カンボジア出身の難民が設立した世界を救うカバン屋さんがオーストラリアから日本へ!はぎれ(過剰生地)を使った手づくりカバン、ビーキーパーパレードがクラファンを開始

紛争中のカンボジアの監獄で生まれ、オーストラリアへ難民として亡命をし、生き延びた難民が故郷を救う夢の企画。ブランド初となる海外出店は本人の思い入れのある日本で行いたいと考えています。難民が立ち上げたカンボジアの子ども達を支援するブランドを日本に拡げたい!”カンボジア、オーストラリアと日本を繋げる”夢のプロジェクトです。ビーキーパーパレードはエシカルファッションブランドです。日本ではまだあまり一般的になっていないエシカルファッションブランド。エシカルとは英語で「倫理的・道徳的な」と言う意味の言葉です。ご説明をさせて頂くと、日本でも一般的となっているファストファッションの真逆にあるのがエシカルファッションです。地球や人にやさしいファッションブランド、それがエシカルファッションであり、ビーキーパーパレードです。私たちは主にカバンをメインとして販売しています。

報道機関各社、ご担当者様

お知らせ

2019年12月2日

 

【カンボジア出身の難民が立ち上げた世界を救うカバン屋さんがオーストラリアから日本に出店!はぎれ(過剰生地)を使ったハンドメイドのカバンブランド】

「ビーキーパーパレード」がクラウドファンディングでプロジェクト開始!

 

~要約~

 

事業名:ビーキーパーパレードジャパン

(代表者:栗村研百(くりむらけんと)、以下 栗村)は、2019年12月2日よりクラウドファンディングプラットフォーム・キャンプファイアにて2020年東京短期出店用の資金を集める目的でクラウドファンディングプロジェクトを開始いたしました。

(ブランド設立者のコーキィ・サリーと栗村)

 

▼クラウドファンディングページ

https://camp-fire.jp/projects/view/210604

 

■クラウドファンディング概要

「オーストラリア発の世界を変えるカバンを日本に届けたい!お洒落で可愛く地球を救うカバン」

紛争中のカンボジアの監獄で生まれ、オーストラリアへ難民として亡命をし、生き延びた難民が故郷を救う夢の企画。ブランド初となる海外出店は本人の思い入れのある日本で行いたいと考えています。難民が立ち上げたカンボジアの子ども達を支援するブランドを日本に拡げたい!”カンボジア、オーストラリアと日本を繋げる”夢のプロジェクトです。

 

ビーキーパーパレードはエシカルファッションブランドです。

日本ではまだあまり一般的になっていないエシカルファッションブランド。エシカルとは英語で「倫理的・道徳的な」と言う意味の言葉です。

簡単な説明をさせて頂くと、日本でも一般的となっているファストファッションの真逆にあるのがエシカルファッションです。

地球や人にやさしいファッションブランド、それがエシカルファッションであり、ビーキーパーパレードです。私たちは主にカバンをメインとして販売しています。

 

〜大きな特徴はこちら〜

 

(ビーキーパーパレードが建てた学校のクラスでの写真)

・カンボジアの子ども達をサポート

カバンの売り上げからカンボジアにこれまで5校の学校を建設、生まれた環境や場所のせいで学べる機会がない子ども達をサポート。

およその目安ですが、バックパックカバンを1つ購入して頂くたびにカンボジアに住む1人の子どもが1年間英語のクラスに通える分のお金を提供することが出来ます。

学校の場所は様々ですが、特にカンボジアの都市圏から離れた地方にはそもそも学校が全くなく、子どもが学ぶことが出来ない場所があるのでそういった場所に学校を建設しています。これまでに学校で学べる機会を3000席分以上提供することができました。

 

(カンボジア・プノンペンの製作所チーム)

・フェアトレードで適切な賃金を払い、労働環境を整える、雇用を生む

ファッション業界では、東南アジア等の工場などで安全では無い劣悪な雇用環境や法律に違反する低賃金での雇用が度々、問題となっています。

私たちはカンボジアの首都プノンペンに自社製作所を作ることでカンボジアに雇用を生み出し、フェアトレードで適切な雇用環境の提供に努めています。

また、カンボジア現地スタッフの多くは子供を持つ親御さんでもあります。

彼らに、安心して働く事をできる環境・適切な賃金での労働機会を提供することが円満な家庭、子どもへのサポートにも繋がると信じています。

 

(製作所の責任者ソフィー・生地の集積場にて)

・世界から衣類ゴミを減らす

ビーキーパーパレードで使用する生地は全て、他ブランドによって捨てられてしまった物か寄付をして頂いた物です。

私たちが生地を新しく発注をする事はありません。他の会社や人によって捨てられてしまい、新品同様のまま廃棄扱いとなってしまった布生地をアップサイクル(価値を高めながらリサイクル)しています。

これまでにお客様のサポートのおかげで、新品同様のまま捨てられてしまう運命だった「15トン以上の衣類生地のアップサイクル」に成功しています。

近年、大量生産大量消費社会から生まれる衣類の無駄が日本だけではなく世界中で深刻な問題となっています。

日本での衣類ゴミの排気量は*年間およそ100万トン。(*参照:中小企業基盤整備機構)

 例えばこれを衣服の枚数で換算してみます、およそ1着300グラムとして、100万トン÷300 グラムで およそ33億着となります。 日本国内だけで、でのお話です。 

そして、そのほとんどはまだまだ着られるはずの衣類ばかりです。 その現状を少しでも改善していくことが私たちの取り組みです。

 

(オーストラリア・メルボルンにあるお店)

 

また、日本ではまだまだ馴染みのないエシカルファッション(道徳的・倫理的なファッション)を多くの人に知って頂きたいです。お洒落で可愛いアイテムを通じて、環境に配慮して生きる人が増えればと願い活動をしています。ぜひ、貴社で取り上げて頂けますようによろしくお願い致します。

 

■クラウドファンディング参加方法

クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE・キャンプファイヤー」(https://camp-fire.jp/projects/view/210604)よりお申込みください。


 

■クラウドファンディング達成後の流れ

2020年4月にポップアップショップとして東京都内にて短期出店の予定。(およそ2週間)また、オンラインショップの開設をし日本からでもアイテムの購入をしやすいようにします。はぎれや過剰に制作されて生地が衣類ゴミとなることを減らすために、日本国内での生地の提供先の募集も行います。その後は、日本各地で定期的な短期出店を行い、私たちの活動について多くの人に知ってもらいたいと願っています。

 

ブランドや製品について、詳しくは下記のソーシャルメディア、もしくはhttps://camp-fire.jp/projects/view/210604をご参照ください。

 

■こちらの各SNSから写真をご覧いただけます

 

▼○インスタグラムページ

https://www.instagram.com/beekeeperparade_jp/


▼○ツイッターページ

https://twitter.com/BeekeeperJapan

 

▼○フェイスブックページ

https://www.facebook.com/beekeeperparadejp/

敬具

 

■本件に関するお問い合わせ先

事業名:ビーキーパーパレードジャパン

担当者名:栗村研百(くりむらけんと)

TEL:09041661809 

LINE:kennto1209

Email:beekeeperjapan@beekeeperparade.com

「写真の画像をご入用の際は、こちらのメールアドレスにご連絡ください」

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 ビーキーパーパレードジャパン
代表者名 栗村 研百
業種 ファッション・ビューティー

コラム

    ビーキーパーパレードジャパンの
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域