「三井のリパーク」で、プレミアム缶詰が発売開始!?銀座6丁目から始まる自動販売機による流通革命開始のお知らせ

京都発「自然派缶詰 カンナチュール」を展開するエイチアンドダブリュー株式会社(大阪市:代表取締役CEO 橋爪敦哉)は、10月25日より三井不動産リアルティ株式会社が運営する「三井のリパーク銀座6丁目第4」駐車場(東京都中央区銀座6丁目4-11)にて、自動販売機によるカンナチュール商品の発売を開始することとなりましたので、お知らせさせていただきます。

報道関係者各位

2019年10月25日

エイチアンドダブリュー株式会社

 

「三井のリパーク」で、プレミアム缶詰が発売開始!?

銀座6丁目から始まる自動販売機による流通革命開始のお知らせ

 

京都発「自然派缶詰 カンナチュール」を展開するエイチアンドダブリュー株式会社(大阪市:代表取締役CEO 橋爪敦哉)は、10月25日より三井不動産リアルティ株式会社が運営する「三井のリパーク銀座6丁目第4」駐車場(東京都中央区銀座6丁目4-11)にて、自動販売機によるカンナチュール商品の発売を開始することとなりましたので、お知らせさせていただきます。

鯖の青春アヒージョと牡蠣のアヒージョ

 

「自然派缶詰 カンナチュール」とは、全国の様々な生産者や中小食品メーカーとともに共創開発する完全無添加の缶詰ブランドであり、素材と手間を丁寧に閉じ込めた手作り缶詰商品が特徴です。

 

この度、令和元年5月31日に公布された「食品ロスの削減の推進に関する法律(令和元年法律第19号)」を受け、無添加缶詰の販売を行う事業者としての責務について、「つくる革命」「はこぶ革命」「たべる革命」のうち、「はこぶ革命」についての流通革命施策として、自動販売機による缶詰の販売を開始する運びとなりました。

 

缶詰は、密閉した状態で120℃の高温にてレトルト殺菌をかけることにより、常温で最長3年間保存が可能となることから、「つくる革命」において、賞味期限の早い食品を缶詰加工することによりロスを防ぎ、「はこぶ革命」においても販売におけるロスを防ぐことが可能となり、また同時に消費者の手元に届いてからも、保存食や非常食、備蓄食としての保管が長期間できるのが「たべる革命」です。

 

全国の様々な生産者や中小食品メーカーとともに素材と手間を丁寧に閉じ込めた手作り缶詰商品のカンナチュールには、小ロット多品種、限定生産および高い原価率という弱みがあり、マージン等の関係から既存の小売流通網を活用することができず、ブランドが立ち上がってから3年が経ち、都内で販売されているのは、銀座シックスの1箇所だけでしたが、銀座6丁目から始まる流通革命がスタートすることとなりました。

 

自動販売機設置の様子

銀座西6丁目にあるカンナチュール 自動販売機の様子

 

【自然派缶詰 カンナチュールとは?】

2016年に京都高倉錦に高級缶詰専門店としてオープン。地域食材を無添加製造にこだわり、プレミアム缶詰として企画・販売する自然派缶詰ブランドです。

 

 

《お問い合わせ・お申し込み先》

エイチアンドダブリュー株式会社

担当:坂本一平

代表電話:06-6809-1266

Eメールアドレス:info@h8w.co.jp

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 エイチアンドダブリュー株式会社
代表者名 橋爪敦哉
業種 食品関連

コラム

    エイチアンドダブリュー株式会社の
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域