カップルの愛と絆がさらに深まる、シェアできるお財布「リボーンウォレット」に新作登場!夏をイメージした「青」と、冬をイメージした「赤」の2色を11月24日同時発売

エキゾティックレザーとは、ワニやトカゲといった特殊な動物から採取した皮のことを言います。このエキゾティックレザーの魅力を広め伝えていきたいとの想いから、2016年にリボーンは誕生しました。すべての工程を東京の職人がおこなう“メイドイン東京”にこだわり、高い品質とオリジナリティの追求を続けています。

エキゾティックレザーを使った個性的なお財布を提案するブランド・リボーンを展開する合同会社リボーン(本社:東京都台東区、CEO:高島成央)は、11月24日(土)より、“財布を超えた財布”がコンセプトのシェアウォレット「リボーンウォレット」の新作<空-SORA>と<ライチ-Litchi>の販売を同時にスタートします。価格は各12万9600円(税込)。「2つで1つの長財布」というコンセプトを前提とした2色同時発売は初の試みです。

 

 

▼<空-SORA>:http://rebone.tokyo/?pid=136942428

▼<ライチ-Litchi>:http://rebone.tokyo/?pid=137110087

 

 

■相手をさらに身近に感じる「2つで1つの長財布」、特許取得のシェアウォレット

「リボーンウォレット」は、お財布を夫婦やカップル、友人同士などで共有できる、今までありそうで無かったシェアウォレットです。お互いの片割れを持てば、より相手の事を身近に感じられるのではないかという想いから誕生した製品です。2016年に収納具として特許も取得しました。

 

 

リボーンウォレットが他の財布と決定的に違うところは、財布に取り付けられたオープンファスナーによって着脱自在にして組み換えが可能なところです。自分と大切な人と2人だけのお財布を持つことをコンセプトとした「2つで1つの長財布」です。試行錯誤を繰り返し、お財布単体としても究極のフォルムに辿り着きました。エキゾティックレザーやファスナー、裏地に至るまでこだわり抜いた素材を使用し、すべての工程を東京の職人が手掛けた“メイドイン東京”の高級長財布です。

 

 

▼ リボーンウォレットについて:http://re-bone.tokyo/2018/03/09/about-re-bone-wallet/

 

 

■「夏」と「冬」が繰り返すことで、「永遠」の想いをイメージ

今回新たにラインナップに加わるのは、青と白のお財布<空-SORA>と赤と白のお財布<ライチ-Litchi>の2色です。<空-SORA>のイメージは夏、<ライチ-Litchi>はクリスマスシーズンでもある冬をイメージしています。それぞれ単独としても完成された製品ですが、2人で「夏」と「冬」のお財布を持つことは、それぞれを組み替えた場合に夏と冬が繰り返される、つまり「永遠」を意味します。2人の想いが永遠でありますようにという願いを込めました。

 

 

これから2人で一緒に新しい人生を歩み始めるおふたりにピッタリな長財布であり、2人で共有することを前提とした「2つで1つの長財布」としての2色同時発売は初めてとなります。

 

【商品概要】

<空-SORA>

現生鳥類の中で最大級の鳥であり、アフリカ大陸で固有の独自性をもって生息しているオーストリッチの革と、淡水に生息するウロコを持たない特殊な蛇カロングの革を使って、「飛べない鳥、オーストリッチが思いを馳せる“空”」を表現。アウターの青いオーストリッチと、インナーの白いカロングのコントラストが美しいお財布です。

 

 

 

<ライチ-Litchi>

ライチは上品な甘さと香りから中国では古代より珍重され、楊貴妃が河南から都・長安まで早馬で運ばせた話が有名です。赤くうろこ状の果物ライチをオーストリッチとカロングの革を使って表現しました。

 

 

カード入れ10枚、ポケット3か所、小銭入れが1つついた使い勝手のいい作り。

サイズは縦95mm×横195mm×厚さ20mmで、価格は各12万9600円(税込)。

リボーンのネットショップから購入が可能です。

 

▼ オリジナル長財布の通販サイト“リボーン”:http://rebone.tokyo

 

 

■バッグ、名刺入れ、小銭入れなどラインナップを拡充、HPでサンプルを紹介中

今後は、さらに多くの方の細かなニーズにお応えするために、バッグ、名刺入れ、小銭入れなども展開していく予定です。現在制作に取り組んでいるニューアイテムのサンプルなどは、下記のオフィシャルページにてご覧いただけます。

 

▼ サンプル紹介ページ:http://re-bone.tokyo/2018/11/09/sample-for-the-sample/

 

 

【合同会社リボーンについて】

本社:〒111-0051 東京都台東区蔵前4-20-12 福谷ビル2F-A

代表者:最高経営責任者(CEO) 高島成央

設立:2016年8月

電話番号:03-5829-4024

URL:http://rebone.tokyo

事業内容:メイドイン東京にこだわったオリジナルレザー製品販売

 

 

【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:リボーン(合同会社リボーン)

担当者名:高島 成央

TEL:03-5829-4024

Email:info@re-bone.tokyo

 い



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 合同会社リボーン
代表者名 高島 成央
業種 ファッション・ビューティー

コラム

    合同会社リボーンの
    関連プレスリリース

    合同会社リボーンの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域