プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,685社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

エクサ、キナクシス、パートナーシップ強化により、デジタルサプライチェーン・デリバリ体制を更に拡充

株式会社エム・アンド・エル

! 2019年4月16日 11時

キナクシス・ジャパン株式会社と株式会社エクサは両社の協業体制を更に緊密にすることで、サプライチェーンソリューションの強化を図り、お客様に提供するビジネス価値の最大化を推進していくと発表しました。

2019年4月16日(火)東京発 - コンカレントプランニングをベースとしたデジタルサプライチェーンマネジメント(SCM)ソリューションRapidResponse(R)を提供するKinaxis(R) Inc.(TSX:KXS)の日本法人であるキナクシス・ジャパン株式会社(以下キナクシス)(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子 敏也)と株式会社エクサ(以下エクサ)(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員:千田 朋介)は両社の協業体制を更に緊密にすることで、サプライチェーンソリューションの強化を図り、お客様に提供するビジネス価値の最大化を推進していくと発表しました。

エクサは日本アイ・ビー・エム株式会社とJFEスチール株式会社を母体とするITサービス会社です。製造業界で30年に及ぶ実績を持ち、サプライチェーンマネジメントにおける包括的なコンサルティングサービス/ソリューションを提供し、上流のコンサルティングからシステム開発、サポート/メンテナンスまで幅広く手掛けています。エクサとキナクシスは過去10年以上にわたり協業を続け、ハイテク、消費財、産業機器の分野のお客様を中心にサービスを提供してきました。今回エクサがキナクシスの新たなパートナープログラム参加に同意したことにより、キナクシスの豊富なトレーニングおよび認定プログラムを利用することが可能になります。これにより、エクサはお客様のプランニング戦略の策定とビジネスおよび財務目標の達成を支援するためのサポート体制の充実を図っていきます。

エクサの代表取締役 社長執行役員、千田 朋介は次のようにコメントしています。「多様化するグローバル市場に対応すべく、昨今多くのお客様がサプライチェーン改革に乗り出しています。エクサは、10年以上にわたるキナクシス様とのパートナーシップを今回の協業体制でさらに強化します。よりスピード感を持ったお客様課題解決のご支援が可能となることで、お客様のビジネスの成長に貢献させていただきたいと考えています。」

キナクシス パートナープログラムは、専門のサポート、トレーニング、認定制度、並びにお客様へのソリューションデリバリ能力を高めるための各種のソリューション開発機能を提供するフレームワークで構成されています。プログラムに参加するパートナーは、キナクシスラーニングセンター、認定試験、キナクシスナレッジネットワーク(RapidResponseのプライベートのデモンストレーション/サンドボックス環境)、そして各パートナーの独自ソリューションの提供を支援するためのダイレクトな開発サポートといった各種のサービス/コンテンツにアクセスすることが可能になります。

「これまでのエクサ様との協業を通じて、同社のサプライチェーンに対する深い専門知識、アジア太平洋地区の市場に対する卓越した洞察、そしてカスタマーサクセスに対するコミットを実感してまいりました。キナクシス パートナープログラムに参加していただいたことは、両社の関係において重要なステップであり、エクサ様のRapidResponseに対するフォーカスとキナクシスとの協業を通じたビジネスの継続的成長へのコミットを体現しているものと思います」(Rich Lord、バイスプレジデント兼アジア太平洋地区/日本担当マネージングディレクタ、キナクシス)。

キナクシスについて

サプライチェーンの変動を完全に排除することは不可能ですが、管理することはできます。キナクシス(Kinaxis®)は多くの著名な企業に信頼され、業績を最大化するための判断に必要となる最善のサプライチェーンプランニングを支援しています。キナクシスは人とAIのコンビネーションにより、将来の計画、リスクとチャンスの監視、そして変化に対する迅速な対応により、ビジネスにおける複雑な問題を容易に理解できる方法で解決します。サプライチェーンのエキスパートで構成されるコミュニティのサポート、および独自のコンカレントプランニング技術と統合型プランニングプラットフォームを活用することにより、顧客の売上増並びにコストとリスクの削減を支援しています。キナクシスに関する情報はWeb、LinkedIn、Twitter、Facebookをご覧下さい。

エクサについて

株式会社エクサは、日本アイ・ビー・エム株式会社とJFEスチール株式会社を母体とするITサービス会社です。情報システムのコンサルティングから、企画・設計・開発・構築・運用・保守、アウトソーシング及びクラウドまでの各種サービスを統合的に提供しています。AI/Analytics、IoT、クラウドなどの先進的な技術・サービスをはじめ、上流のコンサルティングから開発・構築、運用・保守までの各種サービスを総合的に提供しています。製造業向けでは、設計・開発からサプライチェーン(需要予測、引合・受注、生産計画、生産、出荷)、設備管理の分野まで、様々なソリューションで実績とノウハウを持ち、お客様の経営・業務課題の解決を支援しています。

 

【本プレスリリースに関するお問合わせ先】

キナクシス・ジャパン株式会社

〒108-0075

東京都港区港南2-16-1

品川イーストワンタワー16階

Tel:03-6260-1880

 

株式会社エクサ

〒220-8560

神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-5  横浜アイマークプレイス2F

TEL:0120-934-863  E-mail:sol-promo@exa-corp.co.jp

URL:https://www.exa-corp.co.jp



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社エム・アンド・エル

代表者名

高橋 進

業種

その他サービス

プレスリリース情報

ジャンル

コンピュータ・通信機器

カテゴリ

提携

この企業の関連プレスリリース

Infoblox、今日のボーダレスネットワーク環境がもつ脅威への対策に最適な、シンプル化されたセキュリティプラットフォームを発表
! 2019年6月5日 11時
米国のTier1事業会社がグローバル規模のコネクテッドカーサービスにOpenetを採用
! 2019年5月23日 11時
ウォッチガード、専門分野別の資格の新規設定を含む新WatchGuardONEパートナープログラムを発表
! 2019年5月16日 11時
ウォッチガード、シンプルでスケーラブルなセキュリティの導入、管理、レポーティングを実現するMSP向け WatchGuard Cloudプラットフォームを発表
! 2019年4月18日 11時
Zerto、バックアップとディザスタリカバリ機能を統合することでデータプロテクション市場を刷新するZerto 7.0を提供開始
! 2019年4月17日 13時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る