プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数54,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

グリーンリバーホールディングス、日本最大級のバジル生産植物工場の稼働を開始 2018年9月より国産加工用バジルを全国に安価で提供

グリーンリバーホールディングス株式会社

! 2018年8月8日 7時

独自開発した縦型水耕栽培装置・3D高密度栽培技術を推進するグリーンリバーホールディングスは、7月より日本最大級のバジル植物工場(スマートファーム)の稼働を開始しました。初出荷は 2018年9月の予定で、バジルの生産量は年間160t(㌧)を目標としており、主に国産加工用原料として供給を行います。 また、同社は岡山県や栃木県でもスマートファームの建設を予定しており、そちらの稼働が開始するとバジルの生産量は合わせて年間200t(㌧)を超え、日本一の生産圃場を有する企業となります。

 

スマートファーム内部の様子

 

スマートファーム外観

 

【バジルの概要】

近年の農業従事者の減少と高齢化により、国内のバジル生産量は年々減少傾向にあります。また、「べと病」という病気の発生によりさらに生産量は低下、加工食品の原料となるバジルは大手加工メーカーを始め調達が困難となり海外からの輸入品が市場の多くを占めています。

しかし、安心安全を求める消費者のニーズは年々高まっており、輸入品から国産への切り替えは急務となっています。

 

栽培中のバジルの様子

 

【IoTを利用する事でファームを分散化し生産リスクを低減】

同社のスマートファームは、岩手県八幡平市(2017年9月より出荷開始)、福岡県久留米市、宮崎県都城市にあり、近年の異常気象による生産リスクを低減するうえで分散化されていますが、IoTを駆使し遠隔地でも制御可能なシステムを搭載する事で生産管理の一元化を可能にしています。このシステムにより安定的な供給が可能となりました。

 

【今後の予定】

同社の縦型水耕栽培装置を利用した他のハーブ類の実証は既に開始されており、今後はスペアミント等の国産香料原料の生産・販売を展開していく予定です。

 

※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。

最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

 

【本件に関するお問い合わせ先】

グリーンリバーホールディングス株式会社 東京支店 社長室

TEL:03-5289-7318

 

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

グリーンリバーホールディングス株式会社

代表者名

長瀬 勝義

業種

その他製造業

プレスリリース情報

ジャンル

農林水産

カテゴリ

企業の動向

この企業の関連プレスリリース

グリーンリバーホールディングスと佐賀市、バイオマス資源利活用協定を締結。同市にスマートアグリファームを新たに建設。
! 2019年3月13日 11時
グリーンラボ、野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」とのコラボ商品のドレッシング「ソイドレ」を2018年12月14日より発売
! 2018年12月14日 15時
IoT農業を推進する「グリーンリバーホールディングス」がベンチャーキャピタルおよび協力企業3社を引受先とした総額105百万円の第三者割当増資を実施
! 2018年8月16日 14時
グリーンリバーホールディングスは、IoTを利用した統合環境制御型縦型水耕栽培 装置関連特許5件を取得し、全国で農業参入説明会を開催
! 2018年6月21日 10時
グリーンリバーホールディングスは岩手県八幡平市、MOVIMASと提携する耕作放棄ビニールハウス再生事業において、WSN-IoT AWARD2018特別賞を受賞
! 2018年5月28日 10時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る