プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数53,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

イーソル、ルネサス製産業用IoT機器向け「RX65N」マイコンベースのROS 2エンジニアリングサービスを提供

イーソル株式会社

! 2018年11月29日 10時

イーソル株式会社は、ルネサス エレクトロニクス社製の産業用IoT機器向けマイコン「RX65N」を使ったロボットシステム開発を支援する、ROS 2向けエンジニアリングサービスの提供を開始したことを発表します。ROS/ROS 2を利用した多彩な開発実績と、高い信頼性が求められる組込みシステム開発で培った豊富な経験と知見を活かし、OSS ベースの組込みシステム開発において、品質確保や機能安全対応なども視野に入れた商用化に貢献します。

2018年11月29日

報道関係者各位

イーソル株式会社

 

 

ルネサス製産業用IoT機器向け「RX65N」マイコンベースの

ROS 2エンジニアリングサービスを提供

 

~信頼性の高いロボットシステム開発の加速と商用化に貢献~

 

イーソル株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:長谷川 勝敏、以下イーソル)は、ルネサス エレクトロニクス社(以下ルネサス)製の産業用IoT機器向けマイコン「RX65N」を使ったロボットシステム開発を支援する、ROS(*1) 2向けエンジニアリングサービスの提供を開始したことを発表します。ROS/ROS 2を利用した多彩な開発実績と、高い信頼性が求められる組込みシステム開発で培った豊富な経験と知見を活かし、OSS(*2)ベースの組込みシステム開発において、品質確保や機能安全対応なども視野に入れた商用化に貢献します。

 

 

ROS/ROS 2は、複雑な分散処理システムの実現に最適なスケーラビリティを持つロボット制御フレームワークOSSです。近年、自動運転システムや高機能なロボット制御が必要とされる製造現場など、様々な分野で注目されています。分散処理やPublish/Subscribeメッセージングモデル、プログラミング言語非依存など、ROSの主要コンセプトを引き継ぐROS 2は、組込み機器を含むマルチプラットフォーム化やリアルタイム制御、耐障害性の向上、複数ロボット対応など、商用化・実用化に必要なコンセプトを追加して開発が進んでいます。特にメモリ制約の厳しいマイコン向けの通信ミドルウェアには、ROS 2向けに標準化が進む通信規格「DDS(*3)-XRCE(*4)」が採用されています。

 

ルネサスは、昨年に続きROS開発者が一堂に会する「ROSCon」に出展し、DDS-XRCEを同社のRX65Nマイコンに実装しROS 2の通信実証を行うデモを実演しました。これにより、ロボットシステムのエンドポイントに搭載されるセンサやアクチュエータ、モータを制御するソフトウェアの開発が可能になります。ルネサスは通信実証デモに使用したソースコードをOSSとして2018年第4四半期に一般公開する予定です。イーソルはルネサスが公開するOSSをベースに、RX65N向けのROS 2エンジニアリングサービスを提供する予定です。高品質や高信頼性が求められる組込みシステムでの豊富な開発実績に基づく知見やノウハウにより、ROS/ROS 2を使った組込みシステムにおける充実したサポートや品質確保を実現し、組込み機器へのROS/ROS 2活用と、商用化に向けた開発の加速を支援します。

 

 

イーソルは、今後ますます普及や拡大が予想されるロボットや自動運転システムなどの自律制御システムへのROS/ROS 2適用に向けて、豊富な経験と知見を活かしたエンジニアリングサービスや、ROS/ROS 2との親和性が高く自律分散協調システムに最適なスケーラブルリアルタイムOS「eMCOS」をベースとする「ROS on eMCOS」プラットフォームを提供します。これにより、商用化に向けた製品開発におけるリアルタイム性や信頼性の確保、機能安全対応を見据えた開発などの課題を解決します。

 

【提供サービス概要】

● ROS/ROS 2に関するエンジニアリングサービス

・ROS/ROS 2アプリケーション開発

・ROS/ROS 2と既存システムの統合(インテグレーション)

