JPOPを築いた女性ヴォーカリスト達

社会的に女性の立場も向上し、仕事を生涯続けていく女性も増えていく中、日本の女性ヴォーカリストにスポットを当て紹介した記事は、きっと注目を浴びることと思います。

音楽評論家の野田と申します。(私のプロフィールについては別記をご覧
くださいませ)

この度、連載企画を構想いたしました。
連載執筆が可能な新聞、雑誌を探しております。ご興味ございましたら
ご連絡くださいませ。

http://rockjazz.com/vo.html へ女性ヴォーカリスト一覧を掲載致しました。
300名以上のリストです。

女性ヴォーカルという立場が大きく展開し始めるのは、1970年代半ばのニ
ュー・ミュージック黎明期の頃ですが、1960年代のカバー・ポップスの時
代にも一時期、女性ヴォーカリスト達が飛躍するということがありました。日
本のポップス・シーンにおいて、女性ヴォーカルは大きなシェアを持っており、
実力は男性を上回る勢いがあります。特に昨今のシーンは女性ヴォーカリスト
の活動期間も長くなっており、キャリアを積んだアーティストが溢れています。
しかし、系統的に歴代の女性ヴォーカルを特集した書籍や記事は見当たりませ
ん。社会的に女性の立場も向上し、仕事を生涯続けていく女性も増えていく中、
女性ヴォーカリストにスポットを当て紹介した記事は、きっと注目を浴びるこ
とと思います。

連載企画:
仮タイトル『JPOPを築いた女性ヴォーカリスト達』
1960代から現在までの女性ヴォーカリストを毎回紹介。
毎回:500〜1000字

300名を超える女性ヴォーカリストの紹介と論評。
主要アルバム/代表曲の紹介。

インタビュー:数回
テーマ「女性ヴォーカリストとして生きる」

ノダセイジ(野田誠司)
音楽評論家/マルチ・プロデューサー
略歴:1956年6月16日生まれ
以下に以外にライナー・ノーツ、対訳等執筆多数。音楽ライター講座、
ミュージック・ビジネス講座を開講し、育成に努める。

1983年:個人輸入でのレコード収集にハマり、国内未発売レコードの
      コレクションが加速的に増加する。
1986年:あるミニコミ誌に執筆開始
1987年:「FENガイド」(アルクの月刊誌)にゴスペル関連の記事
      と歌詞対訳を執筆。ポニーキャニオンよりリリースの「カラ
      ーズ・シリーズ」制作ブレインとして資料作成担当。
1988年:キリスト教系ポップカルチャー誌に「ロックの系譜」を連載。
      ビデオ・アーツ(現:ビデオアーツ・ミュージック )リリース
      のビデオ広報に協力。
1997年:独自のメールマガジン配信スタート
1998年:ケリー・リブグレン(EX.カンサス)のCDをレーベルより
      直接仕入れ、国内販売。
     :日本テレコムのFAXサービス「音楽情報」に専門記事連載。
1999年:ROCKJAZZ.COM RECORDS スタート
      久米大作(プリズム、スクエアのキーボードを歴任)の
      公式ホームページを作成。
     「ストレンジ・デイズ」連載。
2000年:「バーゲンアメリカ・ミュージック・マガジン」メルマガの
      編集&執筆を開始。読者MAXで1万8千人。
      カルメン・マキ/スティーヴ・フォックス(ゴダイゴ)、
      浅野孝己(ゴダイゴ)等のインタビュー記事執筆。
2001年:お茶の水にて、キャパ70名、300名の2ホールの運用開始。
      コンサート、リハーサル、イベント実績
      因幡晃、相田翔子、内藤やす子、たま、早川義夫、永井龍雲、
      柴草玲、千綿ヒデノリ、井上尭之、蘭 妖子、JAシーザー、
      KONISHIKI(小錦)、布施明、巻上公一、イノヤマランド、
      ピカソ、酒井麿(山崎まさよし、吉川晃司のドラマー)、
      桜井智、中村由利子、都留教博、国井律子、土屋亜有子、
      千鶴伽(バックに坂下秀実@四人囃子)、
      野口明彦(センチメンタル・シティ・ロマンス)、Holly Kingdom、
      柴野繁幸、祥子(ユニバーサルミュージック)、
      その他、プロ、アマ問わず多数。
      2004年:8月末ホール運用終了
2003年:e-magazines music!【eマガジンズ Weekly news】読者10万人に
      毎週、コラムを連載中。
      「ポピュラー・ミュージック用語辞典」共著:執筆 音楽之友社
      「Jフォーク200CD」共著:執筆 立風書房
2004年:フリーランス事務所:フルーツ・ポリッシュ開設
      預かりアーティスト/タレント 
      井万里きよあ、藤みさき+、ビーグルハット
2005年:井万里きよあ(タイ:同人誌フェスティバル2期出演)
      ビーグルハット デヴィッド・ペイトン(EX.PILOT)とのコラボで
      ビクターよりメジャー・デビュー。
      藤みさき+(エイベックスよりメジャー・デビュー)
      PGSサイトに『メタリカ:真実の瞬間』の紹介文掲載。
      http://www.pgs.ne.jp/html/sp/Metallica_Some_Kind_of_Monster_METALLIFUX2.html
      「フジロック・フェスティバル」「英国ロック事情」についてのインタビューを
      AFP通信社より立て続けに受け、ジャパン・タイムスなどに掲載される。
      http://rockjazz.com/japantimes.jpg
      
現在:大人向け音楽冊子(フリーペーパー)「趣味の音楽」を企画中。
   ネットラジオ開始。
   コラム、ネットラジオ、ホームページ、フリーペーパーと連携した
   音楽情報の企画を検討中。単行本執筆の企画営業中。

野田誠司 ホームページ http://rockjazz.com/noda/

 ◇野田誠司◇
ラ・クロワ・ミュージック代表/音楽評論家
e-mail  noda@rockjazz.com Homepage http://rockjazz.com
アーティスト支援事務所:フルーツ・ポリッシュ
http://fruit-polish.com/ 
〒169−0073
東京都新宿区百人町1−20−3渡辺ビルB1
株式会社プロデューサーシステムズ内(OPS)
TEL 03-3369-3630 / FAX 03-3369-8245

企業情報

企業名 ラ・クロワ・ミュージック
代表者名 野田誠司
業種 未選択

コラム

    ラ・クロワ・ミュージックの
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域