プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,660社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

ドローン総合サービスのFLIGHTSがAirsight Australiaと提携 IMU(ジャイロセンサー)を用いた高精度・低価格帯LiDARシステムの提供開始

株式会社FLIGHTS

! 2019年4月25日 16時

ドローン総合サービス事業を行う株式会社FLIGHTS (本社 : 東京都品川区、代表取締役 : 峠下 周平) は、Airsight Australia(本社:オーストラリア)と提携し、LiDARシステム「NextCore RN50」の提供を開始します。

Airsight Australiaが開発したLiDARシステム「NextCore RN50」は、正確なIMU(ジャイロセンサー)とGPSを統合したシステム構成のため、高精度で低価格を実現しています。IMUを用いたLiDARシステムは、これまで1,000万円超の高価格帯でしたが、「NextCore RN50」は、低価格での提供が可能なため、当社では600万円台で販売いたします。

 

本年6月より、当社は全国各地で、「NextCore RN50」のデモンストレーション、製品説明会を実施します。また、運用時の保守パックも準備し、国内のLiDARドローンの普及に貢献してまいります。

 

【LiDARシステム「NextCore RN50」の特長】

高精度でありながら低価格を実現

・正確なIMU(ジャイロセンサー)とGPSのシステムを統合したシステム構成により高精度に。

・ハードウェア部分にQuanergy社製「M8 LiDAR ユニット」を採用することで、低価格を実現。

 

既存の低価格帯LiDARドローンの課題に対応

・既存の低価格帯LiDARドローンはIMUを使わないGNSSのみで位置姿勢推定を行う測位方式を採用。そのため、IMUを使ったLiDARシステムより精度が劣る課題があった。

・「NextCore RN50」は、正確なIMUを使用するため、従来のLiDARシステムと同性能を実現。

 

GISエンジニアの必要なく自動でデータ処理が可能

・Airsight Australia開発のデスクトップ仕様のソフトウェアと、クラウド型のソフトウェアを提供。

・アップロードするだけで、自動でデータ処理されるため、GISエンジニアが不要。

 

DJI製「Matrice600 Pro」に搭載可能

・汎用機であるDJI製「Matrice600 Pro」搭載設計。

・重量2.5kgと軽量のため、最大23分の飛行時間を確保。

 

距離精度5cm以内・最大50haのスキャンが可能

・毎秒420,000ポイントのデータ取得し、秒速10mの単一フライトで、距離精度5cm以内・最大50haのスキャンが可能。

 

 

「NextCore RN50」で捕捉された点群
(DJI製 Matrice600 Pro搭載・1フライト)

 

DJI製 Matrice600 Pro搭載「NextCore RN50」  

LiDAR搭載ドローンとは

航空機搭載型に比べ、安価で近接したデータ取得が可能

・ドローン搭載により安価になり、維持管理も楽に。

・余分なデータを取得せず、広範囲の点群化を実現。

・樹木の下の地表面データに対する3次元測量が可能。

 

急速に拡大しているLiDAR搭載ドローン市場

・2017年に20億円規模と評価され、2023年までに226億円規模の市場に成長すると予測されています。

(出典元:Mordor Intelligence LLP著「世界のLiDARドローン市場」 )

 

LiDARシステム「NextCore RN50」スペック

詳細:https://flights-construction.com/airsight/

 

 

LiDARシステム「NextCore RN50」

 

Airsight Australiaについて

Airsight Australiaは最先端の空間情報システム及びサービスを提供しています。特にドローンを使用した検査、マッピング、空撮ビデオ、写真などを様々な分野に提供しています。

同社CTO Aaron Hoye氏は以前、下記のコメントをしています。

「ドローン搭載型Lidarシステム市場を見渡した時に、必要とされる性能で、かつ我々が提供できる低価格でのLidarシステムが、世界に存在していないことにすぐ気付きました。そのため顧客の要望に沿うようにシステムを開発をしてきました。また、アップロードするのみで自動データ処理がされる設計にしたため、顧客はGISデータの専門家である必要がないという強みもあります。」

 

株式会社FLIGHTSについて

当社は、土木・農業・点検を注力分野として、商業用ドローンの利活用に必要な「運用・内製支援・機体/システム開発・販売・保守」を展開しています。

所在地:〒140-0001 東京都品川区北品川1-9-2 TOKYO YBビル2F

代表者:峠下 周平

設 立:2016年3月4日

資本金:362,245,322 円(資本準備金を含む)

H   P:https://flightsinc.jp/

 

LiDARシステム「NextCore RN50」 お客様お問い合わせ先

TEL : 050-3628-2246(担当:大橋)

E-Mail :  info-sokuryo@droneagent.jp

HP : https://flights-construction.com/airsight/

 

本プレスリリース:Airsightリリース_HP.pdf



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社FLIGHTS

代表者名

峠下 周平

業種

精密機器

プレスリリース情報

ジャンル

建築

カテゴリ

製品

この企業の関連プレスリリース

農薬散布ドローン「FLIGHTS-AG」がJA全農山形主催「わくわく農業応援祭ビックフェア2019」に出展 デモフライトも実施 6月8日(土)・9日(日)
! 2019年6月7日 8時
産業向けドローンサービスのFLIGHTSと東京海上日動が連携 国内初の複数メーカー対応の「WEB加入型ドローン保険」スタート 保険加入者にオンライン安全講習提供
! 2019年6月4日 14時
高性能かつ低価格を実現した農薬散布ドローン「FLIGHTS-AG」 西日本最大の農業総合展「第3回 農業Week大阪」に出展
! 2019年5月14日 16時
ドローン総合サービスを提供するFLIGHTS 品川区と災害時におけるドローン活用に関する協定を締結
! 2019年4月16日 11時
農業従事者の声を元に高性能かつ低価格を実現 日本製 農薬散布ドローン「FLIGHTS-AG」発売
! 2019年3月4日 15時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る