プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,702社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

パリやヨーロッパでのエンゲージメントフォトや思い出をもっと身近にもっと素敵に!

Sasukephotography

! 2019年5月9日 11時

せっかくの海外旅行、どうせなら自撮り棒だけではなくプロのカメラマンに依頼してワンランク上の写真を残しませんか? 恋人同士ならステキな街並みでエンゲージメントや前撮りを!友人同士の楽しい思い出も普通じゃ撮れないステキな一枚を! そんなサービスをパリを拠点に開始します! https://camp-fire.jp/projects/view/152996

【はじめに】

はじめまして。 

私はフランスの専門学校で写真を学び、現在大阪でさすけ(https://www.instagram.com/sasukephotography)という名前でブライダルフォトグラファーとして活動しています。

今年の6月からパリへ行き、そこでまだあまり一般的ではないトラベルフォトや、旅先でのエンゲージメントフォトをもっと身近に感じて頂きたいと思って計画を立てています!

7月にはこれらのさサービスを本格的にスタートする予定です。

その渡航費用の支援をお願いしたく、クラウドファンディングを開始致しました。 よろしくお願いします!

https://camp-fire.jp/projects/view/152996

 

 

【背景】

数年間勤めたブライダルカメラマンの会社を辞め、今年独立し今後は以前に縁のあったフランスで自分の写真で何かをしたいと考えていた時、以前友人カップル二人との旅行の時に撮っていた写真がなんだか素敵だった事を思い出しました。

非日常の旅行は何を撮っても新鮮で楽しい思い出を残せる事は間違いないと思います。

しかし見返してみると自分たちで撮った写真はどちらかがいなかったり、自撮り棒ではちょっと物足りなかったり…

そんな時に写真の上手な友人が一緒に旅の素敵な写真を撮ってくれる、そんな距離感のサービスができたら楽しいんじゃないかと思いました。

 

勿論ブライダルフォトも続けたいと考えており、パリにある撮影会社とコンタクトを取り、今後の撮影依頼を任される事になりました。

そこで先方との話し合いから繁忙期に入る6月に渡仏する予定となったのですが、独立したての事もあり、渡航費・アパートの保証金・現地でのとりあえずの生活費が満足に用意できていない状態です。

 

旅先として人気の高いフランスを拠点にし、まだあまり一般的ではない身近に楽しめるトラベルフォトや旅先での素敵なエンゲージメントフォトを提供したい!

ただタイミングが自分の思惑よりも早まった為金銭的な面で困った部分をサポートして頂きたい。

これがこのプロジェクトを立ち上げた理由です。

 

 

【製品・サービスの概要】

2019年7月5日スタート予定。

パリを中心にヨーロッパでのエンゲージメントフォト、恋人や友人同士のトラベルフォトを現役ウェディングカメラマンが撮影するサービスです。

現役で日本最大手のブライダル撮影会社に所属する経験豊富なプロカメラマンによる撮影がリーズナブルに受けられます。

 

 

【今後の展望】

これまで東京や大阪、京都で様々な大手結婚式場やホテルで結婚式や前撮り等の撮影を行ってきました 。

またカップルのトラベルフォトやエンゲージメント写真も沢山撮影しています。

今後契約する予定の会社の依頼では店舗のあるパリ・フィレンツェ等を中心に日本から来る方達のヨーロッパ全土でのフォトウェディングの撮影を行っていきます。

また今回クラウドファンディングを募った理由となっている個人のプロジェクトの一つとしてヨーロッパへ旅行に来るカップルの方のエンゲージメントや、友達同士の思い出写真をもっと身近にし、プロだからこそ残せる素敵でドラマチックな写真を撮っていきたいと考えています。



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

Sasukephotography

代表者名

佐藤亮祐

業種

旅行・観光・地域情報

プレスリリース情報

ジャンル

その他サービス

カテゴリ

サービス

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る