プレスリリース配信サービス

詳細検索

グリーンリバーホールディングス株式会社のプレスリリース企業情報(プレスリリース/コラム/求人/広報・PR情報)

https://www.greenriver-hd.co.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ホーム

新着プレスリリース

佐賀県佐賀市にて新規農業参入を目指す個人・法人向け、コンパクトサイズのスタートアップ用SAF植物工場「NEXT」の販売を開始。

 IoTを活用した農業を推進するグリーンリバーホールディングス株式会社の傘下で、独自の縦型水耕栽培システムを展開する農業ベンチャーのグリーンラボ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:長瀬勝義)は、佐賀県佐賀市にて新規農業参入を目指す個人・法人向けにコンパクトサイズのスタートアップ太陽光利用型植物工場、SAF(スマートアグリファクトリー)「NEXT」...

  • !2020年4月2日 13時
  • a農林水産
  • a製品

グリーンリバーホールディングス、自社開発の縦型水耕栽培システムを活用した簡易閉鎖型植物工場を開発。量販店、外食向けに販売開始。

 IoTを活用した農業を推進するグリーンリバーホールディングス株式会社(本社:福岡県、代表取締役:長瀬勝義)は、同社が独自開発した縦型水耕栽培装置である「3D高密度栽培バイグロウシステム」を利用した簡易閉鎖型植物工場を開発しました。スーパーや量販店やホテル、レストランのデッドスペースを有効に活用して次世代型の地産地消を推奨するモデルとして展開いたします。

  • !2020年3月17日 10時
  • a商社・流通業
  • a製品

グリーンリバーホールディングス、自社開発の縦型水耕栽培システムの外販開始。全国への普及を促進するとともに新規取扱代理店の募集を開始。

【本リリースの概要】  IoTを活用した農業を推進するグリーンリバーホールディングス株式会社(本社:福岡県、代表取締役:長瀬勝義)は、同社が独自開発した縦型水耕栽培装置である「3D高密度栽培バイグロウシステム」を、農業資材や住宅設備を取り扱う全国の事業者に提供し、外販を開始すると共に、新規取扱代理店を募集いたします。

  • !2020年3月10日 10時
  • a農林水産
  • a製品

グリーンラボ、佐賀商業高校とのコラボ商品「ガバッジオ」を販売開始。九州産のバジルを使用し地域の活性化に取り組む。

 IoTを活用した農業を推進するグリーンリバーホールディングス株式会社の傘下で、独自の縦型水耕栽培システムを展開する農業ベンチャーのグリーンラボ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:長瀬勝義)は、佐賀県佐賀市にある佐賀県立佐賀商業高等学校の生徒との共同企画で、グリーンラボが生産した九州産のバジルを使用し、調味料「ガバッジオ」を開発しました。11月9...

  • !2019年11月8日 14時
  • a食品関連
  • a製品

北部九州4県をターゲットにしたHUB(集荷場兼バジル買取センター)を佐賀県鳥栖市にて2019年9月中旬にオープン~バジル買取制度を利用した事業参入を募集開始~

IoTを活用した農業を推進するグリーンリバーホールディングス株式会社の傘下であるグリーンラボ株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役:長瀬勝義)は、昨年より全国各地に建設しているSAF(スマートアグリファクトリー)において、同社独自の縦型水耕栽培装置「Bi-Grow」(バイグロウ)を用い新規農業参入事業者の参画を推進し、バジルの生産をスタートして...

  • !2019年9月2日 14時
  • a農林水産
  • aサービス

グリーンリバーホールディングス、佐賀市でのバイオマス資源利活用型スマートアグリファクトリーが完成。7月より本格稼働を開始。

【リリースの概要】  IoTを活用した農業を推進するグリーンリバーホールディングス株式会社の傘下であるグリーンラボ株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役:長瀬勝義)と佐賀県佐賀市(市長:秀島敏行)は、2019年3月に締結した「バイオマス資源利活用協定」のもと、独自の縦型水耕栽培装置である「3D高密度栽培」と、佐賀市清掃工場の余熱とCo2を組み...

