【特許登録】巻くママコート*マフカにライトタイプが新発売!

『ベビーラップコート』は抱っこ紐の防寒着です。 特許登録のユニークなかたちの1枚布を抱っこ紐の上から巻いてきます。 Benesse たまひよトレンド で話題になって以来、おしゃれと機能性を求めるママ達に大人気です。 今年のベビーラップコートはライトタイプ。薄手のフリースを使用し扱いやすくコンパクトになりました。

おしゃれママにおなじみの『ベビーラップコート』

『ベビーラップコート・light』が10/10に発売開始されました。

ライトフリース使用で軽量・コンパクト化、本体の重さはなんと290g!

お使いにならない時も大きさや重さが気になりません。

カラーは鮮やかなアオとクロ。いずれもご要望が多かったカラーです。

ちょっとアウトドア用品のようなテイストで、よりユニセックスな商品となりました。

今までのデザインとは違い、縁どりまで同1色ですので鮮やかなカラーでもスッキリと着こなせます。

薄手フリースですが、とても寒い日には収納バッグやお手持ちのブランケットを赤ちゃんの背中に置いてからベビーラップコートを巻けばOK!

ますます機能的です。

​ベビーラップコート・light/ao​

 

巻くママコート『ベビーラップコート』って?

抱っこ紐の防寒着といえばママコートやベビーケープが街中ではよく見られます。

しかし、その必要以上にボリューミーなシルエットはお洒落なママ達に密かに敬遠されています。

mafca(マフカ )の『ベビーラップコート』は新しいカタチの抱っこ紐防寒着。

ボタンもバックルもないユニークな形のフリース1枚仕立てです。

これを抱っこ紐の上から巻いて着ます。

親子の身体にフィットするので、着膨れすることなくスマートなシルエット。

隙間ができないのでモコモコせずに防寒性や運動性はバツグンです。

抱っこの場合だけでなく、おんぶの時にも着用可能。さらに変形させベビーカー専用のフットマフにもなります。

収納バッグが付属しており、畳んで入れればベビーカーのハンドルに引っ掛けることも可能。

 

抱っこひも業界は2極化の傾向

今や、抱っこ紐の主流といえばウエストベルト付き。

エルゴの爆発的ヒットによりほとんどのメーカーの抱っこ紐にウエストベルトがついています。

赤ちゃんの体重が肩と腰に分散されるので抱っこが楽であることと着脱の簡単さが人気です。

ウエストベルト付き抱っこ紐は赤ちゃんの脚が大きく開くので、乳児期に罹患しやすい股関節脱臼の予防にもなります。

一方、こだわりのあるママ達に絶大な支持をされているのがベビーラップと言われる抱っこ紐。

赤ちゃんを密着させ抱っこ・おんぶすることで重心を一体化できます。

巻き方はいく通りもあり使いこなすには少し練習が入りますが、生地の肌あいや美しさも含め楽しむことができます。

マフカのベビーラップコートはあらゆるタイプの抱っこ紐に対応しております。(唯一、横抱きの抱っこには使用不可です)

 

 

フリーサイズでシンプルなデザインなのでパパが着てもおしゃれです。

完全に巻いて包み込むので赤ちゃんが1歳、2歳と大きくなっても脚が出てしまうことがありません。

巻きスカートやショールとしておひとりでも使うのも便利。

ベビーラップコートは1枚あれば無駄なくいろいろ使えます。

 

 

巻くママコート*マフカ  抱っことおんぶの防寒着

http://www.mafca.jp

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 mafca
代表者名 たかやなぎなおこ
業種 ファッション・ビューティー

コラム

    mafcaの
    関連プレスリリース

    mafcaの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域