アニドネ、映画「駅までの道をおしえて」コラボ寄付企画を開始。寄付という一歩で小さな奇跡を。「飼う」ことができなくても「寄付」で救える命がある。

動物関連団体へのオンライン寄付サイト運営の公益社団法人アニマル・ドネーション(所在地:東京都港区、代表理事:西平衣里、以下アニドネ、http://www.animaldonation.org/)は、映画「駅までの道をおしえて」(10月18日公開)の公開を記念したコラボレーション寄付企画を行います。期間は10月4日から12月31日で、本企画による目標寄付金額は100万円とします。

飼い主不明の犬が、レスキューされてから次の飼い主さんに恵まれるまでには約5万円がかかります。保護活動を行っているのはすべて民間団体で、保健所などの行政機関に収容された犬や猫をボランティアで保護しています。そしてその活動は寄付金によって支えられています。

映画「駅までの道をおしえて」の主人公サヤカのように実際に犬を飼うことが難しくても、「寄付」という活動で犬や猫たちを救うことができることを、本企画を通じて多くの人に知っていただけたらと思います。

 

■映画「駅までの道をおしえて」コラボ寄付企画詳細

http://www.animaldonation.org/ekimichi

お問合せ:お問い合わせフォームよりご連絡ください

https://www.animaldonation.org/contact/

 

■映画「駅までの道をおしえて」(http://ekimade-film.com/

「ルーは死んでなんかいない」愛犬の帰りを待ち続け探し回る少女が見つけた、時間から取り残されたような古い喫茶店。店の老人がくれた写真には野球のユニフォーム姿の少年が写っていた。大切な相手を失い、悲しみにくれる人々に訪れた奇跡を描く。人間の最愛の友であり、愛情の塊である犬たち。映画を観た後は、犬を抱きしめたくなる感動作品。

(2019年10月18日公開)原作:伊集院 静

 

 

 

■『アニマル・ドネーション』とは

動物のためにがんばる団体と愛する動物のために自分も何かしたいと思う人を結びつける、日本初の動物関連に限定したオンライン寄付サイトです。

アニドネが提供する情報をもとに、寄付支援者自らが寄付先(※)を選び、オンラインで直接寄付できるのが特徴です。寄付先は、特定の「ひとつの団体」への寄付、または、認定されている「全ての団体」への一括寄付、さらに「活動分野」を選んで寄付のいずれかを選択できます。いただいた寄付金の使途はサイト上に表示しています。

※ 寄付先は、動物のためにがんばる団体(保護団体・伴侶団体・啓発団体)が対象です。アニドネはこれまでに、個人の方・団体の皆さまから、約1億1800万円(2019年5月末時点)の寄付金をお預かりし、迷い動物や飼い主による放棄により行政の動物愛護相談センターなどに収容されている動物を保護し、新しい飼い主さんを見つける活動を行う「保護団体」、盲導犬、聴導犬、介助犬を育成する「伴侶団体」、動物に対する愛護活動や、動物のための福祉活動を中心に行っている「啓発団体」へ寄付をお届けしてきました。

 

■ 法人概要

法人名 : 公益社団法人アニマル・ドネーション( http://www.animaldonation.org/

代表者 : 西平 衣里(にしひら えり) 代表理事・マネジメントディレクター

所在地 : 〒107-0062 東京都港区南青山2-15-5 FARO1F

設 立 : 2010年7月(サービス開始:2011年9月)

活動内容: 1.動物福祉活動の支援に特化した寄付サイトの運営

2.動物関連団体へのサポート活動

3.「人と動物の共生」を社会に広める活動



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 公益社団法人アニマル・ドネーション
代表者名 西平衣里
業種 ネットサービス

コラム

    公益社団法人アニマル・ドネーションの
    関連プレスリリース

    公益社団法人アニマル・ドネーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域