11月18日は「いい家の日」 家選びで最も重要なのは、関東「周辺環境」、関西「価格」! 関東は「学区」、関西は「築年数」と妥協点にも差異

リビン・テクノロジーズは、11月18日の「いい家の日」に合わせて、「リビンマッチ」を利用した、20歳以上の関東または関西に居住している男女129人を対象に「関東と関西では住宅選びは異なるのか」について調査しました。

11月18日は「いい家の日」 
【調査】関東と関西では住宅選びは異なる? 
家選びで最も重要なのは、関東「周辺環境」、関西「価格」! 
関東は「学区」、関西は「築年数」と妥協点にも差異

 

 

 不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」を運営するリビン・テクノロジーズ株式会社は、11月18日の「いい家の日」(株式会社アサツーディ・ケイの「ADK不動産プロジェクト」制定)に合わせて、「リビンマッチ」を利用した、20歳以上の関東または関西に居住している男女129人を対象に「関東と関西では住宅選びは異なるのか」について調査しました。

 


【調査結果サマリー】
・ポイント1 住宅購入時の最重視点、関東は「周辺環境」19.0%、関西は「価格」22.0%!
・ポイント2 関東は「駅・バス停からの所要時間」、関西は「日照・風通し」も重要!
・ポイント3 住宅購入時の妥協点は関東と関西でバラつく傾向にあり。

 


「家選びの重視点トップ3、関東は『周辺環境』『価格』『構造・耐震性』。

  一方、関西は『価格』『価格』『周辺環境』と『日照・風通し』」
 エスカレーターの立ち位置、食べ物、志向など関東と関西には色々と違いがあると言われています。そこで、住宅選びにも違いがあるのか、関東と関西の居住者に「住宅購入時、最も重視する点」は何かたずねました。関東では『周辺環境』(19.0%)が最多で、『価格』(17.7%)、『駅・バス停からの所要時間』(16.5%)、『所在地』(10.1%)とつづきましたが、関西では『価格』(22.0%)が最多で、『周辺環境』(18.0%)、『駅・バス停からの所要時間』(16.0%)、『売主の信頼度』(10.0%)となりました。また、少数ですが関東では『地盤』(5.1%)、『学区』『リノベーションの自由度』(共に1.3%)を選んだ人がいる中、関西ではゼロでした。

 

 つぎに「2番目に重視する点」をたずねました。それぞれ『価格』(関東:27.9%、関西:18.0%)が最多で、『所在地』(関東:15.2%、関西:16.0%)、『周辺環境』(関東:13.9%、関西:14.0%)、『駅・バス停からの所要時間』(関東:13.9%、関西:10.0%)となりました。こちらでも少数ですが関西では『学区』(6.0%)や『広さ』(2.0%)を選んだ人がいる中、関東ではゼロでした。

 

 つづいて「3番目に重視する点」をたずねました。関東では『構造・耐震性』(13.9%)が最多で、『周辺環境』(12.7%)、『間取り』『広さ』(共に10.1%)とつづきましたが、関西では『周辺環境』『日照・風通し』(共に16.0%)が最多で、『価格』(14.0%)、『構造・耐震性』(12.0%)、『間取り』(10.0%)となりました。『日照・風通し』は関東では6.3%しかいなく、『広さ』(関東:10.1%、関西:4.0%)や『駅・バス停からの所要時間』『所在地』(共に関東:7.6%、関西:2.0%)も関東と関西で大きな違いが見られました。

 


「家選びで最も妥協できるのは、関東は『学区』、関西は『築年数』!」
 今度は「最も妥協してよい点」は何かたずねました。関東では『学区』(22.8%)が最多で、『駅・バス停からの所要時間』『広さ』(共に16.5%)、『間取り』(10.1%)とつづきました。関西でも『学区』(22.0%)が最多だったものの、『築年数』(18.0%)、『間取り』『リノベーションの自由度』(共に12.0%)、『駅・バス停からの所要時間』(10.0%)となり、『広さ』は4.0%しかいませんでした。また、少数ですが関西では『構造・耐震性』『地盤』(共に2.0%)を選んだ人がいる中、関東ではゼロでした。

 

 つぎに「2番目に妥協してよい点」をたずねました。関東では『築年数』(21.5%)が最多で、『リノベーションの自由度』(16.5%)、『学区』(15.2%)、『広さ』(10.0%)とつづきましたが、関西では『リノベーションの自由度』(20.0%)が最多で、『広さ』(18.0%)、『築年数』(16.0%)、『学区』(10.0%)となりました。関東で7.6%いた『所在地』は、関西では2.0%と少なく、少数ですが関西では『構造・耐震性』(2.0%)を選んだ人がいる中、関東ではゼロでした。

 

 最後に「3番目に妥協してよい点」をたずねました。関東では『リノベーションの自由度』(16.5%)が最多で、『売主の信頼度』(12.7%)、『周辺環境』(11.4%)、『築年数』(10.1%)とつづきましたが、関西では『築年数』(20.0%)が最多で、『リノベーションの自由度』(14.0%)、『駅・バス停からの所要時間』『広さ』『間取り』(共に10.0%)となりました。関東では上位に挙がった『売主の信頼度』『周辺環境』は関西では共に4.0%と少なく、少数ですが関東では『価格』(2.5%)、『地盤』(1.3%)を選んだ人がいる中、関西ではゼロでした。

 


◇まとめ◇
関東の方が利便性を、関西の方が住み心地を重視する傾向があることがわかりました。

 


【調査概要】
■調査期間:2019年10月15日~10月31日
■調査手法:インターネット調査(任意でアンケートに回答)
■集計数:「リビンマッチ」を利用した20歳以上の関東または関西に居住している男女129人(内訳:関東79人、関西50人)
■調査リリースURL: https://www.lvnmatch.com/magazine/article/column/lvn_research/8590
※本リリース内容の転載にあたりましては、「リビンマッチ調べ」という表記をお使いいただけますようお願いいたします。

 


【リビンマッチについて】
不動産売却を中心に周辺サービスを取り揃えたマッチングサイト。2006年に運営を開始し、不動産売却、不動産買取、賃貸管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅など幅広いサービスを提供。現在の加盟事業所数は2,400社以上。また、不動産・住宅関連業界に特化した人材紹介サービスや、不動産業界従事者向けビジネスWEBマガジン「リビンマガジンBiz」など、不動産業界従事者もしくは不動産ビジネスに興味があるユーザー向けのサービスも提供。
URL:https://www.lvnmatch.com

 

【リビン・テクノロジーズ株式会社について】
所在地:東京都中央区日本橋堀留町1-8-12 さくら堀留ビル 8F
代表者:代表取締役社長 川合 大無
設立年:2004年1月
証券コード:4445
事業内容:不動産プラットフォーム事業(WEBテクノロジーと不動産を融合したプロダクトの開発と運営)
     ・不動産バーティカルメディア
     ・不動産業務支援システム
     ・不動産業界向け人材サービス
     ・インターネット広告
URL:https://www.lvn.co.jp



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 リビン・テクノロジーズ株式会社
代表者名 川合 大無
業種 ネットサービス

コラム

    リビン・テクノロジーズ株式会社の
    関連プレスリリース

    リビン・テクノロジーズ株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域