プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数53,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

【調査】居住地域は自然災害に強い?弱い?  居住地域の自然災害への強弱が気にならない人は1割超!

リビン・テクノロジーズ株式会社

! 2018年11月27日 15時

2018年は、大きな被害をもたらした自然災害が多い年でした。そこで、リビン・テクノロジーズ株式会社は、11月28日の「いい地盤の日」(地盤ネット総合研究株式会社制定)に合わせて、「リビンマッチ」を利用した20歳以上の男女全国480人を対象に「居住地域の自然災害への強弱」について調査しました。

【調査】居住地域は自然災害に強い?弱い?

居住地域の自然災害への強弱が気にならない人は1割超!

災害リスクは「ハザードマップで調べる」が1位、

2位は「不動産会社に聞く」

 

 

 2018年を振り返ると、「大阪府北部の地震」をはじめ、「平成30年7月豪雨」「平成30年台風第21号」「北海道胆振東部地震」など、大きな被害をもたらした自然災害が多い年でした。

 そこで、不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ(旧 スマイスター)」を運営するリビン・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:川合 大無)は、11月28日の「いい地盤の日」(地盤ネット総合研究株式会社制定)に合わせて、「リビンマッチ」を利用した20歳以上の男女全国480人を対象に「居住地域の自然災害への強弱」について調査しました。

 

【調査結果サマリー】

・ポイント1 居住地域が自然災害に強いか弱いか気にしない人は11.3%!

・ポイント2 3人に1人が災害リスクをハザードマップで検索。

・ポイント3 73.5%の人が気に入った所でも自然災害に弱いなら「諦めて他を探す」と回答!

 

「居住地域が自然災害に強いか弱いか『とても気にする』は48.6%、『やや気にする』も40.2%!」

 リビンマッチの利用者に「自宅の種別」を聞いたところ、『戸建て(所有)』(58.8%)、『マンション(所有)』(22.7%)、『戸建て(賃貸)』(3.3%)、『アパート・マンション(賃貸)』(10.0%)、『社宅・寮・官舎』(1.3%)、『実家』(4.0%)となりました。

 つぎに、自宅が「戸建て(所有)」「マンション(所有)」「戸建て(賃貸)」「アパート・マンション(賃貸)」の人に「居住地域が自然災害に強いか・弱いか気にするか?」を聞いたところ、『とても気にする』(48.6%)、『やや気にする』(40.2%)、『あまり気にしない』(8.4%)、『まったく気にしない』(2.9%)となりました。

 「あまり気にしない」または「まったく気にしない」と回答した人は、なぜ気にしないのでしょうか?『気にしても仕方ない』(35.3%)、『今のところ大丈夫だから』(31.4%)と楽観的な回答が多くみられ、つづいて『自分の住みたいところに住みたいから』(17.6%)、『先祖代々の土地だから』(7.8%)、『改良工事や基礎工事をしっかりするから』(3.9%)、『生まれ育った土地だから』『特に理由はない』(共に2.0%)となりました。

 

「災害リスクの調査方法トップ3は『ハザードマップで調べる』『不動産会社に聞く』『ご近所さんに聞く』」

 一方、「とても気にする」または「やや気にする」と回答した人に「居住地域の災害経験の有無や過去何だったかを調べるか?」聞いたところ、『両方調べる』(39.6%)、『災害経験の有無を調べる』(7.4%)、『過去何だったか調べる』(14.1%)、『両方調べない』(38.9%)となりました。

 どうやって調べているのでしょうか?最も多かったのは『ハザードマップで調べる』(31.7%)で、『不動産会社に聞く』(25.2%)、『ご近所さんに聞く』(24.5%)、『業者に頼む』(21.5%)、『専門サイトで調べる』(17.8%)とつづきました。また、『古地図で調べる』(13.6%)、『役所で調べる』(11.1%)、『図書館や資料館で旧地名の由来を調べる』(9.7%)、『法務局で調べる』(5.0%)、『その他』(0.5%)には「講演会等で勉強し確認した」など個人で本格的に調べる人もいました。

 

「73.5%が気に入った所でも自然災害に弱いなら『諦めて他を探す』!」

 では、もし気に入った所が自然災害に弱い地域にあったらどうするのでしょうか?『諦めて他を探す』が73.5%と最も多く、『改良工事や基礎工事をしっかりする』(10.9%)、『その近辺でマシな地域を探す』(7.9%)、『気に入ってしまったから仕方ないと思う』(4.2%)、『特に何とも思わない』(3.5%)となりました。

 このことから、気に入った所であっても、自然災害に弱い地域には住みたくないと考えている人が多くいることがわかりました。

 

<調査概要>

■調査期間:2018年10月4日~23日

■調査手法:インターネット調査(任意でアンケートに回答)

■集計数:「リビンマッチ」を利用した20歳以上の男女全国480人

※本リリース内容の転載にあたりましては「リビンマッチ調べ」という表記をお使いいただけますよう、お願いいたします。

 

 

<リビンマッチについて>

「住まいや住生活に関するマッチングサイト」という思いを込めた不動産サービス・価格比較のポータルサイト。2006年に運営を開始し、1,400社以上の不動産会社が加盟。不動産売却、不動産買取、賃貸管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅など幅広いサービスを提供。また、不動産業界の求人・転職情報サイト「リビンマッチ 不動産求人情報」や、不動産・住宅関連業界のビジネスパーソン向けの情報サイト「リビンMagaZine」など、不動産業界のビジネスパーソンもしくは不動産ビジネスに興味があるユーザー向けのサービスも提供。

URL:https://www.lvnmatch.com

※2018年11月15日より「スマイスター」は「リビンマッチ」にサービス名を変更いたしました。

 

<リビン・テクノロジーズ株式会社について>(旧社名:株式会社シースタイル)

所在地:東京都中央区日本橋堀留町1-8-12 さくら堀留ビル 8F

代表者:代表取締役 川合 大無

設立年:2004年1月

事業内容:不動産プラットフォーム事業(WEBテクノロジーと不動産を融合したプロダクトの開発と運営)

不動産バーティカルメディア / 不動産業務支援システム / 不動産業界向け人材サービス / インターネット広告

URL:https://www.lvn.co.jp



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

リビン・テクノロジーズ株式会社

代表者名

川合 大無

業種

ネットサービス

プレスリリース情報

ジャンル

不動産

カテゴリ

研究・調査報告

この企業の関連プレスリリース

ご近所さんとの助け合いを調査 戸建て居住者の約8割はご近所さんと助け合っている! わずか3.3%!「調味料の貸し借り」は絶滅寸前?
! 2018年12月11日 11時
不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」、「リビンマッチ」に名称変更
! 2018年11月15日 12時
【調査】不動産相続、子の気持ちと親の気持ち  所有不動産を「子どもに相続しない」親は2割!  子どもの6割は親の不動産を相続したい!
! 2018年11月13日 11時
【調査】中古住宅購入時に譲れない条件 中古住宅は「価格」と「周辺環境」で決まる! 買い替えの人ほど現在の住居への満足度が高い!
! 2018年10月23日 11時
近所には「スーパー」よりも「コンビニ」「銀行・ATM」があると便利50%超!   3人に1人が近所に便利なものがないと住まない!
! 2018年10月9日 11時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る