北海道愛別町の無農薬ビーツがテーマの食イベント『Ones For Beets』を開催!

emotional tribe (東京都/代表 井上嘉文)は渋谷区・神宮前のオーガニックカフェ「Ones Jingumae」 と提携して、2019年10月19日(土)、愛別町産ビーツを使った1日限りの料理イベント「Ones For Beets」を企画する。当日はベジタリアン向け対応のビーツプレートやビーツカクテルなどが登場し、健康的なスーパーフード、ビーツをもっと身近な食材にすることを目指す。

emotional tribe (東京都/代表 井上嘉文)は渋谷区・神宮前のオーガニックカフェ「Ones Jingumae」 と提携して、2019年10月19日(土)、愛別町産ビーツを使った1日限りの料理イベント「Ones For Beets」を企画する。当日はベジタリアン向け対応のビーツプレートやビーツカクテルなどが登場し、健康的なスーパーフード、ビーツをもっと身近な食材にすることを目指す。

 

表参道・神宮前界隈のビジネスパーソンに人気のカフェ「Ones Jingumae」のデリ

 

emotional tribeは、2018年6月から北海道愛別町と正式に契約を結び、愛別町産業振興プランナーとして3年間で特産品開発・ブランディング・地域活性化をゴールとしたSDGsのプロジェクトを町と一緒に開始。2019年は、全国のレストランへの販路開拓・タイアップイベント、PRコンテンツ制作、SNSマーケティングを中心に愛別町産のビーツブランド「Sweet Beets Box 」の認知度向上や魅力を拡散する仕掛けをつくっている。

 

Sweet Beets Box のビーツは無農薬で「泥臭くない」ことが自慢!

井上:「愛別町のビーツの立ち位置は、言い換えると“誤解されやすい人”。市販のビーツはクセが強く、土臭かったのでビーツと聞くと苦い野菜だと誤解されることが多い。愛別町産のビーツは驚くほど甘くて、料理人からも好評価であるから自信がついた。今回のイベントでは、一般の方がもつビーツのイメージを変容したい。“1人1人のライフスタイルの選択肢にビーツ“というコンセプトで「Ones For Beets」というイベント名にした。」

 

メイン料理はベジタリアン(菜食主義者)にも対応できるように設定した。アルコールにはインスタグラム映えをする『ビーツのベルベットカクテル』も用意する。

<当日のメニュー(仮)> 「Ones For Beets」 プレート 2000円(税込) 

■ビーツとジャガイモのオーブン焼き&ビーツバターライス

■ビーツのガスパチョ風

■ビーツと柿のサラダ

■ビーツと茄子のミルフィーユ仕立て

※MENUは当日の仕入れ状況で変更する場合がございます

 

ビーツは、食物繊維、リン、カルシウム、カリウムなどの栄養素が豊富であり、抗酸化作用に期待が高く、女性から特に人気がある。ベタシアニンは、2日酔いに効果を発揮すると言われているので、昼から楽しくお酒が飲める野菜だ。

 

井上:「Ones Jingumae」さんは、1人でカフェ利用したときに「体に優しい」、「オーガニック」というコンセプトが愛別町のビーツと相関性があると思って、ご案内したのがきっかけ。雰囲気が明るく、素敵で、お気に入りのカフェ。ぜひ、これを機会にこの店の空間も楽しんでもらえたらと考えている。

 

予約は、メールとFacebookページで募っており、完全予約制の30名限定で行われる。

https://www.facebook.com/events/438304980127828/



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 emotional tribe
代表者名 井上 嘉文
業種 ビジネス・人事サービス

コラム

    emotional tribeの
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域