<ECC園内英語学童スクール>2020年スタート!小1の壁を入園時に解消!?園内開校の新サービス 英検(R)対策と英語プログラミングつき!幼稚園・保育園内で開校

株式会社ECCが運営するECC幼児教育推進課では、幼稚園・保育園を対象に、英検(R)対策と英語プログラミングつきの「ECC請負型 英語学童スクール」(園内学童)の販売を開始いたします。

プレスリリースPDF版:https://www.ecc.co.jp/newsrelease/2019/20190919.pdf

 

 

総合教育・生涯学習機関の株式会社ECC(本社:大阪市北区、代表取締役社長:山口勝美)が運営するECC幼児教育推進課では、幼稚園・保育園を主な対象に、英検(R)対策と英語プログラミングを基本サービスに含んだ「ECC請負型 英語学童スクール」の販売を開始。小1の壁を解消しながら、教育改革で関心の高まる英語とプログラミングという2大コンテンツを提供する「園内学童」で、保護者と施設のニーズに応えてまいります。

画像:2019 年夏休みにトライアル開校した「ESR学童スクール with ECC」の様子 。 保護者満足度 100 %という高い評価をいただきました。

 

 

【本件のポイント】

・ECCは新サービス「ECC請負型 英語学童スクール」の販売を開始し、2020年4月の開校を目指します。

・ECCは「幼稚園・保育園向け英語プログラム提供施設数」で7年連続No.1(*1)を達成中。全国2400施設とご契約しています。

・契約施設を主な対象とし、「小1の壁の解消」と「英語・プログラミング対策」という保護者のニーズに「園内学童」で応えてまいります。

(*1)幼稚園・保育園向け英語教育プログラム導入施設数7年連続No.1※

※2012年度~2018年度主要7事業者における幼稚園・保育所向け英語教育プログラム提供施設数ベース

(株)矢野経済研究所調べ  2019年8月現在

 

【本件の背景】

共働き家庭の増加で顕在化している「小1の壁」(小学校入学後、子どもの預け先に悩む問題)。2020年の教育改革を受け、高まる「英語とプログラミングへの教育熱」。ECCでは、小1の壁の解消と早期教育熱に一度に応えられる新サービスとして「英語・プログラミング(*2)つき園内学童」を開発いたしました。まずは全国に2400ある契約施設内を中心に、2020年4月の開校を目指します。通い慣れた園という安心感や利便性だけでなく、価格も一般民間学童に比べ2万円程度安い「月額4万円台~」に設定。場所・内容・価格に特長を持つ、保護者メリットの高い学童スクールになりました。コンセプトは“小さな国際人の養成”。外国人講師が常駐し、できるだけ英語で生活を送りながらグローバル人材として必要な社会性や教養を育みます。

(*2)英検(R)対策つき。プログラミングも英語で教えます。「英検(R)」は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。

 

【サービス概要】

<名称>ECC請負型 英語学童スクール

<開校>2020年4月(2019年10月販売開始)

<販売対象>幼稚園・保育園・企業内託児所など

<特徴>1)英検(R)対策・英語プログラミングつき

2)外国人講師常駐

 3)園内開講(ECCが運営を請負う)

<受付>ECC幼児教育推進課ウェブサイトより

URL:https://www.biz.ecc.co.jp/youji/youji_pr/

<問い合わせ>ECC法人渉外事業部 幼児教育推進課

Tel :0120-386-144 (受付:平日9:00~18:00)

 

【ECC請負型英語学童スクール 運営について】

<対象>小学1年生~小学6年生

<料金>週5日、月額4万円台~(保護者負担額)

<時間>降園後~19:00 ※開校施設により変動

<運営>日本人スタッフ、外国人/日本人講師

<提供>英語(英検(R)対策含む)、英語プログラミング、教養科目、宿題サポートなど

 

●保護者アンケート ~約9割の保護者が「英語つき園内学童」を支持~

ECCが契約する幼稚園・保育園の保護者へアンケートを実施したところ、約9割の保護者が「園内に英語が学べる学童があったら通いたい」と回答。保護者ニーズの高いサービスであることが証明されました。

 

●2020年に教科化される英語、必修化されるプログラミングを基本サービス内で提供

2020年に正式教科になる英語、必修化が始まるプログラミングを基本サービス内で提供いたします。英語は4技能の育成だけでなく、小学生の受験者が年々増加している英検(R)の対策も実施。目安として、小学4年生で英検(R)準2級(高校中級程度)の取得を目指します。プログラミングの提供は、株式会社アーテックとの提携で実現いたしました。サイエンスやロボット、ものづくり系のコンテンツも展開する予定で、ECCのノウハウを組み合わせて外国人講師が英語で教えます。

 

▼ECC幼児教育推進課について

ECC幼児教育推進課は、全国の幼稚園・保育園・学童・自治体などの法人へサービスを提供する専門機関です。語学教育のスペシャリストとして、お客様の英語活動をさまざまな視点からサポートしています。札幌・埼玉・千葉・東京・横浜・名古屋・大阪・神戸・福岡の全国9拠点で活動を展開、2018年7月に30周年を迎えました。主力商品である「正課英語カリキュラム」「課外英語教室」では、幼稚園・保育園向け英語教育プログラム導入施設数7年連続No.1(※)を達成しています。(※)2012年度~2018年度主要7事業者における幼稚園・保育所向け英語教育プログラム提供施設数ベース(株)矢野経済研究所調べ 2019年8月現在

URL:https://www.biz.ecc.co.jp/youji/

 

▼株式会社アーテックについて

株式会社アーテックは、大阪府八尾市に本社がある教育機関向け教材開発・販売会社です。学校の準拠教材での採用実績があり、図工・理科・生活科など幅広いコンテンツを有しています。ゼネラルリサーチ社による「プログラミングスクール・教材調査」で5冠を達成。経済産業省主催の「第7回 ものづくり日本大賞」(2018年)において、ロボットプログラミング教育を推進したことにより、人材育成支援部門の特別賞を受賞いたしました。

URL:https://www.artec-kk.co.jp/

 

▼ECC幼児教育推進課 提供サービス

URL:https://www.biz.ecc.co.jp/youji/plan/

1)ECC正課英語カリキュラム(幼児・小学生対象)

●保育時間内に、年間20~40回のレッスンを行うプラン

・導入クラスのすべての園児・児童が対象

・日常の保育の中で、自然に楽しく英語を学べる

・発達段階に応じたカリキュラムに特長がある(幼児)

・英語で教科を学ぶCLIL(クリル)学習を取り入れている(小学生)

 

2)ECCジュニア課外英語教室(幼児・小学生対象)

●降園後に、希望者を対象にレッスンを行うプラン

・降園後の空き教室などで、ECCジュニア教室を開講する

・希望する園児・児童が対象で、4技能をバランスよく学べる

 

3)ECCパパッとえいご(幼児対象)

●タブレット教材を提供し、園の先生がレッスンを行うプラン

・導入クラスのすべての園児が対象

・タブレットをテレビに繋ぐだけで、園の先生がレッスンを行える

・定額制で毎日使用することが可能

 

4)ECCダンススクール(幼児対象)

●専門家と共同開発したECCオリジナルのダンスレッスンプラン

・正課・課外の2コース展開

・ダンスを通じて「表現力」を養うカリキュラム

 

5)ECC請負型 英語学童スクール(小学生対象) NEW

●英検(R)対策と英語プログラミングを基本サービスに含んだ、

請負型 英語学童スクール(2020校4月開校予定)



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社ECC
代表者名 山口勝美
業種 教育

コラム

    株式会社ECCの
    関連プレスリリース

    株式会社ECCの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域