株式会社TENTO Scratch講師育成研修を開催

子ども向けプログラミングスクールを展開する株式会社TENTOは、2018年8月6日よりTENTO認定子ども向けプログラミング講師研修 Scratch編を開催致します。 首都圏を中心に全国で教室が増加中であることや、目前に迫る小学校での必修化など、プログラミング講師育成の課題に対応するものです。 Scratchは世界でも広く子ども向けのプログラミング学習のツールとして活用されており、日本でもその中心的存在となっています。 子ども向けプログラミング教育の先駆者であるTENTO講師陣が解説し、講義と試験の二段階制で講師認定をいたします。インプレスカレッジ(株式会社インプレスが運営するユーザー参加型のネット動画学習サービス)のプラットフォームを利用し通学とネットライブ方式のハイブリッド講座を開講(オンライン受講が可能なのは講義のみ)する先進的な講習内容となっています。

株式会社TENTO Scratch講師育成研修を開催

2018年6月7日

 

子ども向けプログラミングスクールを展開する株式会社TENTO(本社:埼玉県川口市、代表取締役社長:竹林 暁)は、2018年8月6日よりTENTO認定子ども向けプログラミング講師研修 Scratch編を開催致します。

 

◎プログラミング講師研修の背景

■首都圏を中心に全国で教室が増加中

現在、首都圏を中心に子ども向けのプログラミング教室やワークショップなど、子どもがプログラミングを体験できる場が急速に増加中です。その一方、講師の水準は子どもたちの体験の質や教室の評価に大きく影響し、その育成にも課題があります。

■目前に迫る小学校での必修化

また2020年には小学校でのプログラミング必修化も決まり目前に迫っています。2012年から必修となった中学技術家庭科の「情報に関する技術 プログラミングによる計測と制御」の実施状況に関する調査結果でも実際に行っているのは少数の学校に限られており、教師のプログラミングに対する理解や技術習得は大きな課題といえます。

◎なぜScratchか

■世界でもっとも広く使われているツール

MIT(マサチューセッツ工科大学・ボストン、アメリカ)のメディアラボのライフロングキンダーガーテングループのプロジェクトで無償で提供されているScratchは、8歳から16歳向けに作られており、世界中のNPOや学校、企業等で子ども向けのプログラミング学習のツールとして活用されており、日本でもその中心的存在となっています。

◎先進的な講習内容

■子ども向けプログラミング教育の先駆者が解説

2011年に日本で初めての子ども向けプログラミングスクールを開設し、現在関東を中心に10の教室を展開している株式会社TENTOが、子ども向けプログラミング教育のリーディングカンパニーを担うべく企画したプログラミング教室講師及び公教育の指導者を対象にしたScratchの講師育成研修です。

 

■講義と試験の二段階制

 

本研修は講義と試験の二段階制となっておりそれぞれ所要時間は1日(6時間)。講義はオンラインで受講することもできます。いずれの修了時も資格認定をし、試験まで修了した場合には教室・授業実施の支援カリキュラムを提供致します。

講義では教室運営で培ったノウハウを伝えるのみならず、TENTO著書『できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch プログラミング入門』(インプレス)を使いコンピュータサイエンスを踏まえた体系的なScratchでのプログラミングを解説します。

 

試験では実技試験を課すことで、実際に教室や授業での講義に耐えうる水準の人材輩出を目指します。

株式会社TENTOでは、今後Scratch以外の子ども向けプログラミング教育に関する講師育成研修も計画しています。

 

■通学とネットライブ方式のハイブリッド講座

インプレスカレッジ(※1)のプラットフォームを利用し、リアルとオンラインでの受講(※2)を実現しました。通学をして講師との対面指導によってより理解が深まりやすいことはもちろん、受講生同士の意識の高めあいも期待できます。

またネットライブ方式は実際の開催時刻に同時に配信されます。講師は会場の受講生と同様に出欠の点呼や問いかけができるシステムですので、自宅等での受講でもモチベーションをキープしやすい仕組みとなっています。

ネットライブは録画も残りますので、復習や欠席の際の補講としてもお使いいただけます。

(※1)株式会社インプレスが運営するユーザー参加型のネット動画学習サービス。

(※2)オンライン受講が可能なのは講義のみとなります。

 

 

▶︎開催概要

研修名:Scratch講師育成研修

開催日時:[講義]8/6(月)、[試験]8/20(月)(以降随時開催予定)

開催場所:

[通学講座会場]インプレスセミナールーム(東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング23階)

[オンライン受講]インプレスカレッジ( https://college.impress.co.jp/

講師:倉本大資(株式会社TENTO)、澤田千代子(株式会社TENTO)ほか

受講費用:[講義]50,000円、[試験]50,000円

 

お申し込み:インプレスカレッジよりお申し込みください。

※申し込み開始時期は6月中旬を予定

TENTOホームページ( http://www.tento-net.com/ )でご案内いたします。

※インプレスカレッジのご利用にはCLUB Impressへのご登録が必要になります。

※法人等ご人数のまとまる場合は別途お問い合わせください。

 

▶︎講師に関する情報

倉本大資(くらもとだいすけ)

2008年よりScratchを用いた子ども向けプログラミングワークショップを定期的に実施、任意団体OtOMO代表を務める。東京を中心にScratch Dayの開催に関わり、Scratch@MIT(カンファレンス)での登壇をするなど日本でのScratch普及の一翼を担う。

2018年より株式会社TENTOに参画し、教室講師・経営企画に携わる。

著書に「小学生からはじめるわくわくプログラミング2」(日経BP)

 

澤田千代子(さわだちよこ)

外資系コンピューターメーカー、国内メーカー研究所等でソフトウェアエンジニアリング・研究開発・情報教育などに従事。その後、フリーランスエンジニアとして活動する中でプログラミングスクールの立ち上げ等に関わるようになり、2016年より株式会社TENTOに参画。教室講師・経営企画に携わる。

慶応義塾大学SFC研究所所員(プログラミング教育専攻)。

著書に「できるキッズ子どもと学ぶScratchプログラミング入門」(インプレス)

 

 

【株式会社TENTOについて】

2011年に日本で初めての子ども向けプログラミングスクールを開設した業界の草分け的存在。教室に所属する講師は現役のプログラマーなど第一線で活躍するメンバーが中心で、子ども向けのプログラミング言語にとどまらず一般的なプログラミングまでを視野に入れたカリキュラム運営が特色。現在関東を中心に10の教室を展開している。

http://www.tento-net.com/

 

----

本件に関するお問い合わせは

株式会社TENTO

メール:info@tento-net.com

電話:070-1041-8485(担当:石川)

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社TENTO
代表者名 竹林 暁
業種 教育

コラム

    株式会社TENTOの
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域