セツロテックが徳島大学に新株予約権を寄附

ゲノム編集受託サービスを提供する株式会社セツロテック(本社:徳島県徳島市、代表取締役:竹澤慎一郎、以下「セツロテック」という。)は、国立大学法人徳島大学(所在地:徳島県徳島市、学長:野地澄晴、以下「徳島大学」という。)に対し新株予約権を寄附することに合意しました。

【これまでのセツロテックと徳島大学の連携】

セツロテックは、「ゲノム編集産業を開拓する」とのビジョンのもと、徳島大学発の受精卵エレクトロポレーション法、Viking法を中心に、これまで培ってきたゲノム編集技術の活用により、製薬会社や大学の研究者に利用していただく研究支援サービスを展開しています。これら技術は創業者の竹本龍也、沢津橋俊らが徳島大学の研究者として発明した技術であり、設立当初より徳島大学発ベンチャーの認定を受け、徳島大学内に本社を設置して事業展開をしてきました。

 

【新株予約権を徳島大学に寄附】

この度、セツロテックではこれまでの徳島大学からの各種支援に対し、徳島大学を引き受け先とする新株予約権を付与し、寄附することを決定しました。本件は大学による大学発ベンチャーの株式・新株予約権取得に関し、内閣府が提供する「研究開発法人及び国立大学法人等による成果活用事業者に対する支援に伴う株式又は新株予約権の取得及び保有に係るガイドライン(平成31年1月17日)」に準じて実施されたものであり、徳島大学として新株予約権の寄附を受けた第一例目の事例になります。

 

<参考>

科学技術基本法・科学技術・イノベーション創出の活性化に関する法律

https://www8.cao.go.jp/cstp/cst/kihonhou/mokuji.html

 

【セツロテックについて】

セツロテックはゲノム編集受託サービスを提供する徳島大学発ベンチャー企業です。セツロテックは、徳島大学で受精卵エレクトロポレーション法(GEEP法)による高効率ゲノム編集技術を開発した徳島大学教授の竹本龍也(代表取締役会長CTO兼徳島大学教授)と、培養細胞のゲノム編集技術を開発した徳島大学特任講師の沢津橋俊(取締役CSO兼徳島大学特任講師)らの技術を事業化することを目指し2017年2月に設立した会社です。

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社セツロテック
代表者名 竹澤 慎一郎
業種 農林水産

コラム

    株式会社セツロテックの
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域