【イオンモール春日部×アートの輪プロジェクト】館内の工事用仮囲いを巨大な障がい者アートギャラリーとして活用

イオンモール春日部とアートの輪プロジェクトが協働し、イオンモール春日部の改装中の館内の工事用仮囲いの壁面を、障がい者アートのギャラリーとして活用する。11月中旬に実施。

障がい者のアート活動自体を支援する活動をしているアートの輪プロジェクト(一般社団法人障がい者アート協会(以下、「障がい者アート協会」)と株式会社MOGUが協働)と埼玉県春日部市の大規模ショッピングモール「イオンモール春日部」がコラボレーションし、館内の工事用仮囲いに障がい者アート作品を使用したアートギャラリーを展開する取組み「まちかど障がい者アートギャラリー」を11月に実施する。

 

まちかど障がい者アートギャラリーイメージ

 

まちかど障がい者アートギャラリーの取り組みは2017年より全国にて行われているが、主に屋外の工事現場の仮囲いが対象となっており、屋内での実施は日本初となる。

 

無地や無塗装のものが多い館内の工事用仮囲いに障がい者アート作品を展示することで、イオンモール春日部を訪れる人たちに楽しんでもらうだけではなく、アートの輪プロジェクトの取り組みである「障がい者のアート活動支援」についてより多くの人々に知ってもらうことが期待される。

 

障がい者アート協会は、2015年12月の発足以来、創作活動を続けながらも作品発表の機会に恵まれない障がいのある人と、社会貢献活動として障がいのある人を支援したい企業・団体とをつなぐ活動を行っている。また、デザイン会社MOGUと協働し行っているアートの輪プロジェクトを通して、障がい者アートの認知を進め、支援者・愛好家を拡大することで、より多くの、障がいのある人がその活動を楽しみ、あるいはその才能が創作の翼を広げ、社会とのつながりの実感の中に、充実した日々を送れるように、その仕組みづくりを続けている。

 

今回のイオンモール春日部でのまちかど障がい者アートギャラリーでは、福岡県の障がい者アーティスト、KOUSUKEさんの作品をアートの輪プロジェクトの株式会社MOGUがリデザインした作品を展示する。

 

■展示日時:11月13日(火)~12月下旬(予定) 10:00~21:00

■展示場所:イオンモール春日部 2Fユニクロ横

■内容:KOUSUKEさんの作品5点

「KOUSUKE」・・・福岡県出身。知的障がいを伴う自閉症を持つアーティスト。現在、福岡市の工房まるに通所しており、そこで毎日創作活動を行う他、自宅のアトリエでもキャンバスに向かいます。現物を見ながら描くのではなく、頭にイメージしたものを下描きもせず、感じたものを直感で描くため、素直で大胆な作品をつくりあげています。

 

 

【本件に関するお問い合わせ先】

イオンモール株式会社 イオンモール春日部 担当:佐野・野上 TEL:048-718-3003

アートの輪プロジェクト

障がい者アートについて 一般社団法人障がい者アート協会 担当:熊本 TEL:080-6539-0135

デザインについて 株式会社MOGU 担当:喜多村 TEL:048-866-4212

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 一般社団法人障がい者アート協会
代表者名 熊本 豊敏
業種 その他サービス

コラム

    一般社団法人障がい者アート協会の
    関連プレスリリース

    一般社団法人障がい者アート協会の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域