観光公害対策、文化財保護の両立を目指す東京カメラ部は「仁和寺の風景を未来に残すプロジェクト」第一弾として、京都仁和寺開催「青もみじライトアップ」をプロデュース

「写真による地域創生」を目指す東京カメラ部は、日本最大級の審査性写真投稿サイトを主にSNS内で運営していることもあり、自治体などと協同で、SNS時代に生まれる「観光公害」や「文化財保護」問題への解決策として「写真撮影マナー」、「撮影環境の整備」に取り組んでいます。この取組の一環として、東京カメラ部は世界遺産でもある京都仁和寺と「仁和寺の風景を未来に残すプロジェクト」を発足、その第一弾として世界遺産である京都仁和寺にて開催される「青もみじライトアップ」(2019年6月6日から6月16日)をプロデュースいたしました。

近年、一部の撮影者による周囲への配慮が不足した撮影行為などが原因となって写真撮影が禁止・制限される傾向がみられます。また、SNSで人気を博した撮影地に多くの観光客が集中しすぎることで住民の生活に支障をきたすケースも生まれています。

 

ファン総数420万人以上と日本最大級の審査性写真投稿サイトとなった東京カメラ部は、1-2万作品の写真を毎日投稿いただいております。そして、東京カメラ部がSNS内を中心に紹介させていただく写真の延べ閲覧者数は2016年には年間4.5億人*を超えました。この状況を受けて、東京カメラ部は、自らのSNSでの受信・発信が、「写真による地域創生」に加えて、撮影者のマナーに一定の影響力を持つ可能性があると判断しました。そのため、SNS時代に適応した「撮影マナー」のあり方や、マナー問題や観光公害問題発生を未然に防止するための「撮影環境の整備」に微力ながら取り組むことで、写真家が素晴らしい作品を後世に残せる環境の維持・発展を目指すことといたしました。

 

その第一弾として、2017年に、「自然・景観写真」における「撮影マナー」と「撮影環境の整備」に関して北海道美瑛町との取り組みを開始しました。そして、2018年には「街・文化財写真」における「撮影マナー」を、仁和寺ご協力の下に撮影マナーのたたき台を作成した後、マナー問題発生を未然に防止するための「撮影環境の整備」を目指して「仁和寺の風景を未来に残すプロジェクト」を仁和寺と発足しました。

 

この度、本プロジェクトの第一弾として、京都仁和寺の青もみじライトアップを2019年6月6日から6月16日に開催することとなり、文化財保護や観光公害を生み出さないことを前提とした上で、写真を撮りやすい明るさやライトの位置などを工夫した環境設計などをプロデュースいたしました。

 

国宝の仁和寺金堂(試験点灯時に撮影されたもののため本番とは異なる可能性があります)

 

この取り組みを通じて、東京カメラ部は、「街・文化財写真」における「撮影マナー」の周知をはかるとともに、仁和寺の環境を守りながら、写真家が素晴らしい仁和寺を被写体とした作品を後世に残しやすくすることを目指します。また、仁和寺においては、継続的に取り組んでいる境内の正確な記録写真に加えて、仁和寺の環境を守りながら、不特定多数の写真家による多様な視点での多くの写真を残すことを目指します。

 

この仁和寺での「青もみじライトアップ」は、社会的な注目を浴びる観光公害と文化財保護の両立を目指す試験的な取り組みです。仁和寺と東京カメラ部ではこの取り組み結果を踏まえて、2019年秋には「紅葉ライトアップ」を実施する予定です。観光立国を目指す日本において、観光公害を抑制しつつ、その観光資源の中核をなす文化財の保護を促進することは社会的な意義を持つものであると、仁和寺と東京カメラ部は考えております。皆様方におかれましては、ぜひこの機会に現地にお越しいただき、その対策の実際について取材いただけますと幸いです。

 

*4.5億人:東京カメラ部とその分室がタイムラインで紹介している作品の2016年延べリーチ(閲覧者)数。2018年のリーチ数は9億人。(Facebook、Instagram、Twitterインサイトに基づく)

 

【仁和寺青もみじライトアップ概要】

開催日時  :      2019年6月6日から6月16日 19:00-22:00(18:00受付開始)

開催場所  :      京都仁和寺

               京都府京都市右京区御室大内33

参加費       :   2000円(運営費、文化財保護費)

販売期間 :      2019年5月29日から6月16日

販売時間: 開催前9:00〜17:00、開催期間中9:00~21:00

販売場所 :      仁和寺正門横の受付

 

▼青もみじライトアップイベント概要ページ

https://ninnaji.tokyocameraclub.com/aomomiji2019/

 

 

<東京カメラ部株式会社とは>

国・地方自治体を始め、大手カメラメーカーを始め、家電、旅行関連などの大手企業などのFacebook、Instagram、Twitterなどのソーシャルメディアアカウントの運営受託サービスを提供しています。

 

自社アカウントである「東京カメラ部」をゼロから立ち上げ、運営開始から6年で延べファン総数400万人と日本最大級の審査制写真投稿サイトに成長させたノウハウを生かして、「Visit Japan」や地域創生プロジェクト、大手企業の写真を活用したソースシャルメディア運営、プロモーションを成功に導いています。

 

東京カメラ部地域支援プロジェクト

https://localgov.tokyocameraclub.com/

 

東京カメラ部

https://corporate.tokyocameraclub.com/

 

 

<仁和寺とは>

 

仁和寺は第59第宇多天皇が先帝の遺志を継がれて、仁和4年(888)に創建された京都府京都市右京区御室にある真言宗御室派総本山の仏教寺院です。広大な境内には国宝の「金堂」をはじめ、重要文化財の「五重塔」「御影堂」「観音堂」や、御殿内の「遼廓亭」「飛濤亭」などがあります。皇族や貴族とのゆかりが深かったため「仁和寺御殿」といわれる御所風建築物が特長です。平成6年には「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されています。

 

http://www.ninnaji.jp/



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 東京カメラ部株式会社
代表者名 塚崎秀雄
業種 ネットサービス

コラム

    東京カメラ部株式会社の
    関連プレスリリース

    東京カメラ部株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域