プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,721社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

低所得者層向け賃貸物件総合サポートサービス「みより・クラウド・システム」

一般社団法人ロングライフサポート協会

! 2018年11月5日 10時

超高齢社会化、超ソロ社会化、相対的貧困率の上昇に伴い、入居リスクが増大しております。 これらのリスクを軽減しつつ、身寄りの無い方の入居を促進するシステムが今後ますます必要とされてきております。 このたび、当協会が作り上げたシステムは入居リスクを軽減しつつ、互助の原理を用いることで生活保護の方でも利用可能なほど低価格なサービスを達成しております。 ユーザーが入居が決まった際に当協会に加盟料をお支払いただき、それを運営費用とし、かつ少額短期保険にご加入いただくことで、孤独死リスク・残置物のリスクなど、低所得者層・高齢者の入居リスクを軽減いたします。 オーナーは手軽にリスク軽減をおこなえ、ユーザーは入口の調査のときにはじかれることないように、おのおのの持つリスクを公平に分担化する画期的システムとなっております。

 

 

 

一般社団法人ロングライフサポート協会(本社:福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目19-14ビーエスビル博多3階A2号 以下「サポート協会」)は、一般賃貸物件における入居困難者に対して入居のサポートをし同時にオーナーに対する入居リスクを低減する仕組みとして「みより・クラウド・システム」を、2018年11月1日より、新しいサービスとして提供いたします。

 

「みより・クラウド・システム」

http://lls.sakura.ne.jp/mcloudsystem.html

 

 

【みより・クラウド・システムの背景】

 

ご縁社会の到来を――

 

現代は無縁社会と呼ばれ、身寄りのいない方がたくさんいらっしゃいます。そういった方々が経済的支援も受けられず、生活保護を受給するか低所得者層として過ごされております。賃貸物件のオーナーから見た場合、そういった方々が高齢になってくると、身寄りのいないことによるリスク、経済的な担保がないことによるリスク、孤独死のリスクなど、様々なリスクが顕在化し、入居を拒否せざるをえないのが現状です。住宅セーフティネット法は生活保護受給者でかつ自立度が高ければ、代理納付による家賃保証と自立度が高いことによる入居リスクの低減によってマネジメント可能ですが、そもそもそういった方々については住宅セーフティネット法を使うまでもなく入居が可能なのです。したがって、住宅セーフティネット法は本来制度的に保証しなければ入れない自立度が低い方(要介護度に近い方)や低所得者層であり生活保護を受給していない方を対象外としてしまっています。

我々の開発した「みより・クラウド・システム」は、身寄りがおらず、高齢で、かつ生活保護を受給せざるをえない方、あるいは低所得の方の入居リスクを分散し、入居可能な住居を見つけやすくすることを目的とします。また、オーナーにとってもリスクヘッジされた入居者の数を増やし、入居を促進します。

これまでに我々が施設様向け身元引受サービスで培ってきたノウハウを使い、近年急速に普及しはじめました少額短期保険等の様々なサービスを活用することで、今まで光が当たらなかった高齢者の賃貸入居リスクについて低減するための仕組み「みより・クラウド・システム」を構築いたしました。

 

 

【みより・クラウド・システム サービスの概要】

 

名称   : みより・クラウド・システム

 

発売開始日 : 2018年11月1日

 

サービス内容:加盟することにより入居者とオーナーをマッチング。孤独死リスクの抑制、遺品整理などの死後事務リスクの抑制、介護施設への住み替えを含めたオールインワンプロデュース。

 

料金  :

一般の方 パターン1

システム月額利用料 5,000円/月

死後事務 保険料 2,500円/月

引越し費用の預かり金 200,000円

 

一般の方 パターン2

システム月額利用料 5,000円/月

引越し費用の預かり金 350,000円

 

生活保護受給者 級地連動式利用料

1級地-1 9,160円/月

1級地―2 8,160円/月

2級地―1 7,160/月

2級地―2 6,160円/月

3級地―1 5,160円/月

3級地-2 4,160円/月

引越し費用(遺品整理費用)積立金 頭金30,000円+ 3,500円/月

 

提供者 :一般社団法人ロングライフサポート協会

 

URL :http://lls.sakura.ne.jp/

 

みより・クラウド・システムは住宅に困窮する生活保護受給者、低所得者層向けのクラウドシステムです。当協会のご用意したクラウドシステムにユーザー、オーナーともに登録していただき、(登録無料)、マッチングさせます。

オーナー側には低所得者向けの値段設定をしていただくこと、通常加入する少額短期保険に加入していただくことが条件となっており、ユーザー側は一般の方の場合、入居時より月5000円の加盟料・システム利用料をいただきます。生活保護受給者の場合は級地に連動した加盟料・システム利用料をいただきます。また、ユーザーも遺品整理の費用を捻出するため月2500円程度の少額短期保険に加入していただき預り金20万円をご用意いただくか、保険加入しない場合は預り金35万円をご用意いただきます。(生活保護受給者の方は別途3500円の積み立てをしていただきます)これらの金額の中で、孤独死防止、身元保証、介護が必要になったときの介護施設の紹介、万が一の際の死後事務委任(葬儀・納骨・遺品整理など)を執り行います。

 

 

<3つの特長>

 

1:生活保護の方も入居可能な低料金設定

オーナー側に所得に合わせた料金設定のアパートを登録していただくことで、生活保護の方もご入居が可能になります。また、みより・クラウド・システムの加盟料金も受給額でも収まる程度に抑えております。

 

2:ワンストップ型サービス

 

みより・クラウド・システムに加盟することで、ユーザーはプレ介護の状況から、施設等へ入居が必要になり終の棲家に至るまで住宅に困窮することなく、トータルなサポートを受けられます。

 

3:入居リスクの低減

 

オーナー側は、高齢&身寄りなし&低所得のユーザーの持つ入居リスクをヘッジすることができます。これにより従来では取り込めなかったリスクのある層についてとりこむことが可能になります。

 

【今後の展望】

 

まずはオーナー登録を100アパート。ユーザー登録300名を3カ月で目指します。最初期についてはオーナーに積極的に広告し登録数を増やします。そのうえで、オーナー側からユーザーに紹介していただき多くの方々に知っていただきたいと考えております。ユーザーが持つリスクの中で最後まで残るのはお亡くなりになった際の死後の費用になります。このリスクを登録数を増やすことでヘッジしたいと考えております。将来的には住宅困窮者のいない社会を目指します。

 

 

 

■法人概要

商号   : 一般社団法人ロングライフサポート協会

代表者  : 清原 晃

所在地  : 〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目19-14

ビーエスビル博多3階A2号

設立   : 2013年6月

事業内容 : 身元引受サービス等

URL     : http://lls.sakura.ne.jp/

 

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

一般社団法人ロングライフサポート協会

代表者名

清原 晃

業種

医療・健康

プレスリリース情報

ジャンル

医療・健康

カテゴリ

サービス

この企業の関連プレスリリース

全国初 みより付き自立支援アパート「フォレストハウス」
! 2018年4月20日 10時
生活保護者にも提供可能な身元引受ライトプラン
! 2017年8月9日 17時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る