バングラデシュの教育課題を「ものづくり教育」で解決したい! 阪大の学生団体が、CAMPFIREにて2019年9月29日まで支援受付中

本プロジェクトの最終目的は発展途上国の「教育の質」を改善することです。映像を活用した「ものづくり授業」を開催し、多くの発展途上国が抱える教育課題を解決することを目標に活動しています。今年11月にバングラデシュで予定している、現地学校での「ものづくり授業」開催のために皆様のお力を貸して頂ければ幸いです。

 

 

私たち学生団体Bamb-EEは、途上国の子供たちをより笑顔にするために「ものづくり教育」を普及させる活動を行っている学生団体です。

大阪大学の学部1年生から大学院修士2年生、そして留学生まで、専攻分野も工学や経済学、人間科学という多様なバックグラウンドを持つ阪大生によって構成されています。

この度、私たちは、クラウドファンディングサイトGoodMorning (CAMPFIRE) にて、バングラデシュでものづくり授業を開催するためのファンディングをスタートさせて頂きました。

もし可能でしたら、私たちのプロジェクトをご支援・拡散いただき、背中を押して頂けないでしょうか。
なんとしても11月にバングラデシュへ渡航し、ものづくり授業を実践・成功させたいとチーム一同思っています。どうかよろしくお願いいたします。

 

 

私たちBamb-EEの活動について

バングラデシュをはじめとする途上国では、教育制度等の問題から過度な暗記型教育が問題視されています。そこで、手を動かし創意工夫するものづくり授業を行うことにより、子供たちの考える力を養うことを目標に活動しています。

将来的には、日本の強みでもある「ものづくり」をベースとしたものづくり教育を世界中に普及させ、作ること・考えることの楽しさや大切さを伝えていくことを考えています。

団体公式Facebookページ|https://www.facebook.com/MonozukuriEducation/

 

プロジェクト概要

プロジェクト名 |バングラデシュの現地小学校で「ものづくり授業」を開催

URL |https://camp-fire.jp/projects/view/173476

目標金額 |1,000,000円

募集期日 |2019年9月29日まで (9月6日時点: 約25%達成)



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 学生団体 Bamb-EE
代表者名 高木雄司
業種 教育

コラム

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域