プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,271社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

フェアトレードチョコレート使用量 国内トップクラスの「バニラビーンズ」、累計400トンを突破。SDGsの取り組み強化で2020年までに500トン挑戦。

チョコレートデザイン株式会社

! 2019年2月6日 10時

「チョコレートで世界を幸せに」を企業理念に掲げるチョコレートデザイン株式会社(代表:八木克尚、本社所在地:横浜市)は、2019年1月25日(金)を持ってフェアトレードチョコレートの使用量400トンを突破、2020年には500トンを目指し、「SDGs(持続可能な開発目標)」の取り組みをより一層強化してまいります。

ー 年間50トンのフェアトレードチョコレートを横浜から世界へ ー

 

チョコレートデザイン株式会社(以下、チョコレートデザイン)は、横浜発のチョコレートブランド「バニラビーンズ」を運営する、チョコレート菓子をメインとする洋菓子の製造・販売を行う会社です。

 

2坪の小さなプレハブから始まったチョコレートデザインは、カカオ原産国で起きている児童労働や低賃金労働などの環境を変えていきたいという八木の想いから2007年に国際フェアトレード認証カカオを使用したフェアトレードチョコレートを導入。当初は製造量も1トンにも満たなかったが次第に年間50トンまで増やすことに成功し、この度、大手流通メーカーのフェアトレードチョコレートの使用量に匹敵する累計使用量400トンを達成致しました。また、バニラビーンズ実店舗は累計来店者数50万人を突破し、ICA(International Chocolate Award)の受賞や食べログ百名店に選ばれるなど数多くの評価をいただいております。

 

 

バニラビーンズのロングセラー商品「ショーコラ」

 

ー 国内最高峰のサスティナブル・チョコレートを目指して ー

 

2000年3月1日に設立したチョコレートデザインは、来年2020年に20周年を迎えます。

今後はチョコレートデザインの大きな節目までに、500トン達成を目指すとともに、自社のCSRプロジェクト「カカオ農園のお母さん応援プロジェクト」をより発展させることで、私たちは食べる人、作る人、そして原産国の人々、チョコレートに関わる全ての人を笑顔にできるような「サスティナブル・チョコレート」を作り続け、持続可能な社会の実現を目指す所存です。

 

 

ガーナに小中一貫校を建設した「ガーナネクストスマイルプロジェクト」

 

 

ー 新設「カカオ農園のお母さん応援プロジェクト」とは ー

 

2017年に発足したバニラビーンズの当プロジェクトは、今後ガーナの約60名の女性を対象にカカオ豆の栽培に関する技術的、経済的なサポートを行ってまいります。

カカオ農園で働く若い女性には、低賃金労働や男女差別を受けているなどの問題が現在も存在し、母親として家庭を支えることも困難な環境は、その子ども達が中学校や高校に上がれず満足に勉強ができないという状況をも生み出してしまいます。その状況下を打破するべく、バニラビーンズではお金を寄付するというのではなく、女性達と一緒に自立した生き方の基盤を作っていきたいと考えています。

 

 

 

2017年11月のスタート記念イベントでは、当店の人気商品「ショーコラ」1個あたり60円をプロジェクトの資金として組み立てる企画を実施し、およそ2週間で合計827万円の支援金を積み立てることに成功いたしました。そして2018年11月には実際にガーナの農園へ訪問し、これらの資金を使って女性にカカオの苗木を無償で提供するなど、現地の協力団体が中心となり、女性農家さんへのカカオの苗作りや木になるまでの育て方、収穫、発酵、乾燥のプロセスまでをレクチャー。チョコレートデザインは、「いつかは自分のカカオ農園を持ちたい」「家族を支えたい」そんな意欲的で大きな夢をたくさん語る女性達の希望を胸に、今後も美味しいチョコレートを作り、お客様にお届けすることでカカオ原産国へ利益を還元し、世界の人々に寄り添えるチョコレートメーカーであり続けます。

 

 

また、会社設立当初から「サスティナブルであること」を経営に取り入れてまいりましたが、今回SDGs達成に貢献できるよう、さらなる飛躍を目指してまいります。今回のプロジェクトを続けていくことで 具体的には「国境を超えた人材育成」「ジェンダー平等の実現」「公平な事業展開」を積極的に推進し、チョコレートデザインは昨今も生産量が増え続けているカカオ産業の改革を目指します。

 

 

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは

…2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

 

ー VANILLABEANS店舗情報 —

 

鎌倉店

2019年2月7日(木)オープン!

〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-2-2

営業時間 10:00-18:00(CAFE L.O 17:00)・水曜定休

JR横須賀線/江ノ島電鉄「鎌倉駅」徒歩7分

 

みなとみらい本店

〒231-0002 神奈川県横浜市中区海岸通5-25-2

営業時間 11:00-19:00(CAFE L.O 18:00)・水曜定休

みなとみらい線「馬車道駅」4番出口徒歩3分

 

川崎店

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町26-2-1042

営業時間10:00-21:00(CAFE L.O 19:00)・年中無休

JR東海道線・京浜東北線「川崎駅」徒歩2分

 

会社概要

 横浜に本社を置くチョコレートデザイン株式会社(代表取締役:八木克尚(やぎ かつひさ))は2000年に設立し、ブランド「VANILLABEAS(バニラビーンズ)」を展開。「チョコレートで世界を幸せに」をモットーに、製品にはフェアトレードチョコレートのみを使用。当時、ネットショップでの菓子販売はまだ少なく先駆けとも言われていた「バニラビーンズ楽天市場店」では、現在も数々の賞を受賞。2014年には、みなとみらいに旗艦店、2015年には川崎店をオープン。現在は、チョコレート以外にも幅広くカカオの可能性を追求している。



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

チョコレートデザイン株式会社

代表者名

八木克尚

業種

食品関連

プレスリリース情報

ジャンル

食品関連

カテゴリ

企業の動向

この企業の関連プレスリリース

グローカルなチョコレート、神奈川のフルーツ農家と共にカカオ原産国の課題解決へ。横浜チョコレートのバニラビーンズ季節限定商品4月18日(木)より第一弾発売
! 2019年4月16日 10時
累計50万人の来場者数を誇るチョコレートブランド「バニラビーンズ」鎌倉店、2月7日(木)オープン。 Buddha×Chocolate 店舗限定販売
! 2019年1月25日 10時
年間7万人が訪れるチョコレートショップ「バニラビーンズ」鎌倉店が2019年2月上旬にオープン!
! 2018年11月28日 16時
世界中とクリスマスを祝おう! チョコレートブランド「バニラビーンズ」の クリスマスケーキ が10 月 11 日(木)に予約開始
! 2018年10月11日 13時
「食べる人も作る人もカカオ農家も幸せに」が企業理念のチョコレートデザイン株式会社が2015年5月、ガーナのセントラル州に約300人の児童が通う小中一貫校を建設。
! 2015年6月17日 11時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る