妄想や想いを実現させる場として、10月1日平野の町工場の中にビンテージカフェをオープン。クラウドファンディングで100万円支援のプロジェクトを実施中

大阪市平野区の創業60年以上の町工場で、人々が集う妄想や想いを拾って形にするカフェを作ります。プレオープンは9月21日でグランドオープンは10月1日です。全く飲食業の経験のないところからスタートして、工場を金属塗装をコンセプトにしたカフェに変身させていってます。クラウドファンディングにも初挑戦して、DIYで内装を作っていくと告知したところ県外からも参加者が集まってます。関西のDIY好きが集まり、インダストリアル感やビンテージ感をだして作りこみを現在進めています。8月15日、21日、24日にもDIYのイベントを行う予定で参加者も集まってきいます。妄想とかやりたいことがすぐに消えてしまうのを実現に向けて動ける人が集まれる場にします。

金属塗装の老舗である永和工芸株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:松本悦典)は10月1日(火)、金属塗装、インダストリアル、ビンテージをモチーフにしたカフェ「Café SaCueva(カフェ サクエバ)」をグランドオープンします。30年以上稼働していた工場の一部を閉鎖したことによって生じたスペースを利用するもので、現在、開店の資金調達のため、100万円を集めるプロジェクトをクラウドファンディングのFAAVO大阪において実施中です。

 

▼大阪の町工場が創る最高傑作のカフェ|FAAVO:https://faavo.jp/osaka/project/3828

 

▼永和工芸株式会社|公式サイト:http://kinzokutoso.com

 

 

■塗装会社の枠にとらわれない発想、クリエイティブな空間づくり

 

当社は創業から60年以上の塗装会社で、現社長は3代目です。今回のカフェプロジェクトは、2018年に創業以来続けてきた塗装ラインを閉鎖したことに始まります。経営の効率化、合理化を進める上で1つの建屋に生産を集約させた結果、建屋に空きが生じました。

 

こちらの塗装工場で長年金属塗装をしていました。

 

 

30年以上こちらで金属塗装が行われていました

 

その利用法について検討したところ、塗装会社という枠にとらわれずイベントやワークショップ、様々なアイデアはあっても実現が困難である人たちの背中を押してあげるために人々が集う空間、あるいは物販向けのスペースというクリエイティブなものにするのが良いという意見がでてきました。

 

そこで、これまでのカフェにはない金属塗装という製造業の一つの工程を店舗のコンセプトにしました。昼はカフェでのランチ営業、夜はバーの営業を行いながら、イベントやワークショップなどにも自由に広く使えるレイアウト。

 

これまで工場という中で何をしているのか分からなかったブラックボックスをオープンスペースのカフェとすることで、当社が何をしている、どんな会社なのかを周知することもできると考えました。工場の見える化やオープンファクトリーを目指します。

 

3月にカフェプロジェクトを開始。反響は大きく、フェイスブックのグループページは200名以上のメンバーとなりました。カフェと町工場という異色のコラボレーションに対する関心の高さが示されたのです。

 

場所は平野区、大阪市の東端。電車で東梅田から40分、難波から35分、天王寺から15分の地下鉄平野駅から徒歩15分という立地です。駐車場には5台以上とめられるスペースがあります。大阪市の中心部からも気軽に集まっていただける立地と言えるでしょう。

 

店名の「SaCueva(サクエバ)」はフランス語の“秘密”とスペイン語の“洞窟”をつないだ造語です。みなさまが集う“秘密の洞窟”のような存在になりたいという思いを込め、また、謎めいた名前が多くの人の興味を引きつけるのではないかと考えました。Saは本来Seになるのですが、発音しにくいのでSaCuevaとしています。

 

 

■クラウドファンディングは8月31日まで、内装のDIYイベントも予定

 

「Café Sa Cueva(カフェ サクエバ)」のオープンにあたっては、クラウドファンディングのFAAVOで100万円を調達するプロジェクトを実行することにしました。

 

オープンには設備に460万円ほどかかる計算です。そのうち100万円分の支援を募っております。オールイン方式で目標額に達しなくても、集まった金額が投資されます。期間は8月31日(土)までです。

 

<オープンにかかる費用>

内装 100万円

家具備品 60万円

空調設備 100万円

キッチン設備 70万円

水道ガス排水設備 100万円

広告 10万円

クラウドファンディング手数料 20万円

合計 460万円(*100万円は支援金から支出予定)

 

今後のスケジュールは以下のようになっています。グランドオープンは10月1日ですが、9月21日(土)にプレオープンの予定です。

 

 

8月18日、21日 DIYイベント

8月24日 DIY付き料理イベント(SaCueva内)

7月中旬〜9月中旬 内装、備品整備

9月21日 プレオープン

10月1日 グランドオープン

 

今後、内装については可能な限り自分たちと協力者を募って行うことを考えています。

 

7月のイベントでは永和工芸にあった廃材を利用して店舗奥にパーテーションと扉を製作を行い、最終日には滋賀、川西、神戸、枚方など遠方から参加者があつまりました。

 

さらに8月10日のイベントでも10名ほどの参加者があり、店舗の内装が進みました。デザインもプロにはできないアイデアが出てきてSaCuevaのコンセプトに基づいて話し合われながら進んでいます。

プロにはない感性でSaCuevaのコンセプトに合わせてパーテーションや壁の塗装をみんなでやりました。

その後も今回初めて集まってくれたグループでロゴや看板をどうしていくかなど、どうすればSaCuevaが良くなるかということがSNS上で話し合われてます。

 

もともと工場にあったものを最大限利用しています。

 

 

こちらの動画はカフェ予定地です。昔は多くあった工場も少なくなりほとんどが住宅になってしまいました。今の状態ではとてもできる感じはしないように見えます。工場の機械の一部は残してインダストリアル感を強調しています。

 

 
8月だけで内装のDIYイベントが5回予定しています。ここで一気に進めていく予定です。
 

永和工芸株式会社では半世紀以上、塗装業のみを行ってきました。塗装に関してはプロフェッショナルであり、多くのノウハウ、技術を持ち合わせていますが、飲食業は会社として全くの未経験分野です。しかし、未知の世界に挑戦し、平野に人が集い交流できるきっかけとなる場を作りたい。そこが夢の出発点となり、そのことによって地域に貢献したいという思いは強く、永和工芸株式会社自身が夢を持って新事業を開始します。

 

今後も多くの人に声をかけ、町工場カフェプロジェクトに少しでも多くの人を巻き込んでいけるようにしていく考えです。

 

 

【永和工芸株式会社について】

本社:〒547-0027 大阪府大阪市平野区喜連5-5-60

代表者:代表取締役社長 松本悦典

設立:1958年12月

電話番号:06-6709-2349

URL:http://kinzokutoso.com

事業内容:

・金属塗装

・塗装前処理

・亜鉛メッキおよび後処理

・塗膜剥離



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 永和工芸株式会社
代表者名 松本悦典
業種 その他製造業

コラム

    永和工芸株式会社の
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域