【『健康・予防』新技術のビジネスモデルを2020年に実現】未来健康共生社会研究会のご案内

一般財団法人渥美和彦記念財団の主催する未来健康共生社会研究会第11回では、日本で初めて、1.最先端医工学のアカデミック事業の推進/2.健康に100歳を超える人材の育成/3.病気にならない街・健康づくり/4.商品・サービスの市場的エビデンスの獲得支援/を同時に目指すシンポジウムです。 2018年9月2日(日)13時~に東京大学内において「予防医学・医療のあり方」をテーマに開催されます。 多くの方に参加して戴きたく存じます。

一般財団法人 渥美和彦記念財団

未来健康共生社会研究会「第11回公開シンポジウム」の開催

先制テーマで自治体と企業が連携し、成果を出す「新形態コラボ」の公開討論

『健康・予防』新技術のビジネスモデルを2020年に実現!

 

 一般財団法人 渥美和彦記念財団(東京都文京区/代表:渥美和彦 東京大学名誉教授)では、日本で初めて、1.最先端医工学のアカデミック事業の推進/2.健康に100歳を超える人材の育成/3.病気にならない街・健康づくり/4.商品・サービスの市場的エビデンスの獲得支援/を同時に目指す、新形態のシンポジウムを各専門分野別に開催予定であり、第11回目のシンポジウムが、2018年9月2日(日)に東京大学において「予防医学・医療のあり方」をテーマに開催されます。

 

 当臨床ゲノム医療学会の代表も務める渥美理事長は、臨床ゲノム医療学会の理事である白澤卓二氏、そして早稲田大学の梅津光生氏と共同でこの第11回のシンポジウムをプロデュースしており、学会会員だけでなく、多くの皆さまにご参加賜りたく存じます。

 

 順次開催予定の本シンポジウムでは、日本発で世界に通用する「疾病ではなく、健康を評価する仕組み」を構築し社会貢献を目指すものです。国民全員が抱く【病気になりたくない】というニーズに応える“健康を守る身体・家・街づくり”を、ご参加戴く皆様と共同で事業モデルの構築まで行いたいと考えております。この記念すべき第11回のシンポジウムへ是非ご参加賜りたく重ねてお願い申し上げます。

 

略歴詳細および未来健康共生社会研究会学術委員のご紹介

http://www.kazuhiko-atsumi.org/activity/

 

○第11回公開シンポジウム 開催概要○―――

 

テーマ:予防医学・医療のあり方

 

開催日時:平成30年9月2日(日)

13:00開演 (12:00受付開始)~18:00終了予定

 

会場:東京大学医学部教育研究棟13階 第6セミナー室

 

ご案内はこちら

https://www.kenkome-jp.com/atsumisp.html

――――――――――――――――――――

 

WEB参加申し込みフォーム

https://goo.gl/forms/S1FDlVU3wOmv9b5k1

 

一般財団法人 渥美和彦記念財団

http://www.kazuhiko-atsumi.org/

 

一般社団法人 臨床ゲノム医療学会

http://rinsho-genome.jp/

 

第8回臨床ゲノム医療学会"大阪学術大会"

https://www.osaka-dent.ac.jp/news/2018/H20180720_genomu_gakkai.html



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 一般社団法人臨床ゲノム医療学会
代表者名 渥美 和彦
業種 医療・健康

コラム

    一般社団法人臨床ゲノム医療学会の
    関連プレスリリース

    一般社団法人臨床ゲノム医療学会の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域