
業種 国・自治体・公共機関

コラム

    NPO法人トイボックスの
    関連プレスリリース

    NPO法人トイボックスの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域