プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,677社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

アイビーシー、情報管理/性能監視ソフトウェアのバックアップシステム構築サービスを開始 〜 Arcserve UDPを用いたバックアップにより、重要情報を保護 〜

アイビーシー株式会社

! 2019年2月4日 17時

アイビーシー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:加藤 裕之、以下IBC)は、情報管理/性能監視ソフトウェア「System Answerシリーズ」で取扱う各種性能情報のバックアップを取得する「バックアップシステム構築サービス」を2019年2月4日より開始しましたのでお知らせいたします。

アイビーシー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:加藤 裕之、以下IBC)は、情報管理/性能監視ソフトウェア「System Answerシリーズ」で取扱う各種性能情報のバックアップを取得する「バックアップシステム構築サービス」を2019年2月4日より開始しましたのでお知らせいたします。

 

情報管理/性能監視ソフトウェア「System Answerシリーズ」では、基幹システムを含む企業内外の各種システムの稼働状況に関する情報を収集および蓄積しております。即時で性能問題が発生していないかを確認するだけではなく、月次や年次などの中長期にわたる稼働傾向を把握したり、上層部や経営陣に稼働状況を報告するためのレポートを作成したり、問題発生時には過去の稼働状況との比較をすることで原因を突き止めるなど、性能情報をもとにした様々な作業を行う必要に迫られることもあります。その際には、蓄積された過去の性能情報が適切に保管されていることが重要です。

 

そこで、IBCではarcserve Japan合同会社(本社:東京都千代田区、職務執行者社長:江黒 研太郎、以下Arcserve Japan)が提供する「Arcserve UDP(Arcserve Unified Data Protection)」を活用して、「System Answerシリーズ」向けの「バックアップシステム構築サービス」を開始しました。本サービスでは、「System Answerシリーズ」を新規に構築する際に、「Arcserve UDP」の構築から、バックアップ先の指定、初回バックアップ作業までを提供します。

 

「Arcserve UDP」は、一瞬も止めることが許されないビジネスの要件に確実に応えることができる次世代の統合バックアップ・リカバリ ソリューションであり、これまでArcserve Japanが培ってきたイメージバックアップ製品の技術が基盤となっています。Arcserveシリーズは、150か国以上の45,000社のお客様に対して、7,500以上の販売、ソリューションパートナーを通して導入されている非常に豊富な実績を誇る製品であるため、本サービスでの活用を決定しました。

 

本サービスの開始に伴い、バックアップからリストアまでの手順を解説したホワイトペーパーをIBCとArcserve Japanで共同作成のうえ、Arcserve Japanのホームページ内にある「カタログセンター」に公開しました。

 

【参考:System Answer G2/G3 バックアップ環境構築運用ガイド with Arcserve UDP v6.5 Linux(Arcserve Japanカタログセンター)】

https://www.arcserve.com/wp-content/uploads/2019/01/udp-v65-linux-opguide-sa.pdf

 

IBCは、Arcserve管理サービスプロバイダ契約締結により、Arcserve JapanがサービスプロバイダやISV(Independent Software Vendor:独立系ソフトウェアベンダー)などのMSP(Managed Service Provider:サービス提供事業者)向けに提供しているライセンスプログラムを利用することができるため、「System Answerシリーズ」以外のその他ソリューションで活用するお客様情報についても、Arcserve Japanの各種ソリューションを今後サービスとして提供していく予定です。

 

 

<企業情報 >

 

【アイビーシーについて】

IBCは、2002年の設立以来、性能監視分野に特化した事業を展開しており、ネットワークシステムの稼働状況や障害発生の予兆などを把握するネットワークシステム性能監視ツールの開発・販売およびコンサルティングを手掛けています。

 

社  名:アイビーシー株式会社

本  社:〒104-0033 東京都中央区新川1丁目8番8号 アクロス新川ビル8F

代 表 者 :代表取締役社長 加藤 裕之

設  立:2002年10月

事業内容:ネットワークシステム性能監視ツールの開発 / 販売 / サポート

     ネットワークシステムの性能評価サービス

     ネットワークシステムの設計・構築、コンサルティング

     各種機器、ソフト販売

 

【Arcserve Japanについて】

Arcserve Japanは、システムやアプリケーション、データなど業務遂行に欠くことのできないITインフラ全体に対して、包括的なバックアップ・リカバリ ソリューションを提供するデータ保護の専業ベンダーです。1990年の製品リリース以来、革新的かつ、実績あるバックアップソリューションの提供を継続しています。

 

社  名:arcserve Japan合同会社

本  社:〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング20階

代 表 者 :職務執行者社長 江黒 研太郎

設  立:2014年10月

事業内容:バックアップ・リカバリ ソリューションの提供

 

 

<本件に関するお問い合わせ>

 

■アイビーシー株式会社

電話 :03-5117-2780

E-mail:info@ibc21.co.jp

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

アイビーシー株式会社

代表者名

加藤 裕之

業種

コンピュータ・通信機器

プレスリリース情報

ジャンル

コンピュータ・通信機器

カテゴリ

サービス

この企業の関連プレスリリース

アイビーシー、Yellowfin、シースリーが自動レポート作成ツールの販売に関する協業を開始 〜 Yellowfinのエンジンを採用したオプションを販売開始 〜
! 2019年6月10日 17時
アイビーシーとAPRESIA Systems、製品連携によりバーストトラフィックを詳細に把握可能 〜 テレメトリーで収集したデータを容易にグラフ化 〜
! 2019年6月5日 17時
アイビーシー、IoTセキュリティ基盤サービスの実証実験支援サービスを開始 〜 環境構築や設定の手間を掛けずに、実験を開始可能 〜
! 2019年5月14日 17時
アイビーシー、IoTセキュリティ基盤サービスのホワイトペーパーを発表 ~ サービスの概要からユースケースの紹介まで分かりやすく解説 ~
! 2019年4月16日 17時
アイビーシー、無停止サーバーを用いた情報管理/性能監視ソフトウェアの冗長化構成パックを提供開始 〜 ハードウェア障害から重要情報を保護 〜
! 2019年4月3日 17時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る