センチュリーロイヤルホテル 応援ランチで伝統野菜「札幌大球」の魅力をPR 2019年11月1日(金)より

センチュリーロイヤルホテル(総支配人:桶川昌幸/札幌市中央区北5条西5丁目)では、2019年11月1日(金)より、スカイレストラン「ロンド」(23階)と日本料理「北乃路」(19階)において、伝統品種のキャベツ「札幌大球」を使用したランチコースと、一品料理を朝食ビュッフェレストランユーヨーテラス サッポロ(2階)にて提供いたします。

センチュリーロイヤルホテル(総支配人:桶川昌幸/札幌市中央区北5条西5丁目)では、2019年11月1日(金)より、スカイレストラン「ロンド」(23階)と日本料理「北乃路」(19階)において、伝統品種のキャベツ「札幌大球」を使用したランチコースと、一品料理を朝食ビュッフェレストランユーヨーテラス サッポロ(2階)にて提供いたします。

 

【背景】

札幌大球の全盛期は昭和初期から戦前にかけて、道内のかなりの面積において作られていましたが、漬け物需要の減少や農家の高齢化などにより、生産量が激減しております。地場資本のホテルとして、地元市民や観光客に生産量がごくわずかな札幌大球の美味しさを後世につなげていきたい、という思いから企画し、今年で第三回目となります。

 

【概要】

札幌の伝統野菜応援企画

札幌大球応援ランチ 概要

開催期間(予定):2019年11月1日(金)~11月8日(金)

※稀少食材のため仕入れ状況により期間を変更いたします。

開催店舗:センチュリーロイヤルホテル23階スカイレストラン「ロンド」

センチュリーロイヤルホテル19階 日本料理「北乃路(きたのじ)」

センチュリーロイヤルホテル2階 ユーヨーテラス サッポロ

後援:札幌市

協力: 札幌伝統野菜 札幌大球応援隊

ご予約・お問い合わせ先:

TEL. 011-221-3008(スカイレストラン ロンド・直通)

TEL. 011-221-3007(日本料理 北乃路・直通)

TEL. 011-221-3006(ユーヨーテラス サッポロ・直通)

 

スカイレストラン ロンド

■ご利用時間:11:30~16:00

■価格:1名様 2,800円(税込)

■メニュー:

・パテドカンパーニュ 札幌大球と紫キャベツのザワークラウト

・札幌大球 カリフラワー マッシュルームのポタージュ

・北海道産帆立貝 秋鮭 トランペット茸のロールキャベツ

・大球キャベツのシュークリーム

・パン

・オーガニックコーヒー

-----------------------------------------

日本料理 北乃路

■ご利用時間:11:30~15:00(ラストオーダー14:30)

■価格:1名様2,800円(税込)

■メニュー

小茶碗:札幌大球の茶碗蒸し 青葱

焼 肴:焼大球と鯖の塩焼き 添え物

揚 物:札幌大球とサーモンのかき揚げ 塩

お食事:札幌大球と季節野菜 北海道産豚肩ロースの豚丼 北乃路スタイル

汁 物:札幌大球と根菜色々 若鶏もも肉の和風ポトフ仕立て

甘 味:・札幌大球スペシャルシュー

オーガニックコーヒー

-----------------------------------------

ユーヨーテラス サッポロ

■ご利用時間:6:30~11:00

■価格: (一般)大人 3,000円(税込)、小学生1,500円(税込)

■メニュー: 札幌大球のグリル

※仕入れの状況により、ご提供内容が変更になる場合がございます。

 

札幌大球(キャベツ)について

収穫時期:10月下旬〜11月下旬

札幌大球は、その名のとおり、直径50㎝、重さ10㎏を超える巨大キャベツです。明治の初期にアメリカから3種類のキャベツの種子を輸入し栽培したのが始まり。交配を繰り返し、自家採種をしていく中、北の大地と食の利にかなった大きなキャベツが誕生しました。冬場の貯蔵で外側が傷んでも食べられる部分が確保されることと、肉厚でしっかりとした食感が特徴。昭和の初期には、主に漬物用として広く栽培されるようになりましたが、漬け物需要の減少やその重さから農作業の負担が大きく、生産量は徐々に減少していきました。 復活を遂げた札幌大球は、その食感だけでなく、甘くて風味が良い味そのものにも関心が高まり、市内の飲食店や食品メーカーで使用されているほか、学校給食にも提供されています。

※JAさっぽろ公式サイトより 

http://www.ja-sapporo.or.jp/agriculture/traditional/index.html

 

<3つの特長>

1:期間中はレストランで、肉厚で甘みが強い札幌大球の特徴を生かしたサラダやポトフ、茶碗蒸し、天ぷら、グリルのほか、札幌大球を使用したシュークリーム等を和・洋のレストランで提供し、伝統野菜の魅力をアピールいたします。

2:今年は、札幌市が後援する札幌伝統野菜「札幌大球」オーナー募集のお知らせをホテルのホームページに掲載したり、ホテル内に募集チラシを設置するなど、オーナー募集のPRにも協力しております。

3:総調理長の金子が、伝統野菜の美味しさを知っていただこうと企画したもので、今年で第三回目となります。

 

【今後の展望】

これからも地場資本のホテルとして、ひとりでも多くの方に地元の伝統野菜の魅力を発信してまいります。

 

 

「センチュリーロイヤルホテル公式サイト」

http://www.cr-hotel.com/

 

【センチュリーロイヤルホテルについて】

本社:〒060-0005 札幌市中央区北5条西5丁目2番地 札幌国際観光株式会社

代表者:総支配人 桶川 昌幸

ホテル開業:1973年(昭和48年)5月10日

Tel:011-221-2121

Fax:011-231-2538

URL:http://www.cr-hotel.com/

事業内容:ホテル運営

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 札幌国際観光株式会社 
代表者名 桶川 昌幸
業種 旅行・観光・地域情報

コラム

    札幌国際観光株式会社 の
    関連プレスリリース

    札幌国際観光株式会社 の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域