第3回「斎藤茂太賞」授賞式のお知らせ

一般社団法人日本旅行作家協会(会長/下重暁子、会員数約220人)が2016年に創設した「斎藤茂太賞」の第3回授賞式が2018年7月26日(木)18時30分から、千代田区内幸町の日本プレスセンター内 レストラン・アラスカにて行われる。第3回「斎藤茂太賞」受賞作は、若林正恭氏『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』(KADOKAWA)。当日は、選考委員各氏のほか、斎藤茂太氏のご長男、斎藤茂一夫妻も出席する。

報道関係各位

2018年7月19日

 

第3回「斎藤茂太賞」授賞式のお知らせ

 

 

一般社団法人 日本旅行作家協会 会長 下重暁子

斎藤茂太賞実行委員会 委員長 市岡正朗

 

一般社団法人日本旅行作家協会(会長/下重暁子、会員数約220人)が創設した「斎藤茂太賞」の第3回授賞式が2018年7月26日(木)18時30分から、千代田区内幸町の日本プレスセンター内 レストラン・アラスカにて行われる。

「斎藤茂太賞」は、長年にわたり世界と日本の旅行文化の発展に貢献した当協会創立会長の故・斎藤茂太氏の功績をたたえ、その志を引き継ぐために創設したもので、2017年に出版された紀行・旅行記、旅に関するエッセイ及びノンフィクション作品を対象としている。

受賞作には、若林正恭氏の『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』(KADOKAWA)が選ばれ、当日は若林氏の出席のもと授賞式が行われる。

 

なお、「斎藤茂太賞」の正賞は「クリスタルのトロフィー」。 副賞は「30万円」。

当日は、選考委員各氏のほか、斎藤茂太氏のご長男、斎藤茂一夫妻も出席する。

 

[選考委員]

下重暁子(作家・日本旅行作家協会会長)

椎名誠(作家・日本旅行作家協会名誉会員)

芦原伸(ノンフィクション作家・日本旅行作家協会専務理事)

種村国夫(イラストレーター・エッセイスト・日本旅行作家協会会員)

 

[最終候補作]

「バッタを倒しにアフリカへ」 (光文社新書・前野ウルド浩太郎著)

「カナダ歴史街道をゆく」 (文芸春秋・上原善広著)

「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」(KADOKAWA・若林正恭著)

 

[選考委員総評](下重暁子)

最終選考に残った3作品のうち、『カナダ歴史街道をゆく』は、丁寧な取材に裏付けされた豊かな広がりを見せる作品ではあるが、その「物語性」に今ひとつ深みが足りなかった。残った『バッタを倒しにアフリカへ』(以下A)と『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』(以下B)で賞を争うことになったが、当初は意見が二つに分かれた。面白さという点でいえばAが群を抜いている。しかし、すでに複数の賞を受賞し、評価が固まっていることなどが逆にマイナス要素となった。本賞の目的の一つは「新しい書き手を発掘する」ことでもある。航空券の予約サイトで見つけた、たった一席の空席。一人キューバに旅立った3泊5日の弾丸旅行をつづる本書はそのピュアな視点、ものの考え方も高評価の対象となった。思わず椎名委員から「純文学」という言葉が飛び出したほどの新鮮さとその将来性を重視した結果、今回はBを選ぶこととなった。お笑いの世界でも大活躍の著者が、文筆家としてさらに飛躍することを期待したい。(談)

 

 

 

[第3回「斎藤茂太賞」授賞式お問い合わせ]

一般社団法人 日本旅行作家協会事務局(担当/八重野充弘)

〒104‐0061 東京都中央区銀座1-5-5 明興ビル4F

TEL03‐3538‐2345 FAX03‐3538‐2346

E-mail:jtwo@minos.ocn.ne.jp

 

*第3回「斎藤茂太賞」授賞式を取材される方は、前日25日の正午までに日本旅行作家協会事務局 八重野までお申し出ください。事務所不在の場合は、八重野の携帯(090-8724-2836)へご連絡ください。



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 一般社団法人 日本旅行作家協会
代表者名 下重暁子
業種 新聞・出版・放送

コラム

    一般社団法人 日本旅行作家協会の
    関連プレスリリース

    一般社団法人 日本旅行作家協会の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域