プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数55,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

植物育成球が、白くなった!!これからは、ピンクでなく白い光が主流になります。

有限会社クール

! 2019年2月11日 13時

LED照明の特徴は、特定の波長の光を追加して、希望する光を作れることです。光合成をする光として、青色の光と赤色の光が重要で、結果としてこの光はピンク色に成ってしまいます。LEDの光源で考えれば、白い光は青色のLEDチップに黄色の蛍光体が塗布されたもので、赤色のLEDチップを追加しても赤色が見えなければ、白い光の植物育成球だと言えます。特許出願中の応用ですが、LEDチップからの直接光源でなく、キャップ面をスクリーンとして仮想光源とすることにより、見た目が白色の植物育成球が完成します。白色ができることは、白色のLEDチップの色温度を変えることにより、電球色に見える植物育成球も同様に作れますので、LED照明のこれからの主流になる可能性も大いにあります。

農業向けLED照明(主として菊やいちご、大葉栽培に用いる栽培用LED電球)を手掛ける、有限会社クール(所在地:愛知県新城市豊栄1-185、代表取締役:寺田佳司)は、一般向けに白色の植物育成球販売を、2019年3月中旬より順次、主としてアマゾンにて、販売を開始します。

 

 

 

【背景】

 

7年ほど昔より、電照栽培に用いられる光源が、白熱球や蛍光球からLEDに変わると言われながら、満足がいく商品が見当たらなかったことにより、独自にLED照明の開発をはじめました。

中国の照明メーカーを利用し、自分の考えで企画した照明を形にし、生産者のところでテストする。

ここから低価格で高機能な農業向けLED電照球が完成したため、正式に今年から、豊川市のJAひまわりさんとも契約を結び、他方全国の生産者向けには、アマゾンを利用し、直販による商品の提供を始めます。

農業向けのLED照明も、基本は花芽抑制と光合成環境の提供で、植物育成球と同じことが望まれます。

幸い弊社の照明は、ピンクの光にしないから考えてきましたので、今回一般向けの商品を開発したところ、特許出願中の考えで、白い光の植物育成球が完成しました。

 

 

【製品・サービスの概要】

 

室内で簡単に植物が育てられる光源。以前から世界中で探されていた商品で、光合成は青い光と赤い光が必要だとばかりに、それを組み合わせたピンクの光を発する光源を、植物育成球とよんでいました。

今回光の解釈を見直し、ピンクの光に何を混ぜたら白い光になるかを考えたのです。

白い光ができれば、後はどのような光にでも染めることは可能です。

 

では、白い光の代表は当然白色のLED照明の光で、分光分布図を見ると青の波長の領域にピークがある曲線となっています。

植物育成球は、青い光と赤い光が混ざった照明だから当然のように、分光分布図を見れば青の波長と赤の波長にピークがある曲線となります。

この2つの分布図の違いは、白い光に赤い波長を出すLEDチップを追加すれば、問題解決するはずです。

特許申請していますが、人の目は波長により光を暗く感じ、直接光源を見せるのでなく、仮想の光源を見せることで全体の光を新たな光と感じ、ちょうど白色チップの色温度が下がり、赤の波長が増えたことで、演色値が向上するという効果を生み出します。

 

この製品は、白色のLEDチップと赤色のLEDチップを組み合わせることで、ピンクの光の育成球と比較し、余分な波長の光を出すために2割ほど効率は落ちますが、どのような光源への応用も可能で、今後の照明の標準になることも可能だと考えられます。

 

3月中旬以降、随時商品を販売予定です。

 

 

<3つの特長>

1:白い光なのに植物が育ちます。

今までは、多量の光を当てるか、ピンクの光を我慢して使わなければ、植物は育てられませんでした。

それが白い光で、今までよりずっと少ない量で、十分に植物が育ちます。

ピンクの光でないので、室内のどこに置いても、違和感は全くありません。

2:白のLEDチップの色温度を変えることで、照明の色が変わります。

色温度を変えることで、白の光源だけでなく、電球色の光源でも同じような光源が作成できます。

3:ベースの青のLEDチップの波長を変化させることで、近紫外線の発生も可能です。

ベースの青のLEDチップの波長を変更することで、近紫外線を発生し、ポリフェノールなど含む植物栽培での応用も考えられます。

 

【今後の展望】

 

農業向けのLED電球やLED照明の開発・販売を主力業務としつつ、生活の中での照明(植物との共生)を考えていきたいと思います。

 

【有限会社クールについて】

 

本社:〒441-1352 愛知県新城市豊栄1-185

代表者:代表取締役 寺田佳司

設立:1999年1月21日

資本金:300万円

Tel:0536-22-3481

Fax:0536-22-3623

URL:https://www.facebook.com/densyou/

事業内容:LED照明の企画・販売



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

有限会社クール

代表者名

寺田 佳司

業種

その他製造業

プレスリリース情報

ジャンル

その他製造業

カテゴリ

製品

この企業の関連プレスリリース

LED電照球の新しいビジネスモデル(新品購入時の3年間商品保障期間を、年間サービスとして継続提供)。
! 2016年5月23日 14時
家の中で年中イチゴが栽培できる。LED電照の白い光で、誰でも簡単にイチゴが栽培できます。
! 2016年1月25日 16時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る