  • !2019年6月27日 16時
  • aエネルギー・素材・繊維
  • a企業の動向

グリーンリバーホールディングス、 千葉県香取市において農業経営改善計画認定書(認定農業者)を取得。 「香取スマートアグリファーム」の建設を開始

IoTを活用した農業を推進するグリーンリバーホールディングス株式会社の傘下であるグリーンラボ株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役:長瀬勝義)は、千葉県香取市において「農業経営改善計画認定書(認定農業者)」を平成31年2月7日付けで取得し、このたび関東地区で初のバジル生産植物工場「香取スマートアグリファーム」の建設を開始します。 グリーンリバ...

  • !2019年4月2日 11時
  • aエネルギー・素材・繊維
  • a企業の動向

グリーンリバーホールディングスと佐賀市、バイオマス資源利活用協定を締結。同市にスマートアグリファームを新たに建設。

IoTを活用した農業を推進するグリーンリバーホールディングス株式会社の傘下であるグリーンラボ株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役:長瀬勝義)と佐賀県佐賀市(市長:秀島敏行)は、平成31年3月12日「バイオマス資源利活用協定」を締結しました。同社独自の縦型水耕栽培装置である「3D高密度栽培」と、佐賀市清掃工場の余熱とCo2を組み合わせ、地域のバ...

  • !2019年3月13日 11時
  • aエネルギー・素材・繊維
  • a企業の動向

グリーンラボ、野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」とのコラボ商品のドレッシング「ソイドレ」を2018年12月14日より発売

独自の水耕栽培を展開する農業ベンチャーのグリーンラボ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:長瀬勝義)は、野菜スイーツの専門店である「パティスリー ポタジエ」を運営している株式会社イヌイ(東京都目黒区、代表取締役社長 柿沢直紀)と、共同で企画・開発した豆乳とバジルをベースにしたドレッシング【ソイドレ】を12月14日より通販及びパティスリーポタジエ店頭...

  • !2018年12月14日 15時
  • a食品関連
  • a製品

IoT農業を推進する「グリーンリバーホールディングス」がベンチャーキャピタルおよび協力企業3社を引受先とした総額105百万円の第三者割当増資を実施

グリーンリバーホールディングス株式会社は、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ系VCの株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズおよび協力企業3社ならびにグリーンリバーホールディングス従業員持株会を引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。

  • !2018年8月16日 14時
  • aその他サービス
  • a企業の動向

グリーンリバーホールディングス、日本最大級のバジル生産植物工場の稼働を開始 2018年9月より国産加工用バジルを全国に安価で提供

独自開発した縦型水耕栽培装置・3D高密度栽培技術を推進するグリーンリバーホールディングスは、7月より日本最大級のバジル植物工場(スマートファーム)の稼働を開始しました。初出荷は 2018年9月の予定で、バジルの生産量は年間160t(㌧)を目標としており、主に国産加工用原料として供給を行います。 また、同社は岡山県や栃木県でもスマートファームの建設を予...

  • !2018年8月8日 7時
  • a農林水産
  • a企業の動向

グリーンリバーホールディングスは、IoTを利用した統合環境制御型縦型水耕栽培 装置関連特許5件を取得し、全国で農業参入説明会を開催

独自の縦型水耕栽培装置(バイグロウタワー)を推進し、農業ベンチャーを手掛けるグリーンリバーホールディングス株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:長瀬勝義)は、縦型水耕栽培装置関連特許を5件取得、2018年5月より全国で当該システムの販売を開始しました。

  • !2018年6月21日 10時
  • a農林水産
  • a製品

グリーンリバーホールディングスは岩手県八幡平市、MOVIMASと提携する耕作放棄ビニールハウス再生事業において、WSN-IoT AWARD2018特別賞を受賞

独自の縦型水耕栽培を推進する農業ベンチャーを手掛けるグリーンリバーホールディングス株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:長瀬勝義)、耕作放棄されたビニールハウスを再生する岩手県八幡平市(市長:田村正彦)、クラウドIoT制御システムの開発を行う株式会社MOVIMAS(本社:東京都新宿区、代表取締役:兒玉則浩)とは新規就農者を育成する「スマートファーム...

