ならコープでんきは固定価格買取制度(FIT)終了後の太陽光発電の電気を最大12円/kWhで買い取ります!

ならコープでんき(株式会社CWS)は、奈良県内のご家庭を対象に、設置より10年を経過し、固定価格買取制度による買取期間が終了(卒FIT)したご家庭の太陽光発電で発電した電気(余剰電力)を、最大12円/kWh(税込)で買い取ります。

★2019年11月以降、設置より10年経過した家庭の太陽光発電の電気を買い取ります。

奈良県内のご家庭を対象に、設置より10年を経過し、固定価格買取制度による買取期間が終了(卒FIT)したご家庭の太陽光発電で発電した電気(余剰電力)を、最大12円/kWh(税込)で買い取ります。

(詳細添付資料ご覧ください)。

※関西電力による買取価格 8円/kWh  大阪ガス 最大9.5円/kWh

該当するご家庭からの買取申込受付を、

・ならコープでんきホームページ https://denki.cwsnara.co.jp

  内の特設ページ

・ならコープコールセンター

 固定電話 0120-577-039(受付時間平日8:30~21:00、土曜日8:30~18:00)

携帯・IP電話 0743-68-3100(同上)

で先行受け付けます。

 

本年度、県内300世帯、ご家庭から約1メガワットの太陽光発電の電気を買取し、買い取った電気を「ならコープでんき」の電源として活用し、エネルギーの地産地消を実現します。

 

★これからも太陽光発電を安心して続けられるようサポートします。

発電したでんきをこれまで以上に自家消費したいご家庭に、ならコープグループの関連会社(コープエナジーなら)を通じて蓄電池等の導入や、家電製品の使い方の提案を行います。

 

★ならコープでんきは地産地消の電気を奈良県内にお届けしてきました。

ならコープでんきは、奈良県内で発電された太陽光発電や、東吉野のつくばね小水力発電所の電気を中心に、40%以上をFIT電力(再生可能エネルギー)から調達して、奈良県内の家庭にお届けしています。また、下北山村小又川水力発電所更新など新たな地産地消発電所の開発を行っています。

 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社CWS
代表者名 石田 哲夫美
業種 エネルギー・素材・繊維

コラム

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域