プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数55,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

Pico Technologyが7月31日、中国で最新のスタンドアローン型HMD「Pico G2」モデルを発表!

Pico Technology Japan 株式会社

! 2018年8月1日 10時

中国市場において8月1日(水)(現地)から販売が始まるPico最新のスタンドアローン型HMDは日本市場向けとして「Pico G2」を9月10日(月)に発売予定! 従来商品にくらべて約40パーセントの軽量化と3Dof(3自由度)のコントローラーつき最新モデルです。

VR(バーチャル・リアリティー)/AR(オーグメンテッド・リアリティー)向けハードウェア、ソフトウェア開発などを手がけているPico Technology Co., Ltd.(北京小鳥看看科技有限公司)(本社:中国・北京市、代表取締役社長:周 宏偉)は7月31日(火)(現地)、最新のスタンドアローン型HMD「Pico G2」を発表します。

 

Pico G2

 

中国市場での正式販売は8月1日(水)(現地)を予定しており、日本市場向けには「Pico G2」の販売を9月10日(月)に開始する予定です。従来商品にくらべて、約40パーセントの軽量化と3Dof(3自由度)のコントローラーつきとなった最新モデルを展開します。

 

▼ Pico Technology Japan株式会社(Pico Technology Co., Ltd./北京小鳥看看科技有限公司日本法人)公式ウェブサイト:http://jp.picovr.com/

 

■約40パーセントの軽量化を実現して本体部分はわずか280グラムのスタンドアローン型HMD最新モデル発売!

 

Pico Technologyが日本市場で9月10日(月)に発売する予定の「Pico G2」は、従来商品にくらべて約40パーセントの軽量化を実現。ベルトとバッテリーをのぞいた本体部分の重さがわずか280グラムの最軽量モデルです。

 

ベルトとつながっているバッテリーを後部に収納することで、ぴったりフィットする装着感と長時間つかっても快適な操作性を実現。片手で操作できる3Dof(3自由度)対応のコントローラーがついています。

 

Pico G2

 

 

「Pico G2」のおもな仕様は次のとおりです。

 

1.Qualcommの新世代SoC「Snapdragon 835」などを搭載

Qualcomm Snapdragon 835を搭載して4GBのRAM容量と64GBの内蔵ストレージを確保。Qualcomm Snapdragon 835は最新のQualcomm Kryo 280 とQualcomm Adreno 540 GPUの採用でさらにスムーズでスピーディーなVR体験を実現します。

 

2.高解像度のLCDディスプレイなどを搭載

ディスプレイは非球面レンズを採用して101度の視野角に対応。本体には3.5インチ3K(1440×1600)の高解像度LCDディスプレイを2枚搭載。最高90Hzのリフレッシュレートを実現しています。また外部が見える2Dカメラ、業務用QRコードスキャン機能も実現できます。

 

3.最新の通信規格や長時間駆動のバッテリー容量を実現

Bluetooth BT4.2のほかMIMO(2×2)のIEEE 802.11 b/g/n/ac、2.4G/5GのWi-Fi規格をサポート。3,500mAhのバッテリー容量で約3時間の長時間駆動を実現しています。ほかにUSB Type-Cポート、3.5mmオーディオジャック、microSDスロット(最大256GB)も搭載しています。

 

 

■Pico Technology最新スタンドアローン型HMD「Pico G2」商品概要

 

商品名:Pico G2

搭載Soc:Qualcomm Snapdragon 835

LCDディスプレイおよびLCD液晶パネル:3K解像度3.5インチ(1440×1600)の高解像度LCDディスプレイ2枚、616ppiのLCD液晶パネル

RAM容量および内臓ストレージ:4GBおよび64GB

本体重量:280グラム

バッテリー:3,500mAh(約3時間の長時間駆動を実現)

付属品:片手で操作可能な3Dof(3自由度)対応コントローラー、USB用電源アダプター

価格:49,500円(税別)

 

販売会社:Pico Technology Japan株式会社

公式ウェブサイト:http://jp.picovr.com/

メールアドレス:info@picovr.co.jp

 

【Beijing Pico Technology Co., Ltd.(北京小鳥看看科技有限公司)について】

本社:北京市海淀区学院路35号世宁大厦20~21階

代表者:代表取締役社長 周 宏偉

設立:2015年4月

URL:http://www.picovr.com/

事業内容:VRおよびARデバイスの開発・製造、プラットフォーム運営

 

日本法人:Pico Technology Japan株式会社

代表者:代表取締役社長 周 宏偉

設立:2017年12月

URL:http://jp.picovr.com/

事業内容:VRおよびARデバイスの販売

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

Pico Technology Japan 株式会社

代表者名

周 宏偉

業種

エンタテインメント・音楽関連

プレスリリース情報

ジャンル

コンピュータ・通信機器

カテゴリ

製品

この企業の関連プレスリリース

Pico Technologyが3月27日、中国で4K解像度のディスプレイ搭載のスタンドアローン型VRヘッドセット「Pico G2 4K」を発表!
! 2019年4月1日 11時
VR/ARデバイスメーカーのPico Technologyが7月31日、シリーズAラウンドで1.675億元(約27億2,709万円) を資金調達!
! 2018年7月31日 15時
Pico Technologyと“しのびや.com”、6月28~30日に行われる「第3回 先端コンテンツ テクノロジー展」でVR HMDの最新モデルを共同出展!
! 2017年6月22日 14時
スタンドアローン型VR HMD「Pico Neo」12月から全国のネットカフェで無料体験と貸し出しキャンペーン実施
! 2016年12月13日 12時
アプリやゲーム、動画などを360度視野+3Dと圧倒的な迫力で楽しめるスマートフォン装着型VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Pico 1」、7月22日発売
! 2016年7月21日 11時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る