・ロボット制御用デバイスドライバ開発

・市販ロボットを使ったSLAM等の試作開発

・組込み用ROSの研究開発

  など

● ROS/ROS 2の特長を生かしたアプリケーション用SDKの構築

● ROS/ROS 2との親和性の高いeMCOSをベースとするプラットフォームの提供

 

ROS/ROS 2の組込みシステム向けの開発実績は、自動車や産業用ロボットなど多岐にわたります。2015年11月に開催された「あいち ITSワールド 2015」でデモ走行を行った自動運転車に採用された自動運転プラットフォームでは、ROS on eMCOSを搭載し、その上に自動運転システム用OSS「Autoware」を組み合わせて実現しました。また小規模な組込みシステムへのロボット技術応用事例として、イーソル製μITRON4.0仕様準拠リアルタイムOS上へのROS環境の構築や、ROS 2の通信機能の一部であるRTPSの実装などがあります。その他、ROSが提供するNavigation Stackと各種物体認識アルゴリズムを組み合わせた自律移動ロボット開発、センサデバイスのROS評価環境構築、産業用ロボット実験環境の構築に向けたWindows搭載PCとROSのブリッジ機能など、様々な分野での多彩な開発実績があります。

 

 

ルネサス エレクトロニクス株式会社 インダストリアルソリューション事業本部

シニアダイレクター 馬場 光男 様のコメント

 

「サービスロボットが普及する時代を見据え、ルネサスはロボット開発コミュニティにおける積極的な活動や、RXファミリ向けにROS 2実装で使用したソースコードの一般公開など、ロボット向けのソリューション強化に力を入れています。ROS/ROS 2の開発実績に加え、ミッションクリティカルな分野での豊富な開発経験および知見を持つイーソルが、ルネサスのOSSをベースとしたROS/ROS 2エンジニアリングサービスを提供することにより、RXファミリを使ったロボットシステム開発における品質の確保と商用化の加速に貢献してくれると期待しています。」

 

 

イーソル株式会社 取締役 ソリューションエンジニアリング事業部長 徳永 太 のコメント

 

「イーソルは、車載機器やモビリティ機器、製造装置など幅広い分野でROS/ROS 2の適用・応用を可能にするエンジニアリングサービスを提供し、ROS/ROS 2を利用した研究開発に加え、量産開発に向けた製品開発を強力にサポートします。」

 

 

---------

*1 Robot Operating System

*2 Open Source Software

*3 Data Distribution Service

*4 Extremely Resource Constrained Environments

---------

 

 

<補足資料>

▽ イーソル ホームページ:https://www.esol.co.jp/

 

* 記載された社名、団体名および製品名は商標または登録商標です。

 

■ 本リリースに関するお問い合わせ先

イーソル株式会社 エンベデッドプロダクツ事業部 マーケティング室

Tel : 03-5302-1360 / Fax : 03-5302-1361  e-mail : media@esol.co.jp

URL : https://www.esol.co.jp/



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

イーソル株式会社

代表者名

長谷川勝敏

業種

コンピュータ・通信機器

プレスリリース情報

ジャンル

精密機器

カテゴリ

製品

この企業の関連プレスリリース

イーソル、自律走行型自動運転技術の業界標準を目指す世界的な国際業界団体「The Autoware Foundation」に設立メンバーとして参画
! 2018年12月12日 10時
個々人の運転行動特性を学習しパーソナルな自動運転の「判断」モデルを生成するAIフレームワーク 「eBRAD(イーブラッド)」をイーソルが開発中
! 2018年9月28日 10時
Android搭載業務用端末・スマートフォン向けアプリケーション受託開発サービスの提供を開始
! 2018年7月4日 10時
海外現地法人 eSOL Europe S.A.S. 設立のお知らせ
! 2018年5月9日 10時
英Rapita Systems社とイーソルトリニティ、日本市場における販売契約を締結
! 2018年5月8日 10時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る