先制医療としてのゲノム予防医学・歯学への展開’2018 ~ゲノム歯科医は、マーナ(mRNA)検査で病気を入口・口腔で止める~

12月9日(日)に大阪歯科大学創立100周年記念館において、第8回臨床ゲノム医療学会"大阪学術大会"が開催されます。 今大会のテーマは「先制医療としてのゲノム予防医学・歯学への展開’2018~ゲノム歯科医は、マーナ(mRNA)検査で病気を入口・口腔で止める~」です。 大阪歯科大学理事長・学長である川添堯彬先生が大会長を務められ、特別基調講演には井村裕夫先生(京都大学名誉教授)をお迎えし、それぞれの分野の最前線の先生方の特別講演も多く予定されています。

本学会は、最先端テクノロジーであるmRNAやゲノム診療を中心に、

未病を早期に発見する技術や研究を、一般の臨床現場に応用し

普及する活動を続けてまいりました。

 

歯科においては、全身の健康の入り口である口腔機能を、

どのように改善し維持するかという点で、

未病及び予防の考え方はすでに強く根付いております。

 

また近年、社会が歯科医師に求めているものは、

優れた技術だけではなく、思いやりや細やかな配慮など、

歯科だからこそできるサービスが必要とされています。

 

そこで、今回の大阪大会は、メインテーマを

先制医療としてのゲノム予防医学・歯学への展開 ’2018

~ゲノム歯科医は、マーナ(mRNA)検査で病気を入口・口腔で止める~

とさせていただきました。

 

本学会が勧める先制医療としてのmRNA・ゲノム診療は、

医学・歯学の分野においてどのように利用することができるのか、

そしてこの最先端テクノロジーを駆使し、

歯科医師・医師・コメディカルなどの多職種連携により、

国民の健康に効率的に寄与する新しい地域医療のモデル構築についても

議論したいと考えております。

 

本大会の趣旨をご理解いただき、是非皆様のご支援と

ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

■大会プログラム

https://www.osaka-dent.ac.jp/td4sin0000003nm8-att/genomu_puroguramu.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼ 第8回臨床ゲノム医療学会 開催概要 ▼

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇開催日:2018年12月9日(日)9:00~16:45

◇会 場:大阪歯科大学天満橋学舎 創立100周年記念館 

(〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前1丁目4−7)

◇H P:https://www.osaka-dent.ac.jp/rinsho-g8.html

 

■大会プログラム

https://www.osaka-dent.ac.jp/td4sin0000003nm8-att/genomu_puroguramu.pdf

 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 一般社団法人臨床ゲノム医療学会
代表者名 渥美 和彦
業種 医療・健康

コラム

    一般社団法人臨床ゲノム医療学会の
    関連プレスリリース

    一般社団法人臨床ゲノム医療学会の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域