  • !2018年5月28日 10時
  • aコンピュータ・通信機器
  • a製品

新着プレスリリース

佐賀県佐賀市にて新規農業参入を目指す個人・法人向け、コンパクトサイズのスタートアップ用SAF植物工場「NEXT」の販売を開始。

 IoTを活用した農業を推進するグリーンリバーホールディングス株式会社の傘下で、独自の縦型水耕栽培システムを展開する農業ベンチャーのグリーンラボ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:長瀬勝義)は、佐賀県佐賀市にて新規農業参入を目指す個人・法人向けにコンパクトサイズのスタートアップ太陽光利用型植物工場、SAF(スマートアグリファクトリー)「NEXT」...

  • !2020年4月2日 13時
  • a農林水産
  • a製品

グリーンリバーホールディングス、自社開発の縦型水耕栽培システムを活用した簡易閉鎖型植物工場を開発。量販店、外食向けに販売開始。

 IoTを活用した農業を推進するグリーンリバーホールディングス株式会社(本社:福岡県、代表取締役:長瀬勝義)は、同社が独自開発した縦型水耕栽培装置である「3D高密度栽培バイグロウシステム」を利用した簡易閉鎖型植物工場を開発しました。スーパーや量販店やホテル、レストランのデッドスペースを有効に活用して次世代型の地産地消を推奨するモデルとして展開いたします。

  • !2020年3月17日 10時
  • a商社・流通業
  • a製品

グリーンリバーホールディングス、自社開発の縦型水耕栽培システムの外販開始。全国への普及を促進するとともに新規取扱代理店の募集を開始。

【本リリースの概要】  IoTを活用した農業を推進するグリーンリバーホールディングス株式会社(本社:福岡県、代表取締役:長瀬勝義)は、同社が独自開発した縦型水耕栽培装置である「3D高密度栽培バイグロウシステム」を、農業資材や住宅設備を取り扱う全国の事業者に提供し、外販を開始すると共に、新規取扱代理店を募集いたします。

  • !2020年3月10日 10時
  • a農林水産
  • a製品

グリーンラボ、佐賀商業高校とのコラボ商品「ガバッジオ」を販売開始。九州産のバジルを使用し地域の活性化に取り組む。

 IoTを活用した農業を推進するグリーンリバーホールディングス株式会社の傘下で、独自の縦型水耕栽培システムを展開する農業ベンチャーのグリーンラボ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:長瀬勝義)は、佐賀県佐賀市にある佐賀県立佐賀商業高等学校の生徒との共同企画で、グリーンラボが生産した九州産のバジルを使用し、調味料「ガバッジオ」を開発しました。11月9...

  • !2019年11月8日 14時
  • a食品関連
  • a製品

北部九州4県をターゲットにしたHUB(集荷場兼バジル買取センター)を佐賀県鳥栖市にて2019年9月中旬にオープン~バジル買取制度を利用した事業参入を募集開始~

IoTを活用した農業を推進するグリーンリバーホールディングス株式会社の傘下であるグリーンラボ株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役:長瀬勝義)は、昨年より全国各地に建設しているSAF(スマートアグリファクトリー)において、同社独自の縦型水耕栽培装置「Bi-Grow」(バイグロウ)を用い新規農業参入事業者の参画を推進し、バジルの生産をスタートして...

  • !2019年9月2日 14時
  • a農林水産
  • aサービス

グリーンリバーホールディングス、佐賀市でのバイオマス資源利活用型スマートアグリファクトリーが完成。7月より本格稼働を開始。

【リリースの概要】  IoTを活用した農業を推進するグリーンリバーホールディングス株式会社の傘下であるグリーンラボ株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役:長瀬勝義)と佐賀県佐賀市(市長:秀島敏行)は、2019年3月に締結した「バイオマス資源利活用協定」のもと、独自の縦型水耕栽培装置である「3D高密度栽培」と、佐賀市清掃工場の余熱とCo2を組み...

  • !2019年6月27日 16時
  • aエネルギー・素材・繊維
  • a企業の動向

グリーンリバーホールディングス、 千葉県香取市において農業経営改善計画認定書(認定農業者)を取得。 「香取スマートアグリファーム」の建設を開始

IoTを活用した農業を推進するグリーンリバーホールディングス株式会社の傘下であるグリーンラボ株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役:長瀬勝義)は、千葉県香取市において「農業経営改善計画認定書(認定農業者)」を平成31年2月7日付けで取得し、このたび関東地区で初のバジル生産植物工場「香取スマートアグリファーム」の建設を開始します。 グリーンリバ...

