令和初のゴールデンウィークにロボットが羽田空港国際線で活躍!- 羽田空港国際ターミナルの飲食店での案内業務にロボットを活用した実証実験を開始 -

株式会社シャンティは、自社ロボットソリューションである医療説明支援システム「パラメディS」を活用して、4月27日から5月31日まで羽田空港国際線ターミナル4階にあるラーメン店「せたが屋」にTAPIAとKebbiの2種類のロボットを設置し、訪日外国人を含む来客者に対して、食券の購入を促す案内をロボットたちにさせる実証実験を開始します。パラメディSはロボットの動きやセリフを制御するコンテンツマネージメントシステム(CMS)であり、現在国内ので6種類のロボットに対応しており、多言語にも対応しています。

株式会社シャンティ(代表取締役 稲垣幹矢)は、自社ソリューションであるパラメディSを活用して、4月27日から5月31日まで羽田空港国際線ターミナル4階にあるラーメン店「せたが屋」にて、TAPIA(MJI製)とKebbi(NUWA Robotics製 *1)を設置し、訪日外国人を含む来客者に対して、食券の購入を促す案内などをロボットたちにさせる実証実験を開始します。

 

*1今回のNUWA Robotics社製のKebbiは、日本代理店である三信電気株式会社から提供されており、音声合成エンジンは4言語ともHOYA株式会社のVoice Textを利用しています。

 

Kebbi

 

TAPIA

 

パラメディSは、患者に対して行われる医療説明の中で、毎日繰り返し説明される業務をロボットに代行させるためのコンテンツマネージメントシステム(CMS)であり、白内障手術をはじめとした説明を全国の病院で提供しています。また今回利用するTAPIA、Kebbiだけでなく、pepper(ソフトバンク製)、Xperia Hello(SONY製)、RoBoHoN(SHARP製)、PLEN CUBE(Plen Robotics製)の6種類のロボットに対応した国内唯一のロボット向けCMSです。

 

 

今回、株式会社せたが屋(代表取締役 前島 司)と共同で、パラメディSの多言語対応機能を活用し、飲食店向けのロボットの導入効果を検証します。

 

実証実験の詳細は以下の通りです。

 

【実証実験詳細】

 実証場所:せたが屋 羽田国際空港店(羽田空港国際線ターミナル 江戸小路4階)

 実証時期:2019年4月27日〜5月31日

 実証ロボット:TAPIA(MJI製)、kebbi(NUWA ROBOTICS社)

 実証内容:日本語・英語・韓国語・中国語において以下の説明を実施

     (1)せたが屋ラーメン紹介

     (2)食券購入方法案内

     (3)LINEアカウント登録案内

     (4)ラーメン占いによる商品紹介

羽田国際空港店舗での設置の様子

 

実証実験の結果を踏まえて、パラメディSの医療分野以外への展開について検討をしていきます。

 

【本件に関するお問い合わせ先】

 企業名:株式会社シャンティ

 担当者名:近藤 幸一

 TEL:0368736419

 E-Mail:info@shanti-robo.co.jp

 Web  http://www.shanti-robo.co.jp

 

 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社シャンティ
代表者名 稲垣 幹矢
業種 その他非製造業

コラム

    株式会社シャンティの
    関連プレスリリース

    株式会社シャンティの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域