「全国」、「男女別」、「年代別」を1冊に! 男性管理職が8割以上を占める企業の従業員を対象にした「女性活躍推進2.0実態調査2019」12月10日提供開始

従業員数300~5,000人規模の企業を対象に実施したアンケート調査から、女性・男女計1,258人による有効回答をデータとして分析。女性が活躍できる職場づくり、ダイバーシティの推進をめざす企業・団体に活用いただける独自の調査結果を1冊の報告書にまとめて提供します。

女性が活躍できる社会をめざす人材育成コンサルティングなどを手がけている株式会社リノパートナーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:細木聡子)は、男性管理職が8割以上を占める企業に勤める男女従業員を対象にしたアンケート調査の結果を「全国」、「男女別」、「年代別」に参照できる冊子「女性活躍推進2.0実態調査2019」の提供を、2019年12月10日(火)より開始します。300~1,000人規模の企業を対象にした匿名のアンケートから、女性・男性従業員計1,258人の有効回答をデータ化した、現場での本音や実態が把握できる調査報告です。

▼ 株式会社リノパートナーズ公式ウェブサイト(トップページ):https://linopartners.co.jp/
 


■男性管理職8割超の企業に勤める男女従業員約1,300人の本音と実態を1冊にまとめた女性活躍推進に役立つ調査報告を提供!


リノパートナーズが2019年12月10日(火)より提供開始する「女性活躍推進2.0実態調査2019」は、次のような内容と特徴のある調査報告です。

1.男性管理職が8割以上を占める従業員数300~1,000人の企業を対象に実施したアンケート調査を分析

2.1,258の有効回答数のうち女性が526、男性は732の割合

3.「全国」、「男女別」、「年代別(冊子限定公開)」に分類したデータを1冊の冊子に

4.匿名のアンケートなので、現場での“本音”を実感・把握できる

リノパートナーズでは、この調査報告を次のような企業・団体および担当者に役立てていただきたいと考えています。

1.男性管理職の割合が8割以上を占めている企業・団体の人事担当者など
2.ダイバーシティ推進を担当している企業・団体の役職者・担当者など
3.経営層・経営陣に女性活躍推進への取り組みをのぞむ企業・団体の人事担当役職者・担当者など

経営戦略の立案などの現場では「女性活躍推進への取り組みがなぜ経営課題に直結するのか」という問い、女性従業員を対象にした教育・研修への説得材料として、ダイバーシティ推進の必要性を裏づける資料として活用いただける内容です。

また女性活躍推進・ダイバーシティ推進のための施策を企画・立案する際、作成する資料や教育・研修用資料の説得力を高めるデータとしても活用いただけます。
 


■リノパートナーズ提供「女性活躍推進2.0実態調査2019」入手方法


提供開始日:2019年12月10日(火)より順次郵送
冊子ご請求方法:下記フォームより事前予約:https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=alJqOonXz
※限定100社配布となります。予約数に達した時点で配布終了となりますこと予めご理解賜りますようお願い申し上げます。


【株式会社リノパートナーズについて】
本社:〒102-0085 東京都千代田区六番町15-2 鳳翔ビル3階B
代表者:代表取締役 細木聡子
設立:2018年4月
電話番号:03-6380-9836(代表)
URL:https://linopartners.co.jp/
事業内容:女性が活躍できる社会をめざす人材育成コンサルティングサービスほか



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社リノパートナーズ
代表者名 細木 聡子
業種 ビジネス・人事サービス

コラム

    株式会社リノパートナーズの
    関連プレスリリース

    株式会社リノパートナーズの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域