  • !2019年4月2日 11時
  • aエネルギー・素材・繊維
  • a企業の動向

グリーンリバーホールディングスと佐賀市、バイオマス資源利活用協定を締結。同市にスマートアグリファームを新たに建設。

IoTを活用した農業を推進するグリーンリバーホールディングス株式会社の傘下であるグリーンラボ株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役:長瀬勝義)と佐賀県佐賀市(市長:秀島敏行)は、平成31年3月12日「バイオマス資源利活用協定」を締結しました。同社独自の縦型水耕栽培装置である「3D高密度栽培」と、佐賀市清掃工場の余熱とCo2を組み合わせ、地域のバ...

  • !2019年3月13日 11時
  • aエネルギー・素材・繊維
  • a企業の動向

グリーンラボ、野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」とのコラボ商品のドレッシング「ソイドレ」を2018年12月14日より発売

独自の水耕栽培を展開する農業ベンチャーのグリーンラボ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:長瀬勝義)は、野菜スイーツの専門店である「パティスリー ポタジエ」を運営している株式会社イヌイ(東京都目黒区、代表取締役社長 柿沢直紀)と、共同で企画・開発した豆乳とバジルをベースにしたドレッシング【ソイドレ】を12月14日より通販及びパティスリーポタジエ店頭...

  • !2018年12月14日 15時
  • a食品関連
  • a製品

IoT農業を推進する「グリーンリバーホールディングス」がベンチャーキャピタルおよび協力企業3社を引受先とした総額105百万円の第三者割当増資を実施

グリーンリバーホールディングス株式会社は、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ系VCの株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズおよび協力企業3社ならびにグリーンリバーホールディングス従業員持株会を引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。

  • !2018年8月16日 14時
  • aその他サービス
  • a企業の動向

グリーンリバーホールディングス、日本最大級のバジル生産植物工場の稼働を開始 2018年9月より国産加工用バジルを全国に安価で提供

独自開発した縦型水耕栽培装置・3D高密度栽培技術を推進するグリーンリバーホールディングスは、7月より日本最大級のバジル植物工場(スマートファーム)の稼働を開始しました。初出荷は 2018年9月の予定で、バジルの生産量は年間160t(㌧)を目標としており、主に国産加工用原料として供給を行います。 また、同社は岡山県や栃木県でもスマートファームの建設を予...

  • !2018年8月8日 7時
  • a農林水産
  • a企業の動向

グリーンリバーホールディングスは、IoTを利用した統合環境制御型縦型水耕栽培 装置関連特許5件を取得し、全国で農業参入説明会を開催

独自の縦型水耕栽培装置(バイグロウタワー)を推進し、農業ベンチャーを手掛けるグリーンリバーホールディングス株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:長瀬勝義)は、縦型水耕栽培装置関連特許を5件取得、2018年5月より全国で当該システムの販売を開始しました。

  • !2018年6月21日 10時
  • a農林水産
  • a製品

グリーンリバーホールディングスは岩手県八幡平市、MOVIMASと提携する耕作放棄ビニールハウス再生事業において、WSN-IoT AWARD2018特別賞を受賞

独自の縦型水耕栽培を推進する農業ベンチャーを手掛けるグリーンリバーホールディングス株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:長瀬勝義)、耕作放棄されたビニールハウスを再生する岩手県八幡平市(市長:田村正彦)、クラウドIoT制御システムの開発を行う株式会社MOVIMAS(本社:東京都新宿区、代表取締役:兒玉則浩)とは新規就農者を育成する「スマートファーム...

  • !2018年5月28日 10時
  • aコンピュータ・通信機器
  • a製品

企業情報

グリーンリバーホールディングス株式会社のロゴ

企業名

グリーンリバーホールディングス株式会社

所在地

福岡市博多区博多駅前1-4-4 JPR博多ビル11F

代表者名

長瀬 勝義

URL

https://www.greenriver-hd.co.jp/

業種

その他製造業

事業内容

グループに再生可能エネルギー構築事業会社、農業設備設計施工会社を抱える。再エネや独自の水耕栽培装置を用い地域雇用を生み永続的な地方社会経済を起こす事を目的としている。

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る