【展示会】スノーケル、世界三大建機展の一つBAUMA CHINA 2018に出展(上海 11/27~11/30) ~イチオシ自走式高所作業車全6機種を展示~

高所作業車の輸入・販売を行うエイハン・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:佐久間 正)のブランドであるスノーケルは、2018年11月27日~11月30日に開催される「BAUMA CHINA 2018」に出展いたします。BAUMAとは世界三大建機展のひとつに挙げられる国際的な建設機械、資材製造・加工および建設用車輌、鉱業機械分野の専門見本市です。2016年に開催されたBAUMA CHINAでは出展社数2,958社、来場者数170,000人に及びました。情報収集、コネクションの構築など、さまざまなビジネスチャンスが溢れる見本市です。

スノーケル、BAUMA CHINA 2018に出展(上海 11/27~11/30)

~イチオシ自走式高所作業車全6機種を展示~

 

高所作業車の輸入・販売を行うエイハン・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:佐久間 正)のブランドであるスノーケルは、2018年11月27日~11月30日に開催される「BAUMA CHINA 2018」に出展いたします。

前回出展時の弊社ブース

【展示会名称】BAUMA CHINA 2018

【展示品】自走式高所作業車 全6機種

TM12/S3219E/S4732E/MB26J/A38E/A46JE

【会期】2018年11月27日~11月30日

【ブース】屋外G08

【会場】Shanghai New International Expo Centre

【住所】:2345 Longyang Road, Pudong New Area Shanghai P.R.C. 201204

【展示会公式サイト】:https://www.bauma-china.com/

 

■BAUMAとは

BAUMAとは世界三大建機展のひとつに挙げられる国際的な建設機械、資材製造・加工および建設用車輌、鉱業機械分野の専門見本市です。2016年に開催されたBAUMA CHINAでは出展社数2,958社、来場者数170,000人に及びました。情報収集、コネクションの構築など、さまざまなビジネスチャンスが溢れる見本市です。

 

■商品紹介

TM12 車体がコンパクトでエレベーターでの運搬が可能です。脱輪時転倒防止装置は標準装備され、動力で降下するためマストが自然落下することもなく安全にご利用いただけます。

 

S3219E シザース式の床高さ5.8mの細身のタイプです。全幅が約82cmなので、スペースがない場所での使用に適しています。

 

S4732E 作業床高さが10m未満で、特別教育の受講のみで使用できるバッテリー式の高所作業車としては1番大きい機種です。高所作業車の中でも積載可能な荷重量が高く、張り出しデッキは1.2mまで伸ばすことができます。

 

MB26J 360度旋回が可能なマストブーム式です。他社メーカーよりコンパクトで軽量です。

 

A38E/A46JE 360度旋回が可能・6~7mまで伸びる長い張り出しにより、遠くまで手が届きます。

 

皆様のご来場をお待ちしております。

 

■会社概要

会社名:エイハン・ジャパン株式会社

ブランド名:スノーケル

資本金:1,000万円

売上:7億7,000万円(2017年実績)

従業員数:16名(グループ全体:1,200名)

代表取締役:佐久間 正

事業内容:高所作業車、高所作業足場の販売、及びメンテナンス

公式サイト:https://www.snorkeljp.com/

 

■本件に関するお問い合わせ先

本社広報窓口:03-5765-6841

担当:相原 麻理夏



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 エイハン・ジャパン株式会社
代表者名 佐久間 正
業種 機械

コラム

    エイハン・ジャパン株式会社の
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域