プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,685社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

1200社の案件を徹底分析! 各国の人月単価は? 実際のコストダウン率は? 「オフショア開発白書 (2018年版)」の販売がスタート

株式会社Resorz

! 2019年4月12日 15時

株式会社Resorz(本社:東京都目黒区)が運営する、オフショア開発特化に特化したポータルサイト「オフショア開発.com」(URL:http://www.offshore-kaihatsu.com)は、2018年に寄せられた相談内容と海外のオフショア開発会社に行った調査結果を分析し、この度『オフショア開発白書(2018年版)』としてまとめ、販売を開始いたしました。


1200社の案件を徹底分析!「オフショア開発白書 (2018年版)」

https://www.digima-japan.com/event-news/lp/offshore_hakusho_2018/

 

■ 変化する “オフショア開発” 動向、キーワードは「ベトナム」と「リソース確保」

「オフショア開発」とはシステム開発やアプリ開発、ゲーム開発などを海外の開発会社にアウトソース(委託)することで、日本国内で開発するより大幅に開発コストを削減する手法のことを言います。近年、IT企業の約6割が「オフショア開発」を導入していると言われており、開発手法の一つとされています。

 

かつてコスト削減を目的に、主に中国の開発会社を受け手として広まったオフショア開発ですが、近年その目的は「リソース確保」へと移りつつあり、プレイヤーとしてもベトナム企業の台頭が顕著となっております。その理由や内訳、そしてその他の国の状況などを把握することは、これからオフショア開発を活用する企業にとっては重要なことでしょう。

 

■「オフショア開発」のリアルな情報を集めた「専門白書」の最新版!

そこで、オフショア開発の受発注プラットフォームである「オフショア開発.com」は、サイトへの問合せ状況や、各国のオフショア開発 200 社のネットワークをもとに、独自にアンケート調査を行い『オフショア開発白書(2018年版)』としてまとめました。「委託先国別ランキング」や「人気開発案件ランキング」「コストダウン比率」「国別の人月単価の比較」などについて、グラフなどを用い、分かりやすく記載しております。

 

本日より下記ページにて、こちらの白書の販売を開始いたしますので、オフショア開発をこれから検討される企業様や、オフショア開発に関わられている開発会社様は情報収集に是非、ご活用ください。

 

また、「オフショア開発を検討している企業様」には特別に期間限定で無料プレゼントキャンペーンも実施しております。詳細は下記ページを御覧ください。

https://www.digima-japan.com/event-news/lp/offshore_hakusho_2018/

 

■『オフショア開発白書(2018年度版)』概要

▼ 目次:

【第1部】2018年の「オフショア開発」動向

1.オフショア開発を検討している企業の規模・属性

- 変化するオフショア開発、「コスト削減」に加え「リソース確保」が主眼に

 

2.オフショア開発委託先国別ランキング

- ベトナムへの一極集中は続くも、「ポスト・ベトナム」の動きが見られる

- ミャンマー・バングラデシュが最右翼、ポスト・ベトナムの座は?

- 苦戦が続く、中国・フィリピン・タイへのニーズとは?

 

3.オフショア開発案件人気ランキング

- アプリ開発・WEBシステムが中心も、注目すべきは「業務・基幹システム」

- IoT・ブロックチェーン・AI、先端テクノロジーもオフショア開発の時代

- Webサイト制作・人材採用に関する相談も躍進! 今後ますます増加傾向か?

 

【第2部】オフショア開発を依頼した企業の実態調査(アンケート調査)

1.オフショア開発を検討した企業の発注率

2.実際のコストダウン率は?

3.オフショア開発の成功の秘訣

 

【第3部】オフショア開発企業の実態調査(アンケート調査)

1.オフショア開発企業の規模

2.オフショア開発先国別の人月単価

3.オフショア開発エンジニアの職種別・給与詳細

 

※ 本調査は弊社の運営する「オフショア開発.com」に対して2018年1月~12月に寄せられたオフショア開発に寄せられた相談、並びに「オフショア開発.com」を利用した企業に対するアンケートをもとに作成されています。オフショア開発市場全体を推計するデータではありますが、全てをカバーするデータではない点にご留意ください。

 

▼ 調査方法:インターネットリサーチ

▼ 対象国:中国/ベトナム/フィリピン/ミャンマー/バングラデシュ/インドネシア/インド /タイ

    ▼ 調査対象:オフショア開発会社・IT ベンダー・SIer(1200 社)

    ▼ 調査機関 : オフショア開発.com (株式会社 Resorz)

▼ 形式:PDF データ(電子データ)

    ▼ サイズ・分量:A4サイズ/全24ページ

    ▼購入方法:販売価格:3000 円(税込み)

こちらのページより購入ができます。

https://www.digima-japan.com/event-news/lp/offshore_hakusho_2018/

--------------------------------------------------------------------------

◆「オフショア開発.com」とは?

「オフショア開発.com」は海外でシステム開発やスマホアプリ開発のアウトソースに関する全ての情報が集約されたオフショア開発依頼のための専門ポータルサイトです。開発コスト削減や、業務の効率化、海外リソースの確保、開発スピード向上を目的に、現在、海外のオフショア開発企業200社以上と提携し、優良なオフショア開発のプロフェッショナル企業のみを紹介しています。

 

オフショア開発特化型アレンジ視察ツアー開催

http://www.offshore-kaihatsu.com/project/shisatu/

  ラボ型契約に特化したオフショア開発企業の無料紹介

 

http://www.offshore-kaihatsu.com/project/labo/

外国人エンジニアの紹介・派遣企業の無料紹介

http://www.offshore-kaihatsu.com/project/foreign/

  オフショア開発拠点の設立サポート

http://www.offshore-kaihatsu.com/project/seturitu/



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社Resorz

代表者名

兒嶋裕貴

業種

ネットサービス

プレスリリース情報

ジャンル

ビジネス・人事サービス

カテゴリ

研究・調査報告

この企業の関連プレスリリース

「Digima〜出島〜 海外進出白書(2018-2019年版)」発表 2,776社の課題から分析された「海外ビジネス 6つのトピック」とは?
! 2019年6月18日 17時
【海外ビジネスセミナー】世界で戦える企業とは? グローバルベンチャー「テラドローン株式会社」の海外戦略(6/26・水)
! 2019年6月11日 13時
【海外ビジネスセミナー】投資→回収までカバー! 海外ビジネスにおける資金調達「徹底比較」セミナー(6/19・水)
! 2019年6月11日 13時
【海外ビジネスセミナー】進出を《追体験》! ITベンチャーの「バングラデシュ」進出事例セミナー(6/14・金)
! 2019年6月10日 9時
【海外ビジネスセミナー】2700社超のデータを分析した『最新版・海外進出白書』を先行公開!『海外進出白書(2018-2019年版)』徹底解説セミナー(5/31)
! 2019年5月20日 9時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る